夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:東池袋

      0424_DSC08813_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。古い民家と光格子の門がなくなった、新大塚駅近くの抜け道の階段路地。少し濡れたバラバラな石畳がいい表情をだしている。階段があり、高さが違い、周囲の圧迫感も変わる。

      0424_DSC08806_1

      0424_DSC08805_1

      0424_DSC08803_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目52−15近辺)

0324_DSC08661_1
一般道から水窪川暗渠道に入る。少し下った入口、その先の細道が曲がる。先に行くと民家の玄関格子の灯りが細道に面する。

0324_DSC08664_1

0324_DSC08675_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目30−2近辺)

0315_DSC08710_1

   0315_DSC08705_1
東池袋5丁目エリアの水窪川暗渠の蛇行道。古い家屋が残るエリア。蛇行して町並みの雰囲気も変わる。先は商店街と交差する。

0315_DSC08702_1

   0315_DSC08713_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目27−2近辺)

   0314_DSC08694_1

  0314_DSC09198_1
東池袋5丁目周辺には小さな公園が多い。おそらくは木造密集地における防災公園的な必要だと思われるが、名前だけじゃなく不思議な公園になっている。水窪川暗渠脇にある富士山広場。ネットフェンスが富士山、蛇行する水路は富士川ぽい。近くの古家からの再利用のような扉枠、ベンチとなかなか面白い。

      0314_DSC08688_1

0314_DSC08693_1

      0314_DSC08696_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目30−5近辺)

      0228_DSC09188_1
東池袋4丁目、水窪川暗渠の街並み。蛇行道だけじゃなくて色んな要素がある。多角形増築建物、曲がり角の建物、櫓のある防災公園、高層ビルが借景になる。

0228_DSC08618_1

0228_DSC08615_1

0228_DSC08606_1
(住所:東京都豊島区東池袋4丁目32−2近辺)

      DSC08646_1
水窪川暗渠の曲がり道、わずかな段差にある轍のような階段。数段しかないが幾つかの時代が入って面白いことに。轍のようなひずみがカタチになったような。

DSC08640_1

DSC08639_1
(住所:東京都豊島区東池袋4丁目34−12近辺)

0705_DSC01925_1
首都高速5号池袋線の東池袋出口のためのジャンクション。東京都心のジャンクションは道路上にうまく後から入れ込んでいる。そのなかでどこか距離が近い感じのスケール、交差点と曲がりの関係、流れていく感じがいい。

0705_DSC01934_1

0705_DSC01929_1
(住所:東京都豊島区東池袋4丁目25−9近辺)

0227_DSC02464_1
東池袋にある豊島郵政宿舎の建物、夕焼け時のいい時間帯からそう見えたのか。実にカッコいい。低層の3層は事務所のようなデザインで交差点街角がアールになっている。上層階がセットバックしていて緑地があり、宿舎部分のデザインがホツ窓、スリットと抑えめながら立体が美しくみえるモダンだ。(住所:東京都豊島区東池袋3丁目18−1)

     1210_DSC02469_1
周囲は再開発地の東池袋4丁目。北側にあった造幣局もごっそりなくなってどうなるやらなところ。そんななか異彩放って立つ古いビル、1,2階はリノベカフェでカッコイ。角の樹木がいい感じの抵抗のY字路。(住所:東京都豊島区東池袋4丁目29−6近辺)

      0909_DSC09538_1
新大塚駅近くにあるここ、やはり美しい。何度か撮っているがいい。下がった目線で路地を、格子からもれる光の四角が石に落ちる。

     0909_DSC09531_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目52−15近辺)

      0928_DSC00199_1
池袋にある狭いL字型の路地「栄町通り」。デザイン的にどうかと思う門も、路地とお店看板とセットで切り取ると、なぜかいい感じの通りになる。(住所:東京都豊島区東池袋1丁目13-1近辺)

0122_DSC01036_1
首都高速5号池袋線の東池袋出口のためのジャンクション。幾つもに別れて出入り口に行くところ。その橋脚を受けるガタガタの柱梁が凄い。こんなんで支えているのかと疑問にもなる。今まであまり興味のない道だったが、上を見上げて楽しみをえる。(住所:東京都豊島区東池袋4丁目25−9近辺)

      1212_01
かつて水窪川があった暗渠道。道幅の狭さやスケール感がとてもいい。その暗渠道と様々な景観を。水窪川の暗渠とその脇にある富士山広場。そこに水の流れみたいな水路がある。夜なので水は流れていないが、形で水の流れがみえる。横の暗渠道の流れと比べると面白い。(住所:東京都豊島区東池袋5丁目30−5近辺)

      0913_DSC04310_1
ここ新大塚駅の近くの路地、後ろは春日通りが通り、前方は階段を降りて水窪川の暗渠があるところ。幾つかの路地が通っており、それがまた狭い、しかも石畳、そこに古い民家の格子、しかも光りの漏れ方がとても美しい。これほど揃うことも珍しい、まさかココでという感じだ。

      1209_02
この狭い路地もとてもいい。まずは入り口の階段から。知らないとなかなか入れない。

      1209_04
入ると路地は石畳でいい感じの狭い空間が続く。

      1209_05
さらに行くとまた階段がある、この階段もいい。格子の建物はその先にある。(住所:東京都豊島区東池袋5丁目52−15近辺)

      0918_DSC00263_1
夜の水窪川暗渠を歩く。本当はその台地というか高低差があるところを行くつもりだった。しかしオモシロイところがありすぎて目的を忘れ、池袋から神田川まで行ってしまった。そのうちの一つ真ん中にある電柱。多分、右の建物が建つ時に下がったので、取り残されたのだろう。なんだかとっても見慣れない風景になっている。この不可解さがたまらない。

      0711_DSC01310
別の日(2015年7月10日)の同じとろこの反対側からの写真。頭上の紫陽花がとても美しい。青紫の色に照明のオレンジ、赤いコーンの対比が美しい世界を作り出す。(住所:東京都豊島区東池袋5丁目24−14近辺)

↑このページのトップヘ