夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:本町

   0815_DSC03447_1
面白いところを見つけた、新二国立劇場の前庭池。階段で上へ上がれる。都心の壁に囲まれた縦空間。下の池の黒い存在がとても静的な雰囲気をつくる。(住所: 東京都渋谷区本町1丁目1−1近辺)

0803_DSC03054_1
神田川笹塚支流、和泉川暗渠道はいい。赤い弾力舗装路面、置かれた円盤型プランターと椅子型の街灯柱脚コンクリがとてもシュール。そして2つの交差点、色んな要素満載で美しい。

0803_

0803_DSC03060_1

0803_DSC03050_1
(住所:東京都渋谷区本町4丁目29−5近辺)

      1219_DSC04976_1
青梅駅近くにある、名前の由来は判らない雪守横丁(別名の守谷横丁は、青梅村の本陣であった守谷家が由来)。昔はもっと長かったようだが、青梅街道と脇道をつなぎ、二股に分かれる横丁通り。6年ぶりでいろいろ変わっているが周辺建物や路地風景はとてもいい。

1219_DSC04955_1

      1219_DSC04990_1

      1219_DSC04961_1

      1219_DSC04996_1
(住所:東京都青梅市本町152近辺)

1114_DSC02085_1
東久留米駅近く線路脇の看板建築の四連。よく見ると二連通しの真ん中で切れているが、屋上のツノが同じデザイン。左の二軒は外壁が足されている奥に角がみえる。ちょっとしたデザインだが連続を表す。右側のラーメン屋の角デザインもいい。

1114_DSC02081_1
(住所:東京都東久留米市本町1丁目1−28近辺)

   1001_DSC07554_1
中層マンションの手前に、2階建の低層店舗があるシャトー小金井。低層店舗は角アールのアーチ型がそのまま壁柱になって、一階は通路になっている。横の低層店舗は1階部分だけ。店舗との構成がうまい。

1001_DSC07549_1

1001_DSC07563_1

1001_DSC07588_1

1001_DSC07566_1

1001_DSC07544_1
(住所:東京都小金井市本町6丁目5−3近辺)

0816_DSC06292_1
国分寺再開発の奥、古い街のエリアにある喫茶でんえん。丁度休みの時だったが、佇まいが凄いと思ってよく見ると、蔵造りの建物の改築だった。屋根が置き屋根だ。

0816_DSC06286_1
(住所:東京都国分寺市本町2丁目8−7近辺)

0810_DSC06283_1
国分寺駅北側の再開発地域を越えた商店街のところ。店舗脇に掲示板、ゴミ置き場建物が一体となった三角地帯のY字路。Y字建物の細かい要素が街に、Y字路の両側通りに賑やかさをあたえる。(住所:東京都国分寺市本町2丁目3−9近辺)

      0405_DSC01846_1
全体の8割と言われるソメイヨシノは散ってしまったが、まだまだいろんな桜がところどころ咲いている。しだれ桜は形状で樹種名はいろいろだが落合川の川べり道に咲くしだれ桜、個人モノのようだが、光のあたり具合にもよって蒔絵のように飛んでいる感じの写真になった。(住所:東京都東久留米市本町1丁目18近辺)

      0405_DSC01828_1

0405_DSC01853_1
夜の落合川のほどよい大きさの雰囲気はいい。水の流れ、川べりの緑と。

0331_DSC01259_1
青梅街道の狭山丘陵には、古いお寺も多数ある。この長圓寺の山門前には、斜めの松の上部が丸く浮かんでいるように見える。照明も間にあって絶妙な間接照明で、なかなかの雰囲気になっている。(住所:東京都武蔵村山市本町3丁目40−1近辺)

      0113_DSC06848_1
国分寺駅前の再開発エリア越えたさきにある手打ちそばうどんの「甚五郎 」。以前、スリバチフィールドワークのあと何人かで来たところ。看板建築で看板だらけ、乱雑ながら整理されているところがオモシロイ。(住所:東京都国分寺市本町3丁目12−2近辺)

     0814_DSC02607_1
横須賀ドブ板通りの一本奥の通りにある金龍 大黒湯。大の字がとれているが、シンメトリーな曲面壁のタイル、2階はガラスブロックとなかなか現代的なデザインだ。3階の手摺はよく見ると一部が土管のようだ。なかなかいい立ち姿をしている。ネットで調べていると、金曜ナイトドラマ「セカンド・ラブ」亀梨くんが演じる平慶のアパートは、この建物のようだ。(住所:神奈川県横須賀市本町2−21エリア)

0203_DSC02985_1

東京工芸大学中野キャンパスの2号館(設計:坂倉建築研究所)を道路からみる。
上が植栽テラスになっている天井が斜めに上がっていて、反射する天井材に写り込むでいる。
すると柱などが斜めに写り込むで不思議な雰囲気を作っている。
全体に白く柱もあまり目立たず、浮いているような感じにも見えていい。
(住所:東京都中野区本町2丁目9−5)


   0715_DSC05096_1
この坂は古い、床も補修跡だらけの路面。この坂が行き止まりで数件のための坂だからか。だいたい斜面は土むき出しだし、都心では珍しい坂。そしてそこから見える街の風景もよい、1番低いところに神田川が流れている。(住所:東京都渋谷区本町3丁目24−14近辺)

0528_DSC05452_1
暗渠は夜の散歩に最適だ。ここ笹塚支流(和泉川)暗渠は、橋の欄干が、それぞれの違う形で残っている。また不思議な段差がいい感じだ。上写真は、本町桜橋。(住所:東京都渋谷区本町5丁目27−8近辺)

0528_DSC05452_2
こちらの写真は村木橋。(住所:東京都渋谷区本町4丁目28−5近く)

0521_DSC05472_1
調べると「二軒家町会会館」とある、この建物は分かれ道建つ。建物の細長さや、細くなる赤い階段のせいでもあるが、面白い。特に時計があるのも面白い、こんなところに時計はいらないが、つけたくなる気持ちもわかる。既製品の玄関扉が駄目だが、赤い庇もいい感じ、全体的になんかカワイイ。(住所:東京都渋谷区本町3丁目9−4)

↑このページのトップヘ