夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:斜面都市

1103_DSC07770_1
西台の台地上から環八通りで分断された若木の地形を見る。大通りのしかも高さある分断で景色の見え方が変わる面白い新風景。大通りで切り取られ斜面都市の借景となっている。真ん中遠くに頭だけ見えるのがかなり離れたところにある18階建ての常盤台ガーデンソサエティ。

1103_西台から若木_1
(住所:東京都板橋区西台1丁目14−13近辺)

DSC07122_1
大曾根の丘陵の複雑な地形の窪みを高い位置から覗く。丘陵の複雑なヘリ際がなんとなく感じられ、遠方の斜面都市と鉄塔が輝いて見える。

   大曾根から_1
(住所: 神奈川県横浜市港北区大曽根1丁目2−6近辺)

1018_DSC07045_1
師岡神社の北側に師岡貝塚の権現山がある、すぐ北に抜け道みたいなところから広大な地形と風景が見える。北斜面が暗く見え、谷間の先の南斜面が明るい。それなりの高低差なのに左右水平が広大な風景。その斜面下、崖地からの斜め風景もいい。

1018_DSC07059_01

   1018_師岡町から_1
(住所:神奈川県横浜市港北区樽町1丁目4−11近辺)

1013_DSC07114_01
大倉山駅から近く、台地を東急東横線が切り取り。大曾根の高いところから対面する窪地を見る。住宅の灯りと緑と地形が美しい斜面都市。

1013_スリバチ地形_1
(住所:神奈川県横浜市港北区大曽根1丁目2−2近辺)

0826_DSC06121_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。新吉田の丘陵から覗く、日吉本町・高田の丘陵と斜面都市。真ん中に早瀬川低地があり、なかなか広大な景色。右丘陵の先に武蔵小杉の高層ビル群の頭が見える。

0826_DSC06119_1

0826_DSC06123_1

0826_新吉田山_01
(住所:神奈川県横浜市港北区新吉田東1丁目54−8近辺)

0819_DSC06020_1

0819_DSC06017_1
医療崩壊でお勧めできない、見るだけの夜散歩。
下末吉台地の丘陵地、綱島台北側の窪んだ地形からの遠景。低地の先に日吉本町の丘陵、斜面都市がみえる。行き止まり住宅道路から見える斜面都市。近い三景ながらそれぞれ見え方がかわる。(住所:神奈川県横浜市港北区綱島台5−27近辺)

0819_DSC06023_1

0819_DSC06032_1
空地からは丘陵先に小杉高層ビル群がはいる。(住所:神奈川県横浜市港北区綱島台6−7近辺)

0819_DSC06041_1

0819_DSC06042_1
ひのきの森広場から、手間の斜面マンション向こうに、高層ビルの塊がみえる。(住所:神奈川県横浜市港北区綱島台18近辺)

1108_DSC06530_1
変わりゆく渋谷を見るには、少し離れた方がいい。駅近くの人が多すぎて見えないし、谷間から眺めるので上が見えずらい。駅の間ぐらいキャットストリートから見える姿は凄い、新たな地形、斜面都市が出来たように見える。そして宮下パークの渋谷横丁は新しい崖地谷になっている。

      1108_DSC06528_1

1108_DSC06516_1

      1108_DSC06506_1
(住所:東京都渋谷区神宮前5丁目29−9近辺)

1011_DSC03430_1
若木3丁目に大きな空地のような駐車場があり、そこから斜面都市が見える。また環八通りの旧蓮根川の谷間が木々の間から綺麗にみえる。いろいろな色の街灯りがいい。

1011_DSC03432_1
(住所:東京都板橋区若木3丁目7−12近辺)

0829_DSC03322_1
前野6公園から旧前野川の河谷上流をみる。上流方向なので谷間は徐々にあがっていく。見事な河谷の斜面に建物が埋まっている。斜面都市の灯りが美しい。

0829_DSC03328_1

0829_DSC03352_1

0829_旧前野川の河谷_1
(住所:東京都板橋区前野町6丁目61近辺)

0809_DSC03435_1
若木2丁目の地形は複雑で、幾つかに分かれた川跡のように支流的谷間が面白い。斜面に2、3階建て住宅がつまっていた斜面都市に。先に頭しか見えない団地からもその先の地形もみえてくる。

0809_DSC03440_1

0809_若木2丁目地形_01
(住所:東京都板橋区若木2丁目20近辺)

1225_DSC04744_1
道に迷って、駐車場先にいきなり広がる谷間地形。すごい斜面都市だった、蟹ヶ谷。絶壁の擁壁と緑の斜面、住宅とマンション群と詰まっていた。どこかエッシャーの絵のような絶壁擁壁から覗いた世界。

   1225_蟹ヶ谷01

   1226_DSC04751_01
 (住所:神奈川県川崎市高津区蟹ケ谷97−91近辺)

↑このページのトップヘ