夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:新川

0311_DSC09352_1
白子川の上流、水路がなくなり新川暗渠になるところ。なぜかグレーチングの排水溝が通る。構造的にしっかりしたグレーチング、カクカクしたのデザインになる。交差点部分もかたい感じだ。

0311_DSC09353_1

      0311_DSC09355_1

0311_DSC09356_1
(住所:東京都練馬区東大泉7丁目24-21近辺)

     DSC06855_1
昭和40年代に都市化の波をうけて埋め立てられた丸池。平成12年に新川丸池公園に復活。丸池の里として人工ながらいい感じの雰囲気を保っている。夜散歩で暗い中での光、近い水面、水面の杭、木々で囲まれている。構成は神池・神島と場のチカラか、緩やかな空気が流れていた。

     DSC06852_1

DSC06847_1
(住所:東京都三鷹市新川5丁目1−10近辺)

0526_DSC02180_1
中川と旧江戸川を結ぶ人工河川の新川、なかなか美しい。新川西水門橋の橋桁はグリット構造で内側に別手摺があるから橋の床面から独立した感じだ。その下から見える新川の景色はいい。木調手摺や灯りが美しく、曲面も相まって屋形船みたいにも見える。穏やかな水面とセットで風情ある景観になっている。

0526_DSC02181_1
(住所:東京都江戸川区船堀2丁目1近辺)

      0523_DSC02175_1
新川西水門跡に復元された新川西火の見櫓。明暦の大火の翌年、万治元(1658)年に幕府直轄の定火消(じょうびけし)の火の見櫓を模したもの、とあります。どこまでの復元化はわかりませんが、内部の木製木造もいい感じのようです。この辺りは低地なので、眺めもよさそうですし、塔としての見え方の存在感もあり。
0523_DSC02157_1
色んな所から見え方が変わる。右にあるのは新川西水門跡。不思議な立ち姿。

0523_DSC02159_1

   0523_DSC02176_1

      0523_DSC02183_1
(住所:東京都江戸川区船堀2丁目1近辺)

↑このページのトップヘ