夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:本殿

DSC06591_01
医療崩壊でお勧めできない、仕事打ち合わせ後の夜散歩。調布駅少し北の旧甲州街道から、天神通り商店街を通って布多天神社。商店街の灯り、鳥居という境界、光る手水舎、本殿手間の風鈴棚。妖しい音に惹かれて。

DSC06598_1

DSC06586_1

      DSC06593_1

DSC06601_1
(住所:東京都調布市調布ケ丘1丁目8−1近辺)

     0416_DSC01394_1

     0416_DSC01396_1
環七から入ったところながら、いきなり開けた境内の駒留八幡神社。奥の本殿は塚の上に建つ。拝殿の後ろの本殿は経筒を埋めて塚を築いたという伝説もあり塚。大きな樹木の存在もいい。境内も不思議な間のある広い空間。

0416_DSC01393_1

0416_DSC01399_1

0416_DSC01398_1
(住所:東京都世田谷区上馬5丁目35−3近辺)  

DSC02901_1
鳥居と本殿関係の高さ関係が不思議な町田天満宮。というのは横断歩道橋の階段がアプローチとなっているからだ。ありそうで少ないパターン。階段上がった先にある本殿は多いが、階段下がった先にある世界は広く見える。

DSC02900_1

DSC02903_1
(住所:東京都町田市原町田1丁目21−5近辺)

0721_DSC05480_01
日本の神社境内は夜入れるところは多いが、積極的にイベントをやるところは、少ない。観光地だけど夜は人がいなくなる川越で、川越氷川神社は「縁むすび風鈴」として風鈴だけじゃなく、花火などや他もライトアップして全体として夜楽しめるようにしている。夕暮れ時、木々の後ろに赤い夕陽、手前の境内、正面の神楽殿が美しい。

0722_DSC05527_1
その他本殿やその周りに様々なライトアップがあり、これがなかなかいい感じだ。氷川会館との間の回廊なんて、結婚写真の撮影中だったが、照明計画や水面壁などいいデザインだ。

   0722_DSC05521_1

0722_DSC05536_1

0722_DSC05487_1
(住所:埼玉県川越市宮下町2丁目11−3)

1219_1
渋谷区東に点在してある國學院大学、その3号館がある街区のエントランスが広場といい感じの庭になっている。
 

1219_2
そこに社が見えたので入ってみると拝殿と本殿がある。独立した拝殿形式は珍しく、光が美しく入っている。柱の陰にひかれてみたものの、少し感がると柱の裏の灯籠があるので、こういった影が床にでるのか。その灯籠の配置がいいのかどうかはわからないが。帰ってからHPをみると神殿という表記になっていた。(住所:東京都渋谷区東4丁目10−28)

↑このページのトップヘ