夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:新宿区

  0923_DSC07684_1
荒木町窪地に降りる5つの階段、そのひとつ仲坂の階段。階段下手間の住宅がなくなり景色が変わった。擁壁とお庭への階段との複合景色がいい。階段途中の玄関アプローチも面白い階段。

      0923_DSC07685_1

   0923_DSC07689_1

      0923_DSC07694_1
(住所:東京都新宿区荒木町13近辺)

0918_DSC09445_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。賑やかな大久保駅のガード下と入口。都心の駅の良さは、綺麗で計画された駅というよりも、えっ、ここが駅という出会いがいい。

0918_DSC09453_1
(住所:東京都新宿区百人町2丁目27-1近辺)

      0816_DSC07782_1
医療崩壊でお勧めできないので見るだけ夜散歩。
暗渠細道からの脇道にある、アパートへの飛び石路地。一本から二本にわかれ、三本目に分かれて、二本に戻る。渓流の川の流れのような飛石路地。

      0816_DSC07778_1

      0816_DSC07773_1

      0816_DSC07784_1
(住所:東京都新宿区四谷坂町1−27近辺)

      0815_DSC07759_1
紅葉川の四谷本塩町・四谷坂町支流の暗渠細道。曲がり角と住宅アプローチ階段。暗渠細道からみると手摺なしでオブジェのよう。塀と階段と暗渠細道と3段階の領域が豊かな空間。

      0815_DSC07766_1

      0815_DSC07771_1

      0815_DSC07780_1
(住所:東京都新宿区四谷坂町1−1近辺)

  0812_DSC07753_1
紅葉川の四谷本塩町・四谷坂町支流、暗渠細道の擁壁曲がり角。四谷にもまだこんなところがと思うほど。建物間のぬけた坂道を下り、やがて擁壁に囲まれる感じがいい。路面が新しくなっているところもあるが、擁壁模様が凄い。

      0812_DSC07736_1

      0812_DSC07742_1

      0812_DSC07750_1
(住所:東京都新宿区四谷坂町1−4近辺)

0409_DSC07826_01
本塩町・交差点の階段、階段と別れる道の奥の影が美しい。階段横の道が曲がり、光がみえない。右の格子、電柱補強カバー、樹木と路面とコンクリ壁に刺繍(タトゥー)のようだ。

      0409_DSC07830_1

0409_DSC07819_1
(住所:東京都新宿区四谷本塩町9−6近辺)

      0704_DSC02037_1
周囲は大型再開発でどんどん変わる西新宿5丁目。地形と古い街区が残るここにいい感じの路地が残っている。塀と家の間で狭く、いい雰囲気な抜け道。

      0704_DSC02045_1

      0704_DSC02047_1

      0704_DSC02041_1
(住所:東京都新宿区西新宿5丁目12−14近辺)

   0419_DSC09407_1
新宿区立蜀江坂公園の遊具、面白い。最近こういったパーツの遊具は多いのだけれども、空中通路にスロープ滑り台、タコ足のように広がる滑り台と。なかなかいいオブジェにも見える。

0419_DSC09412_1
(住所:東京都新宿区北新宿2丁目3−25近辺)

     0412_DSC00061_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。荒木町の蛇行道階段の曲がり角、部分石畳が、角度で隙間もあって、面白い図形になりつつある。ツギハギながらいい表情。(住所:東京都新宿区荒木町10−30近辺)

0411_DSC09926_1
人込みを避け切れなかった2週間前の夜散歩。バックナンバーが必要で紀伊国屋へ。新宿駅南の甲州街道下の新ガード。天井の光具合がいい。特に右側梁が斜めに下がり、店舗との隙間の光が美しい。暗いガード下から天井が輝くガード下に。(住所:東京都新宿区新宿4丁目1−11近辺)

   0410_DSC00047_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。荒木町の策の池脇の石畳階段。緩い勾配と階段ながら石畳の表情がいい。左側の建物壁の色々な要素もいい。

      0410_DSC00051_1

      0410_DSC00040_1
(住所:東京都新宿区荒木町10−30付近)

   0409_DSC00026_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。サクラ満開を逃してしまった、荒木町窪地の策(むち)の池。散り際の花、美しかったのは、花びらが落ちた池の方だった。よく見ていると池の中に世界が入ってしまったようにも見える。(住所:東京都新宿区荒木町10−9付近)

0407_DSC09965_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。
新宿通りの津ノ守坂入口交差点から下る円通寺坂。その一番下のように魅力的な大きな曲がりがある。アニメ「君の名は」で有名なY字路の少し下のところ。ちょうど駐車場があり3枚変形合成できれいに流れる。(住所:東京都新宿区須賀町4-60近辺)

   0405_DSC09972_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。ツィッターで見かけ行きたくなった階段。行き止まりの3軒への階段。もう一軒は二軒の隙間の先にある階段。右側は右の家の敷地内と思われる。途中で広がる階段と奥の2階段、まるで集落と路地みたいだ。

      0405_DSC09974_1

   0405_DSC09975_1
(住所:東京都新宿区若葉2丁目近辺)

0401_DSC09937_1
太宗寺の本堂(1962年:清水哲夫・清水建築設計事務所)のHPシェル(双曲放物面シェル)構造の屋根。塀越しにみる草原のような卒塔婆の線が美しい。建物の面もコチラ側が一番シンプルでいい。(住所:東京都新宿区新宿2丁目9−2近辺)

DSC09809_1
神宮外苑の北側にある無名橋。中央線・総武線の横の高速道路も立体交差のジャンクションになっている。いろんなレベルが流れるようで美しい。実はフェンスネットの菱形隙間から。(住所:東京都新宿区霞ヶ丘町12近辺)

0322_DSC09816_01
中央線、総武線の上の無名橋から。濡れたレールの伸びた先、左にNTT東日本 本社のビル、右にパークハイアット東京、門構えのよう。さらに右にNTTタワービル、ここから見える風景もなかなかいい。    0322_DSC09819_1
(住所:東京都新宿区霞ヶ丘町12近辺)

0922‗DSC03157_1
新宿駅西口広場、車道の立体交差で穴が開いていて地下から地上へ繋がる。車道スロープで分断され地下からは二つの穴になる。穴から見える地上のビル群、そして地下への広がる空間は、4枚変形写真でいい感じ入る。歩道スペース広場の関係も見えてくる。

DSC03157_01
(住所:東京都新宿区西新宿1丁目近辺)

DSC02431_1
道路との角度が斜めになる大久保駅、ガードサイドに幾つかのY字路がある。このたこ焼き屋の立ち姿、コーナー看板がいい。左のガード壁がてかっていて、右側道と違う世界を作り出す。(住所:東京都新宿区百人町1丁目-21-15近辺)

0809_DSC02421_1
中央線の大久保駅の改札を抜けるとガード下に。道路が鋭角に交差するのでカドが鋭角でいい感じだ。右に抜ける駅と高架のコンクリ壁の流れていく感じもいい。(住所:東京都新宿区百人町1丁目19−5近辺)

↑このページのトップヘ