夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:東日暮里

0405_DSC09908_1
荒川区には立派な銭湯が比較的残っている。住宅街にある帝国湯は立派で大きい。前面の道路も狭く、横から見ると大きな空間がわかる。高窓デザインもよく、灯りの漏れ方も街の灯りでいい。シャッター奥の脇に洗濯スペースがあり、豊かな空間構成だ。

     0405_DSC09906_1

0405_DSC09911_1

      0405_DSC09910_1
(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目22−3近辺)

0311_DSC09861_1
東日暮里3丁目の町並み道路、直交する道路には商店が混じる。夜は飲み屋から漏れる光で町をつくる。住宅から漏れる光でも町並みができる。

0311_DSC09893_1

0311_DSC09884_1
(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目17−8近辺)

0304_DSC09862_1
東日暮里3丁目の34~37の4街区で、1つは途中から公園だが4つの路地がある。そしてそれぞれの出口に3、4段の階段がある。なぜこのエリアだけ地面のが上がっている。高さの上りも街区もなぜできたのか謎なところ。

0304_DSC09868_1

0304_DSC09871_1

0304_DSC09873_1

4階段地形_1
(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目34~36近辺)

0220_DSC09811_1

0220_DSC09820_1
東日暮里の住宅と店舗が混じる七五三通りに面する脇路地。入口角に八百屋があり、奥には路地上にバルコニーがあって、公と私が入り混じった感じがいい。抜けた先の建物シャッターが空くと町空間が重層化する。電柱がある路地から見る七五三通りもいい。

0220_DSC09818_1

      0220_DSC09833_1
(住所:東京都荒川区東日暮里6丁目23−5近辺)

0212_DSC09802_1
調べると休業中とでてくる玉の湯。手前のランドリーの灯りはついている。ランドリーの片流れ屋根と銭湯前のピンクの斜め壁もあり、空間がこちらに広がってくるようだ。

      0212_DSC09803_1
(住所:東京都荒川区東日暮里6丁目40−20近辺)

   1213_DSC03905_1
昼はラーメン屋だけどあんみつがセット、夜は飲屋という二葉屋。看板建築の看板部分、扉の模様デザインが美しい。何よりも内部からの漏れる光が美しい。(住所:東京都荒川区東日暮里5丁目23-9近辺)

1001_DSC08300_1
日暮里駅を南下したところにある芋坂跨線橋。この跨線橋の柱脚が美しい細さのY字型だ。細い分6重の柱脚となっている、この線の重なり具合もいい。(住所:東京都荒川区東日暮里5丁目54−1近辺)


↑このページのトップヘ