夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:日枝神社

DSC01930_1
上・中・下清戸村の鎮守の日枝神社に明治時代に水天宮が勧請され、日枝神社・水天宮と一般では知られるところ。その配置がオモシロイ、さらに御嶽神社が並び鳥居、参道がそれぞれある。前面にある灯籠、参道側の裏側から見える世界は美しい。

DSC01928_1

      DSC01934_1

DSC01931_1

DSC01919_1

DSC01916_1
(住所:東京都清瀬市中清戸2丁目616近辺)

      0220_DSC08742_1
赤坂の日枝神社、境内奥にある猿田彦神社の北側、裏参道階段。表に比べて少し不気味な感じなところ。旗に導かれ、樹木から見える街の姿もいい。

      0220_DSC08743_1
(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−7近辺)

      0219_DSC08738_1
赤坂の日枝神社、境内奥にある猿田彦神社への千本鳥居の階段。夜は不思議な感じになる、登っても下っても異界への続く感じだ。階段には踊り場があるので、千本鳥居の並びも踊り場部分で不均質になる。その不均質さがさらに不思議な雰囲気を作り出す。

      0219_DSC08731_1

      0219_DSC08733_1
(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−7近辺)

      0212_DSC08747_1
山王切通坂の風景がこんな綺麗だったとは知らなかった。坂の向うに見えるプルデンシャルタワーの立ち姿が美しく、それよりも右に横たわる、都立日比谷高校の影になった立体姿の流れが美しい。(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−6近辺)

      1102_DSC06892_01
赤坂の山にあるような日枝神社、奥にある庚申さま(猿田彦大神)の鳥居参道階段。昼間でも不思議な雰囲気になる鳥居群、夜はさらに不思議な度合いが増す。光は樹木と鳥居で斑模様だ。見ていたら夜でも昇ってくる人たちが、まさに異界への入り口になる。(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−7近辺)

1016_DSC06887_1
山というか岬状な地形に位置する日枝神社。夜でも通勤路
みたいに不思議と通ってゆく人がいる。神門は閉まっているが、格子越しにみえる社殿が美しい。光が違う、神門はオレンジ色の光りで、格子のさきは白色だ、これだけで別世界を表現できている。


1016_DSC06889_1
(住所:東京都千代田区永田町2
丁目10−5)

0818_DSC07369_1
駒込駅に近くにある台地にあるスロープ&階段。上に建つ日枝神社がらみか、駒込山王会館があるが、これがほとんど擁壁と一体化していてオモシロイ。

      0818_DSC07370_1
始めはスロープでその先が階段になっている。スロープ&階段もオモシロイ。

   0818_DSC07377_1
上から見る風景も緑のせいもあるが、山の手の内側とは思えない、街並だったりする。(住所:東京都豊島区1丁目30 −12近辺)

↑このページのトップヘ