夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:文花

DSC05772_01
昔の何かの工場、手前に事務所だったような建物が二つ、左右にこの構成がいい。工場部分は今は駐車場になっているようで、なかなか凄い内部空間だった。

DSC05764_1

DSC05775_1

DSC05748_1

DSC05769_1
(住所:東京都墨田区文花3丁目近辺)

1225_DSC05790_1
文花団地の階段、夜の灯りの漏れが美しい。細かいところが見えず階段の斜め線の立体が綺麗にみえる。横の手摺パネルの光の漏れも、複数棟で連続しているところもいい。

      1225_DSC05791_1

1225_DSC05793_1
(住所:東京都墨田区文花1丁目26近辺)

      1224_DSC05776_1
街区に対して斜めの十間橋通り、そこで見つけた細い2階建て建物。さらに1階はせまくフレームで補強の路地、私的通路のようだがどうも抜けられるようだ、いい空間路地だ。

      1224_DSC05777_1

      1224_DSC05780_1

1224_DSC05779_1
(住所:東京都墨田区文花近辺)

  1216_DSC05740_1
文花にのこる長屋、角のトタニズムが小さい。小さいのだけど角でしっかりと建っていた。立ち姿がどこかいい。

1216_DSC05732_1

      1216_DSC05733_1
(住所:東京都墨田区文花3丁目近辺)

1206_DSC05782_1
文花の十間橋通りに面する赤いトタンの食道園。昼間よりもなお一層寂しい感じなんだけど、2面に赤いトタンが光と影で美しい。(住所:東京都墨田区文花3丁目6−1近辺)

DSC05788_1
どこからの光の影響かわからないまま、倉庫の壁面に螺旋階段の影。美しく壁面にうつる、影のタトゥーだ。あとからグーグルで確認すると一つおいた倉庫壁面の駐車場へのスポットライトのようだ。高くない位置から少し上を照らしているようだ。

DSC05787_1
(住所: 東京都墨田区文花2丁目14−9近辺)

DSC06448_1
不思議な文化スタイルな建物。トタン看板建築なのだけれども、Y字路に面して角に玄関があり、見えずらいが扉両側に様式柱スタイルだ。珍しい複合タイプだ。
DSC06445_1

DSC06444_1
(住所:東京都墨田区文花3丁目7−1近辺)

DSC06268_1
(後日、2019年11月の写真)バス停の背後看板にもなっていて面白い。街の灯りの違いで違って見える。

   0814_DSC06424_1
長屋をリノベーションした「長屋茶房天真庵」。スカイツリーが建つ前から、十間橋通りに面して存在していた。この通りもなかなか夜はいい感じの通りだた、この建物の表情も、普通サッシにステンドだったり、ネット植栽だったり、元の長屋をうまく生かして、豊かな表情をしている。

   0814_DSC06426_1

0814_DSC06417_1
(住所:東京都墨田区文花1丁目6−5近辺)

↑このページのトップヘ