夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:斜め階段

      0807_DSC02877_1
和光市白子の台地の高低差、約11mのところにある階段。ほぼ建物4層分で3連続階段。踊り場の奥行があって上からと下からの見え方が変わる。一番下は不思議な斜め階段。

      0807_DSC02875_1

      0807_DSC02876_1

      0807_DSC02873_1

0807_DSC02884_1

      0807_DSC02879_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目27−69近辺)

   DSC00273_1
建物間の抜け道、わずかに上がって下がる階段。一方は斜めで幅が広く、昔の痕跡がのこる。5段レベルだけど動きがあっていい。

      DSC00266_1

      DSC00268_1
(住所:東京都渋谷区松濤2丁目近辺)

0408_DSC06457_1

弦巻川暗渠の近くにある段差にあった階段。

くびれたような階段だ。


0408_DSC06476_1

ウエストがしまって、曲がっている。

擁壁の斜め壁もあって、さらに不思議な形態にみえてカッコイイ。


0408_DSC06459_1

上からみると平面的にも、断面方向的にもくびれていた。

どういった経緯でこうなったのか、珍しい形となっている。
(住所:東京都豊島区雑司が谷1丁目52−1近辺)

0123_01

中野坂上駅から神田川の西側段差をみていた。
この辺はあまり高低差がないと思っていたらトンでもない、
凄い絶壁・擁壁がある。


0123_02

しかもその上に建物も建っている。
さらにその前にある幅広のくの字階段がいい。


0123_03

そして曲がった階段のさきの道も少し勾配がありいい。


0123_04

下の階段は扇状に階段面が膨らんでいる。
擁壁とのセットでいい風景を作り出す。
(住所:東京都中野区中央1丁目17−3近辺)

↑このページのトップヘ