夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:暗渠

DSC02090_1
善福寺川の松ノ木支流の暗渠道。ここは暗渠道が曲がって道路と並走、交差点を渡るカタチがのこっている。その他にも細い暗渠道らしいさまざまな場面がある。

DSC02086_1

DSC02089_1

DSC02095_1

DSC02100_1

      DSC02104_1
(住所:東京都杉並区松ノ木2丁目19−19近辺)

     0525‗DSC08942_1
神田川支流の天神川(谷戸川)暗渠へ降りる曲がる階段。土斜面に鉄骨梯子階段だったところ、今は新しくなった。上部はコンクリ階段だけど今でも下部は鉄骨階段。曲がってゆく構造がいい階段。

      0525‗DSC08948_1

      0525‗DSC08944_1

      0525‗DSC08945_1
(住所:東京都中野区東中野1丁目46−3近辺)

0523_DSC03410_1
残堀川と空堀川の間を流れる久保の川、水路の橋跡。水路が道路とX状に交差する。気をつけないと落ちるけど何もついていないのもいい。(住所:東京都武蔵村山市三ツ木5丁目16−7近辺)

0523_DSC03411_1
少し離れた水路の蓋暗渠も交差点に向かう姿がいい。(住所:東京都武蔵村山市三ツ木5丁目25−2近辺)

0521_DSC07790_1
田無用水から分岐する田柄用水の水路跡道。田無町から保谷町とつづく蓋暗渠が道路に埋没、富士町では一部L字状に蓋暗渠がのこるところがある。厚い蓋で隅切りかつ斜めで不思議な切り口が面白い。

0521_DSC07786_1

0521_DSC07785_1
(住所:東京都西東京市富士町1丁目14−5近辺)

0519_DSC06527_1
暗渠とのY字路、厳密にいうと並列状態から別れてゆくところ。真ん中に公園、左の道路と歩道の流れ、右の水路暗渠の流れていく姿がいい景色。(住所:東京都府中市白糸台6丁目53−53近辺)

0517_DSC03685_1
二宮神社お池からの水路、途中でデッキ階段で水辺に降りれる。公園のようでもあり、角度を変えるとステージのように使える。

0517_DSC03684_1

0517_DSC03682_1
(住所:東京都あきる野市二宮1267−1近辺)

      0517_DSC03689_1
もう少し上流の蛇行してここで暗渠にかわるところ。暗渠蓋の上の植栽、白い花が美しい。景色に沿って生けたようなくらい。

      0517_DSC03688_1

      0517_DSC03692_1

0517_DSC03693_1

      DSC03694_01
(住所:東京都あきる野市二宮1267−1近辺)

0418_DSC03369_1
空堀川のひとつの水源、野山北公園の谷戸への暗渠区間。狭山丘陵にはいってゆき、開渠からY字路で蓋暗渠る。意外と幅が広い蓋暗渠、曲がりながら風景が変わってゆく。

0418_DSC03346_1

0418_DSC03347_1

0418_DSC03349_1

0418_DSC03350_1
(住所:東京都武蔵村山市本町5丁目1−5近辺)

0415_DSC00705_1
中仙川遊歩道の暗渠道Y字路。その先の甲州街道からのは入り口、両側が白いガードパイプが特徴的。

0415_DSC00699_1

0415_DSC00702_1

0415_DSC00703_1
(住所:東京都三鷹市中原1丁目8−19近辺)

DSC02624_1
揚辻稲荷神社からの川と岩戸用水の暗渠。暗渠との分かれ道、真ん中の丸い木が面白い。珍しい自前の階段と飛び石の合いのこみたいなのも面白い。

DSC02620_1

DSC02623_1

DSC02634_1

DSC02625_1
(住所:東京都狛江市岩戸南1丁目14−1近辺)

DSC03353_1
空堀川のひとつの水源、野山北公園の谷戸への蓋暗渠。村山温泉かたくりの湯西側の斜路との絡み、ガードレールの陰が美しい。地形と暗渠が作り出す陰。

      DSC03355_1

      DSC03354_1
(住所:東京都武蔵村山市本町5丁目29−1近辺)

0301_DSC01138_1
瑞穂町内の主な残堀川の4支流(狭山谷川・夕日台川・峰田川・滝田川)の中のおそらく夕日台川。残堀川旧河道ポケットパークになっている、旧河道から支流にわかれたところ。水路の両側に階段で真ん中に渡る飛石。普通に通る道に水路がある感じが面白い。

0301_DSC01137_1

0301_DSC01139_1
(住所:東京都西多摩郡瑞穂町石畑1865近辺)

      0211_DSC09367_1
石川酒造を抜けた先の熊川分水。階段と水路のY字路になっている。洗い場になっていたところか、手前方向からは暗渠。玉石の擁壁が城のようでもあり美しい。

0211_DSC09372_1
(住所:東京都福生市熊川24近辺)

0126_DSC00708_1
入間川暗渠道と並列する道の分かれ角。間に緑道から繋がる建物。道は分かれるが間の植栽と建物は膨らみながら繋がっている感じが面白い。

0126_DSC00709_1
(住所:東京都三鷹市中原1丁目8−6近辺)

0126_DSC00713_1
反対側の植栽幅と同じ小さなトタン倉庫。高さはだんだん低くなりブロック塀と同じになる。逆パースで見え方が奥行が変わる。

0126_DSC00710_1
(住所:東京都三鷹市中原1丁目15−25近辺)

0125_DSC01107_1
狭山丘陵の谷津からの湧水、残堀川の支流になる峰田川(おそらく)。住宅の間をすり抜けて道路と並列しながらの分かれ道姿がいい。もう少し上流は蛇行道との暗渠もある。

0125_DSC01109_1

0125_DSC01110_1
(住所:東京都西多摩郡瑞穂町石畑1602−5近辺)

      0107_DSC07772_1
田無用水から分岐する田柄用水の水路跡道。この先の下流は道路にかわる最後の蓋暗渠。緑のパーゴラがあったり、自転車が置いていたりと、だんだん私的に生活感がでてくるエリア。

0107_DSC07767_1

0107_DSC07769_1
(住所:東京都西東京市富士町6丁目2−7近辺)

0103_DSC07744_1
田無用水から分岐する田柄用水の水路跡道。本町小学校、保谷中学校に接する蛇行蓋暗渠。緩やかな蛇行だけじゃなく曲がりもいい。片側が学校なので夜は静かで歩くのにいい。東側の街路に出たところも曲がりの痕跡が残る。

0103_DSC07752_1

0103_DSC07747_1

0103_DSC07757_1

0103_DSC07765_1
(住所:東京都西東京市保谷町1丁目18−9近辺)


DSC07713_1
別区間の蓋暗渠道もいい感じ。

DSC07721_1

      DSC07730_1
(住所:東京都西東京市保谷町6丁目8−16近辺)



1231_DSC07673_1
田無用水から分岐する田柄用水の水路跡道。保谷町5,6の2つの三角街区を貫く蓋暗渠道。出入口の暗渠Y字路がそれぞれ面白く、途中の真中は榎ノ木通りを十字交差する。

1231_DSC07674_1

1231_DSC07677_1

      1231_DSC07696_1
(住所:東京都西東京市保谷町5丁目1−6近辺)

DSC07616_1

DSC07615_1
田無用水から分岐する田柄用水の水路跡道。田無町、北原町、保谷町と蓋暗渠が続く。北原町1丁目と保谷町5丁目に跨る街区、蓋暗渠のいい曲がりがある。音がなる蓋暗渠、地元の人は普通に自転車で通っていた。

DSC07614_1

      DSC07611_1

DSC07619_1

DSC07606_1
(住所:東京都西東京市北原町1丁目30−9近辺)

      DSC07387_1
吞川南雪谷4丁目支流のいい感じ暗渠細道。2街区にのこる一つ。北西方向からの入り口、階段からはいってだんだん緑に囲まれる暗渠道。

DSC07403_1

      DSC07394_1

      DSC07382_1

      DSC07373_1
(住所:東京都大田区南雪谷4丁目17−13近辺)

1222_DSC07654_1
西浦北向地蔵尊がある六差路、田柄用水の蓋暗渠が絡む。西浦北向地蔵尊と町内会の倉庫が綺麗にならび、左の直線の蓋暗渠流れと右の曲面白点線の流れが対になって面白いY字の流れを生んでいる。暗渠が絡む交差点としても面白い。

1222_DSC07635_1

1222_DSC07629_1

1222_DSC07640_1
(住所:東京都西東京市保谷町5丁目12−2近辺)

1222_DSC07625_1

1222_DSC07626_1

      1222_DSC07628_1
5丁目12の街区反対側の入り口、暗いがここもなかなか面白い。(住所:東京都西東京市保谷町5丁目12−23近辺)


↑このページのトップヘ