夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:暗渠

0526_DSC01257_1
石神井川の支流のエンガ堀、大谷口支流の地形は面白い。二つのスロープと手前の暗渠階段でジグザグになっている。微高低差の東京23区では珍しい風景。

0526_DSC01252_1

     0526_DSC01258_1
(住所:東京都板橋区大谷口2丁目36−2近辺)

      0406_DSC09971_1
石神井川桜台支流の暗渠道、道路に斜めの線、補修跡か。単純ならが美しいパースペクティブな模様。三つの立入り禁止のポールコーンもカワイイ。(住所:東京都練馬区桜台6丁目1-9近辺)

  0404_DSC09924_1
石神井川の豊島弁財天支流の暗渠脇で、地形的段差に擁壁が残る。暗渠や段差のある風景は面白い。擁壁上におそらく増築小屋か、連なっていて集落を形成している。

   0404_DSC09921_1

   0404_DSC09927_1

   DSC09913_1
(住所:東京都練馬区練馬2丁目近辺)

      0402_DSC09876_1
豊島弁財天が無くなってしまった、石神井川の豊島弁財天支流。弁財天裏の暗渠への脇道がステキだ。2重の排水溝の細道、手前に謎の黄色いマーク。先の支流暗渠は両側を擁壁に囲まれた道。

      0402_DSC09881_1

0402_DSC09879_1

      0402_DSC09900_1
(住所:東京都練馬区練馬2丁目2-7近辺)

   0401_DSC08778_1
蛇崩川五本木支流はそれぞれ要素が違う空間がある。ここは綺麗な緑道になっているが、蛇行してしかも高低差がある坂道だ。水の流れる川なのであまり高低差はないので珍しい。隣接する家並みも見え方もいいし、植栽と路地の動きもいい。

   0401_DSC08773_1

   0401_DSC08776_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目25-3近辺)

   DSC08814_1
蛇崩川五本木支流、この辺りは細い暗渠道でおまけにクランクしている。さすがに夜ここを歩いて写真を撮るのは緊張するが、それはそれで小さな冒険でいろいろ見えてくる。

DSC08806_1

DSC08816_1

DSC08804_1
(住所:東京都目黒区五本木1丁目13 -7近辺)

0317_DSC08970_1
妙正寺川上高田支流の暗渠道。松源寺のお墓の擁壁がカッコいい、さらに曲り暗渠道と民家の姿がいい。曲がる道の景色はポイントで面白くなる。

0317_DSC08969_1
(住所:東京都中野区上高田1丁目27-24近辺)

0313_DSC08762_1
蛇崩川から五本木支流の暗渠道を上流に行く。暗渠道と道路の交差点風景はいい。狭い路地と広がりの空間体験がいいのかもしれない。。五本木支流の交差点入口はそれぞれ特徴がある。

0313_DSC08790_1

      0313_DSC08802_1

0313_DSC08823_1

      0313_DSC08824_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目 25-4近辺から)

0311_DSC09352_1
白子川の上流、水路がなくなり新川暗渠になるところ。なぜかグレーチングの排水溝が通る。構造的にしっかりしたグレーチング、カクカクしたのデザインになる。交差点部分もかたい感じだ。

0311_DSC09353_1

      0311_DSC09355_1

0311_DSC09356_1
(住所:東京都練馬区東大泉7丁目24-21近辺)

0307_DSC09034_1
知っている人だとすぐわかるプロポーションの中野サンプラザ。路地先にその斜めが見える天神川(谷戸川)暗渠道。大谷石の古い塀との対比が美しい景観に。

      0307_DSC09038_1
(住所:東京都中野区中野5丁目27−6近辺)

0224_DSC08792_01
ここ面白い、蛇崩川五本木支流の暗渠道、段差に階段スロープで分割。通りは車が通れないのでスロープの流れで自転車用、階段の流れで歩行者用と白線で三分割になる。

0224_DSC08788_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目18−22近辺)

  0223_DSC08767_1
正確にはY字路部分、Y字の道路に暗渠が交差して五差路になっている。それでも暗渠が絡むY字路は魅力的になる。ここ蛇崩川五本木支流のY字路は、高低差があり、暗渠の流れの曲面が敷地のカタチになっている。
0223_DSC08770_1

0223_DSC08769_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目23−9近辺)

0210_DSC08137_1
沖縄タウンの和泉名店街と暗渠道の交差点。暗渠道のほうに少しくだる和泉名店街。めんそ~れ大都市場の壁と暗渠風景もいい。

0210_DSC08139_1

0210_DSC08093_1

  0210_DSC08142_1

      0210_DSC08145_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目3−16近辺)

DSC04653_1
台地の脇に流れていた松の川、1992年にはすべて埋められ、約2.1kmの松の川緑道に。台地の湧水をとりこみながら、緑のトンネルあり、いい感じの階段ありと歩いて楽しい風景がある。

DSC04662_1

DSC04671_1

      DSC04700_1
(住所:神奈川県横浜市港北区下田町1丁目3−1近辺)

      DSC08070_1
水道道路が細くなるところの南側、笹塚支流の暗渠。細い直線の暗渠道にマンフォールが連発するところ。家との距離も近く光も少なく、いつもピントと格闘していたところ。

      DSC08082_1

DSC08084_1
途中の分かれ道階段もいい。

      DSC08087_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目8−22 近辺)

  0127_DSC08043_1
笹塚支流(和泉川)の暗渠脇の建物。このあたりの暗渠道もいいが、この建物の立ち姿、灯りのあたり具合による板張り壁の表情がなんともいい。(住所: 東京都渋谷区笹塚3丁目28−1近辺)

1122_DSC00868_1
徳石公園近くの前谷津川暗渠、立体交差で道路の下を潜る。そのトンネルの東側、西側をみる。トンネル照明の位置の違い、その先の街灯の具合で全然違ってみえる。風景はそんなに変わらないのに、トンネルをくぐると世界もかわるようだ。

1122_DSC00870_1
(住所:東京都板橋区徳丸5丁目1-3近辺)

      1004_DSC09912_1
丁度夕焼け空の雲が美しい時間帯だった。白子川に於玉ヶ池支流(本田さんの仮称)の暗渠緑道。階段あり、緑道の路面が美しく光っていた。重い雲の夕焼け空に暗い暗渠緑道はなかなかな取り合わせだった。

      1004_DSC09907_1

      1004_DSC09915_1
(住所:東京都練馬区旭町3丁目8−25近辺)

1002_DSC08214_1
神領堀東堀の支流「宮城堀」の暗渠、小さな民家の姿だけでも興味深いが、暗渠道の両サイド、植栽(だけじゃなくいろいろ)と自転車の置き具合もこの暗渠を生き生きとさせて、いい通りになっている。

1002_DSC08211_1

1002_DSC08212_1

1002_DSC08213_1
(住所:東京都足立区江北1丁目29−18近辺)

↑このページのトップヘ