夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:横丁

0906_DSC08520_1
川崎駅の隣駅なのにマイナーな八丁畷駅。その駅前になわて横丁がある。不思議と低い味気ない看板、スナック街と飲屋が続く。通り途中で道が細くなり、雰囲気も少し変わる。

      0906_DSC08551_1

      0906_DSC08544_1

   0906_DSC08516_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区池田1丁目15−10近辺)

      0823_DSC08448_1
JR川崎駅の北東方向線路脇に古い路地裏飲屋街、どぶろく横丁」とも呼ばれていたらしいが、今もよばれているかはわからない。でもお店は何件か健在で、不思議な雰囲気の良さがある。

      0823_DSC08442_1
3本の内路地があり、その中の一つはほとんど、裏口通用門的な裏路地ながらカッコいい。

   0830_DSC08450_1

      0823_DSC08449_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14−3近辺)

      0819_DSC01352_01
北千住駅近くにあるのみ横。飲食店が長く立ち並ぶ通りにさらに横丁がある。看板門がありその先は行き止まり。いい感じの飲屋が続く。

      0819_DSC01350_01

      0819_DSC01357_01
(住所:東京都足立区千住2丁目62近辺)

   0816_DSC08019_1
新宿の青山とよばれているらしい新宿三丁目エリア。疑問も残るが、人は大勢いるしいい界隈だ。一番面白いのはどん底があるこの横丁。通路に店舗の机が出ていていい感じの界隈空間だ。

   0816_DSC08012_1
(住所:東京都新宿区新宿3丁目10−2近辺)

   0716_DSC04363_1
歩いている人が「ここなくなるのよね、私も写真撮ろう」との会話が聞こえる。やはり再開発でなくなる、来年あたりか。飲み屋だけじゃなくて、かつては用品店などもあった呑んべい横丁。2本ある路地にそれぞれ表裏口があり、4つの入口がある。これがなかなかいい。まずは裏口の2つ。屋根の収まりは雑だが、門構えのように両サイドの店舗がいい。

     0716_DSC04360_1
路地通路上の半透明トタンアーケードとはねだした2階との関係が良くわかる。

   0716_DSC04357_1
今はメイン口のように「呑んべ横丁」の看板がある。


0718_DSC04401_1
線路道路に面する側、おそらく昔はこちらが表口だったのだろう。表側面は継ぎ接ぎな感じだが、下がり壁を潜った先が面白い。

      0718_DSC04398_1

      0718_DSC04407_1
壁を潜ると、その先にはこのような世界が広がっている。(住所:東京都葛飾区立石7-1-14近辺)

   0505_DSC00772_1
線路側には提灯がつるしてある、渋谷のんべい横丁。提灯の光も広がり長屋を照らしいい表情をしている。

      0505_DSC00764_1

   0505_DSC00761_1

      0422_DSC00790_1
雨の効果は抜群、路地面がたいへん美しくみえる。水たまりの向うにもう一つの世界があるようだ。白い看板も濡れた効果で、提灯がうつり込み、こちらは透けている感じ見えるから面白い。(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25−10近辺)

0304_DSC06682_1
昨年だったか、一部火事で焼けてしまった菓子屋横丁。工事中のところもあるがくの字のこちら側は大丈夫。観光地の川越、閉まるのは早い、夕暮れが過ぎるとこんな感じ、それはそれで自然な感じでいいが。

0304_DSC06674_1


0304_DSC06685_1
(住所:埼玉県川越市元町2丁目11-6近辺)

   1224_DSC03913_1
新しいカットを見つけた、渋谷のんべい横丁。少し高い目線で看板と路地を対比したカット。のんべい横丁が少し違ってみえる、少し高級な通りになった感じだ。

DSC03919_01
のんべい横丁の裏側の並び。その手前にある渋谷川暗渠の駐輪場、向こう側にはビル群が建つ。この3層の並び、世界がまったく違う感じがいい。(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25−10近辺)

      1104_DSC01050_1
自由が丘駅の近くにあるよりみち横丁。看板と路地がカワイイ感じだ。この横丁もまるで路地裏みたいな、サービス通路みたいだ。。少し入った曲り路地の敷石、ビルの裏側感がなんかいい感じ。

      1104_DSC01066_1

      1103_DSC01046_1
さらに路地裏で通りぬけできるところがある。しかも駅のガードの脇。街の裏側のような通りに物語がうまれそうな感じにも見える。(住所: 東京都目黒区自由が丘1丁目31近辺)

0701_DSC08832_1
門前仲町にある飲屋横丁「辰巳新道」、真ん中でY字に分かれる。横丁じたがY字通りで面白い。左側の細道のほうがディープなお店が続く。

   0701_DSC08860_1


      0702_DSC08788_1
路地の雰囲気、看板の感じもいい感じだ。丁度真ん中で微妙に曲がる。

   
   0702_DSC08878_1


   0704_DSC08807_1
奥に不思議な店がある。入りたいような入りたくないような・・・・骨董品で飾られている。ネットで調べるともっと飾ってあったみたいだ。

   0704_DSC08817_1


0704_DSC08784_1
(住所:東京都江東区門前仲町2丁目9−4)

0412_01

0412_02
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」、上野駅の南東方向にある。周辺は新しいビルが立ち並ぶが、街並みは雰囲気を残す。

   0412_03

      0412_04
その裏路地がとてもいい。裏路地に面する店構え、2、3階のバルコニーの雰囲気。入口からしてとても惹かれるところ。(住所:東京都台東区東上野2丁目15−7近辺)

   0412_05

   0412_06
とても日本じゃないみたい、映画とかテレビのロケ地でよく出てくるところ。

   0412_07

      0412_08 
十字路になっている路地、ここもとても面白いところだ。

   0412_09
(住所:東京都台東区東上野2丁目15−5近辺)

      0107_01
吉祥寺にあるハモニカ横丁は様々な通りがある。

     0107_02
01、仲見世通り
東側から一番目の通り「仲見世通り」は屋根は木製、通りはクの字に曲がる。ハモニカ横丁のイメージとちょっと違うが、ここが駅出口からは一番近い。

      0107_03

      0107_04

     0107_05
02、中央通り
ここは新しいフレームと屋根が架かっている。意外と天井が高く、路地ながら解放感がある。この通りには2階席やテラス席の店がある。上から眺めてみたい。

     0108_01
03、朝日通り
ここは入口付近には屋根があるが、途中から屋根がなくなり各店舗の後付テントで通路風景が構成されている。各通りを真ん中でつらぬく横道との交差点の上部風景もいい。

      0109_01

   0109_02

   0109_03
04、のれん小路
ここは本当に隙間にできたような小路。人とすれ違うにのギリギリ。さらにお店が出ていたり、屋根がかぶさり、豊かな空間体験ができる。

      0109_04
05、祥和会通り
この通りものれん通りに負けないくらいに狭い通りだ。よく見ると床に2本の黄色い線、ここよりでないように。でも出ているところが面白い。(住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目1−1近辺)

1231_DSC02567_1
所沢に新しくできた盃横丁。周囲は旧商店街だったが、その後の開発で高層マンションが立ち並び、その対比が逆に面白くなってくる。矢沢永吉のミュージックビデオの舞台にも使われていたりとなかなか面白いところなり。

      1231_DSC02557_1

      1231_DSC02554_1

      1231_DSC02544_1

1231_DSC02449_1

(住所:埼玉県所沢市御幸町2−4近辺)

      0901_DSC03524_1
夜散歩でよく通る「のんべい横丁」。もう撮りきったと思っていたが、カメラを上にあげて撮ってみたらこれがなんだかとてもいい。特に真ん中にある交差点、通路から撮ってみると美しい。メーター類がすく近く、その上になるのは防犯カメラだ。でもこ交差点の良さはここからの視点に入っている。なんだかテレビのセットのようにも見えてくる。


      0902_DSC03510_1


      0902_DSC03529_1
線路側には、提灯が通路の出入り口ゲートになっている。これがなんだかとってもいい、特に渋谷駅からだと反対側の出口からの風景がいい。古い建物長屋とあいまって、不思議な風景をつくっている。

   0526_DSC09682_1
もちろん、中通り通路の町並みもいい。

   0519_DSC07913_1
反対側、渋谷川暗渠側からのトタン建物姿もいい。(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25−10近辺)

      0928_DSC00199_1
池袋にある狭いL字型の路地「栄町通り」。デザイン的にどうかと思う門も、路地とお店看板とセットで切り取ると、なぜかいい感じの通りになる。(住所:東京都豊島区東池袋1丁目13-1近辺)

   0623_DSC00079_1
神楽坂の路地を入ったところにある居酒屋「伊瀬藤」。ここに入ったのはもう10年以上前、知り合いに連れて行ってもらった。しかしここは大きな声厳禁、何度も注意されてたことを憶えている。声がデカイので、多分これからもいけないな。緑越しの店構えと石畳は美しい。みるだけにしよう。(住所:東京都新宿区神楽坂4丁目2近辺)

      0621_DSC00082_1
神楽坂のかくれんぼ横丁、石畳に黒塀などが並ぶ路地。暮れて夜になりかけた時間帯に、2人・3人連れの人が歩く。これがまた、別に隠れていないが、いい感じに秘めた路地にみえるから面白い。


      0621_DSC00092_1



      0621_DSC00084_1



      0621_DSC00094_1
(住所:東京都新宿区神楽坂3−1近辺)

0418_01

北千住駅西口から南方向に長い飲屋街がある。



0418_02

地元の人は「飲み横」とよんでいる。

これが確かに長く200m前後続く。

看板がずっと繋がってみえる風景はなかなか絶景だ。


0418_03

その横道にも面白い通りが繋がる。

横道も看板が重なり飲み屋風景を作り出す。



0418_04

でも一番面白いのその通り東側の裏側だったりする。



0418_05

東側の建物はほぼ繋がってている。

一件分抜けているところもあるが、防火建築帯みたいだ。


0418_06

色が違いが、少し奥まった所で繋がっていて、その下は通路でぬけられる。


0418_07

通路はそれぞれ抜けられるようになっている。

面白いところだ。

(住所:東京都足立区千住1丁目33−8 近辺)




   DSC00256_1
浅草のひさご通りと国際通りの間にある路地「焼肉横丁」。両サイドに焼肉屋の看板がならぶ。看板の大きさが特徴的、在日コリアン集住地が感じられる。食道園と明仁の看板は特にデカい。


      DSC00247_1

      DSC00258_1
(住所:東京都台東区浅草2丁目14−12近辺)

↑このページのトップヘ