夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:杉並区

0916_DSC04552_1
杉並区の知る区ロード上に造られた、人の五感がテーマの「みみのオアシス」。背後に竹林を背負っていて、鉄板の壁で囲まれて聞くためのオブジェが点在する。背後の竹林からの光で輝いて美しい。

0916_DSC04546_1

   0916_DSC04556_1
設計:六角鬼丈計画工房(住所:東京都杉並区宮前2丁目15-4近辺)

DSC08553_1
駅へのショートカットの伏見通りにある鳥居。綺麗に結界をつくるが、ほとんど八百屋のためのような感じで面白い。社は小さく道にあり、写真の人看板に隠れている。駅へのショートカットの道でもあって通りとしてオモシロイ。

DSC08557_1

DSC08560_1
(住所: 東京都杉並区西荻北3丁目1−5近辺)

0210_DSC08137_1
沖縄タウンの和泉名店街と暗渠道の交差点。暗渠道のほうに少しくだる和泉名店街。めんそ~れ大都市場の壁と暗渠風景もいい。

0210_DSC08139_1

0210_DSC08093_1

  0210_DSC08142_1

      0210_DSC08145_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目3−16近辺)

   DSC08061_1
暗渠道にのこる小さな階段。わずかだけど末広がりの曲面階段。かつての笹塚支流の曲がり角のようで、不思議な成り立ちかもしれない。わづかでもこの動きがいい。

DSC08065_1
(住所:東京都杉並区方南1丁目2 -12近辺)

      DSC08070_1
水道道路が細くなるところの南側、笹塚支流の暗渠。細い直線の暗渠道にマンフォールが連発するところ。家との距離も近く光も少なく、いつもピントと格闘していたところ。

      DSC08082_1

DSC08084_1
途中の分かれ道階段もいい。

      DSC08087_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目8−22 近辺)

   0127_DSC08155_1
沖縄タウンの和泉名店街、めんそ~れ大都市場の裏口。暗渠道脇から入るところ、世界を覗くような感じがとてもいい。トイレへの通路でもあるようだが、ポスター張り仕上げ壁の通路が実の色モノ的でいい。

      0127_DSC08108_1

0127_DSC08113_1

      0127_DSC08105_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目3−15近辺)

   0611_DSC03514_1
西荻窪駅から南に少しいったところにある、民家を改築した店舗「KURA松庵」。表側も美しいのだが、裏路地と建物の関係がとても美しい。細い路地に様々な民家エレメント、改築した壁の切り替わりも、看板デザインも素晴らしいセンス。表側よりもいいかも。

   0611_DSC03515_1

DSC03502_1
表側の建物はそのままうまく利用。その前の板塀はおそらく作りなおしている感じだが、とても美しい。夜灯りが透ける板塀だ。(住所:東京都杉並区松庵3丁目38近辺)

   0531_DSC01999_1
善福寺川沿い一本入ったところにあった建物。古いアパートみたいだけれどもカッコいい。窓がそろって庇と手摺が繋がっているのが美しいからか。右側面の目隠しのグリットがいい感じに美しいのか。いろんなところに美しくなる仕掛けがある。(住所:東京都杉並区善福寺1丁目近辺)

0525_DSC02004_1
井荻ヶ丘公園、斜面を生かした石庭がなかなかいい。そこをブルーの滑り台が斜めに走る。微妙な曲線がどこか生き物ようにもみえてくる。

   0525_DSC02006_1
(住所:杉並区西荻北4丁目-38-29近辺)

0511_DSC01952_1
武蔵野三大湧水池の一つ、善福寺池。上の池には貸しボートが浮かぶ。南側端にある東屋から池を見る。水辺と近く、緑も多く、かつ住宅もポツポツと絶妙な公園でもある。(住所:東京都杉並区善福寺3丁目18近辺)

0417_DSC07714_1
杉並の和田堀公園 済美山運動場からこんな遠景風景、新宿高層ビル群が見えるとはおもわなかった。 おそらく善福寺川の向かう方向、左右に比べて谷間で抜ける方向だからみたいだ。この風景はあまりこの地域を知らないのでとっても新鮮だった。

0417_DSC07716_1

0417_DSC07717_1

0417_済美山から_01
(住所:東京都杉並区堀ノ内1丁目17−12近辺)

      0222_DSC07763_1
梵寿綱設計「ラ・ポルタイズミ/和泉の木戸(1989年)」、夜はその門扉が美しい。暗い所と明るい所、照明の生かし方がうまい。奇抜な外観の差異は夜はそれほどないなかで。

      0222_DSC07770_1

      0222_DSC07769_1

0222_DSC07768_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目4−8近辺)

0312_DSC07689_1
和田堀公園の和田堀池は水がなかった。これがなんとも絵にならず面白くなかった。そしてやはり惹かれるのは釣り堀 武蔵野園の建物。大木をよけて近いところから、2枚写真の変形合成。この少し雑な赤い格子がなんともいい。ここ孤独のグルメでも出てくる食堂がある。(住所:東京都杉並区大宮2丁目22−3近辺)

   0311_DSC07684_1
大宮八幡宮の北側にある和田堀公園。そこの善福寺川の南側の台地に大宮遺跡跡がある。北向き台地に東屋があって、柱梁フレームの先が谷間になっていて、照明の色や樹木の色で、赤、緑、黄色に見えて美しい。反対側から、影の重なりやその先の開けた地面が黄色で清々しいさを感じる。

0311_DSC07688_1

0311_DSC07678_1

台地上から眺めた雨の日の善福寺川の蛇行。雨や光の反射で良く見えないのがかえって幻想的に見えた。工事中で川の上に梁と金属床を張っていた、まさか暗渠化かと思ったが、道なのか工事現場なのか、梁だけで水面が見えているのかわからず、かえって幻想的でカッコいい蛇行の曲りだった。

0311_DSC07677_1
(住所: 東京都杉並区大宮2丁目24−6近辺)

0210_DSC08149_1
阿佐谷南にある馬橋稲荷神社、ここの夜はいい。特に隋神門から参道を逆にみた景色がいい。桃園川跡に向って下がる南側に位置するため、参道から本殿が少し下がる。参道脇に水路が通り、夜はこの音を聞くのもいい。

0210_DSC08156_1


0210_DSC08155_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷南2丁目4−4)

0207_DSC07676_1
杉並の大宮八幡宮脇にある大宮の竹林。この一帯は大宮遺跡、神社鎮座以前から聖なる地とされていたとある。参道反対側からだと竹林が逆光で輝いて見える。こうしてみると竹のふし部分が一緒に光っているように見えて、かぐや姫伝説があるのでは?と夜に思う。(住所: 東京都杉並区大宮2丁目3−1 )

0206_DSC07669_1
杉並にある大宮八幡宮の表参道は、素晴らしい。威厳がある参道で幽玄さも漂う。神門先は入れないが参道は夜も歩けるし、冬のさなかなのに、神門前の休憩スペースのベンチに人がいた。調べると「源頼義により建立された。武蔵国の三大宮の一つで『多摩の大宮』とも呼ばれ、境内は約15,000坪と都内でも3番目の広さ」「一帯は大宮遺跡とされ、東京都内で初めて方形周溝墓が発掘された地。神社の鎮座以前からこの一帯が聖なる地とされてきたと推測」とあるそんなところ。

0206_DSC07666_1

0206_DSC07674_1

0310_DSC07662_1

0310_DSC07664_1
南参道のほうは、清涼殿前の圧倒的な提灯が美しい。

DSC07679_1
和田堀公園側の門も美しく見えた。(住所: 東京都杉並区大宮2丁目3−1 )

0129_DSC08123_1
桃園川の支流、天保・新堀用水跡の暗渠道。馬橋児童遊園になっているところ。暗渠道の割には幅が広く、その広い所に溜まった雪が歩くところだけ、雪かきなどで無くなったカタチがオモシロイ。川というよりも山道みたいなカタチだけれども。

      0129_DSC08142_1

      0129_DSC08120_1

0129_DSC08138_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷南1丁目13−32近辺)

DSC00510_1
阿佐ヶ谷北口駅前スターロードの店舗群にある提灯のある店「わこ」。一つの提灯が通りに潤いをあたえている感じだ。(住所東京都杉並区阿佐谷北2丁目3-3近辺)

↑このページのトップヘ