夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:曲がり

1013_DSC04062_1
旧東海道の自然な高低差、自然な道の曲がりがいい。直線や勾配を決めた道路と違って、自然なカタチが残っている。建物、路面素材、街灯は新しくなってゆくが、どこかで残る地形と曲がり。

1013_DSC04053_1
(住所:東京都品川区北品川2丁目2−7近辺)

0924_DSC04813_1
水元公園、河川を堰き止めて作った用水池「溜井」のひとつである小合溜(こあいだめ)。湾曲した一番北側、大場川と並走するところは、人がいない。途中、森の一本道でランニングの人に「道に迷ったここから出るには?」と聞かれる。そんな、灯りが少ない対岸側見えるところが一番良かった。

0924_DSC04811_1

0924_DSC04810_1

0924_DSC04796_1
(住所:東京都葛飾区水元公園7-9近辺)

     1218_DSC05084_1
のこぎり屋根のさくらファクトリーの下にあるスロープ階段。スロープなのか階段かわからなくなるところもあるが、いい曲りのスロープ階段だ。路面の継ぎ接ぎもカワイイ。

     1218_DSC05078_1

      1218_DSC05079_1

1218_DSC05089_1
(住所:東京都青梅市千ヶ瀬町5丁目579−7近辺)

0902_DSC07462_1
聖蹟桜ヶ丘駅から桜ヶ丘にあがる急坂の「いろは坂」。近くの連光寺坂、百草園坂、お化け坂と並び多摩市の4大激坂と自転車のヒルクライムのメッカ。さらに階段が絡み、樹木の隙間から低地の街並みがみえる。

0902_DSC07464_1

0902_DSC07461_1
(住所:東京都多摩市桜ヶ丘1-53-28近辺)

↑このページのトップヘ