夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:徳丸

0128_DSC06508_1
徳丸1丁目35の小さなスリバチ状の窪地に向かう2階段。それぞれ階段脇に住宅への通路がある階段。構成は一緒だが樹木の多さが違い雰囲気も違う。上からみる対岸・窪地も違って見える。

      0128_DSC06497_1

      0128_DSC06505_1

      0128_DSC06499_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目52−11近辺)

      DSC06490_1
徳丸1丁目35の小さなスリバチ状の窪地に向かう階段。長く緩やかな曲がり、横の公園の緑で、一番高いところよりも、中間の高さの景色のほうがいい。真ん中手摺が階段の特徴を表し、曲がっていき、ずっと続くようにみえる。

      DSC06489_1

      DSC06495_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目36-3近辺)

      0122_DSC06393_1
徳丸1丁目30の谷間窪地に降りる階段。緩やかなにくの字に曲がる。その先の谷間窪地はビルで埋まっているが、対岸にも階段がみえる。上がり口の両側にある、隅切り建物の建ち構えもいい。

0122_DSC06383_1

      0122_DSC06387_1

      0122_DSC06381_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目31−12近辺)

   0113_DSC06350_1
徳丸1丁目のスリバチ地形、劇場の観客席みたいな地形にある幅広階段。対岸の階段が2つ見える珍しいところ。高低差の結構あるこの幅広階段、そしてなかなか豪快な地形。

0113_DSC06345_1

     0113_DSC06369_1

0113_DSC06378_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目27-5近辺)

   1228_DSC06409_1
曲がり角で降りてゆく5段階段。その角にロータスアパートメント(設計:bbr)のブリッチ階段が絡む。あまり手を入れず独立して繋がるブリッチ階段。新旧の絡みが良い高低差、階段風景。(住所:東京都板橋区徳丸1丁目32-17近辺)

     1211_DSC06431_1
板橋区徳丸は地形的に面白く、古く面白い階段が残されている。隣の北野湯がなくなった複雑怪奇な階段。反対側のアパートもなくなり、独立した感じだ。通り道の階段、個人敷地への階段の間が。マンフォールと絡み複雑怪奇な階段、三層が並列する。

      1211_DSC06419_1

     1211_DSC06427_01

      1211_DSC06434_1

     1211_DSC06416_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目33−4近辺)

   1203_DSC06316_1
東武練馬駅に近い不動通り沿いに幾つも谷間があり、段差がある地域。行き止まりに見えて隙間の道から抜けられる。段階にわかれた階段の構成もいい。珍しい紫色の街灯りの重なりで色っぽく見える。

      1203_DSC06324_1

      1203_DSC06320_1

      1203_DSC06319_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目9−19近辺)

   1201_DSC06306_1
東武練馬駅から歩いてくると気がつかないくらい。「とくまるタウンブリッチ」は谷間をまたぐブリッチ橋だった。駐輪場階段からみるブリッチ下は立体都市だった。斜面住宅となかなかカッコいい都市構成だ。

   1201_DSC06311_1

徳丸駅前地形_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目8−1近辺)

1122_DSC00868_1
徳石公園近くの前谷津川暗渠、立体交差で道路の下を潜る。そのトンネルの東側、西側をみる。トンネル照明の位置の違い、その先の街灯の具合で全然違ってみえる。風景はそんなに変わらないのに、トンネルをくぐると世界もかわるようだ。

1122_DSC00870_1
(住所:東京都板橋区徳丸5丁目1-3近辺)

1110_DSC00878_1
板橋区の徳丸にある昆虫公園、その横の長い階段から前津川暗渠の谷間をみる。板橋のこのあたりの地形は面白い。緩やかに広がる谷間の姿と長い階段が良く似合う。

1110_DSC00879_1
(住所:東京都板橋区徳丸3丁目37 -7近辺)

0407_DSC09153_1
面白い地形の板橋区徳丸、片側はやや高低差の立体Y字路。左側の下りの先には不動通りの谷間がみえる。これほどの広さの住宅地の谷間風景は、東京ではめずらしい、いいY字路だ。

0407_DSC09154_1


  0407_DSC09155_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目38−12近辺)

   0404_DSC09189_1
板橋区徳丸は地形的に面白く、いい階段が残されている。この北野湯脇の階段、途中がマンフォールや、アパートに上がる階段とからみ複雑怪奇なことになってる。

      0404_DSC09183_1

     DSC09174_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目33−4近辺)

0403_DSC09220_1
ヨコが駐車場になり、斜面に立体がダンダンとあがっていく感じがオモシロイ北野湯。正面玄関もかなり古く傷んでいるが、ところどころデザインされていてカッコいい。

   0403_DSC09195_1

   0403_DSC09203_1

0403_DSC09201_1

0403_DSC09198_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目32−8)

0315_DSC00853_1
東武練馬駅から少し行ったところ。左のなだらかなスロープを下って、ここで道が曲がる。さらに7段くらいの単位の階段で曲がりながら落ちてゆく。道と階段もとてもいいが、真ん中の家の立ち姿もいい。さらに右にひろがる「不動通りの谷」にみえる家々も美しい。手前のマンフォールまでいい感じに見えてくる。ここの風景は素晴らしい。多要素なそれぞれいい感じにみえる、ここはなかなかお目にかけれない。(住所:東京都板橋区徳丸1丁目33−18近辺)

0108_DSC00818_01
東武練馬駅に近い「不動通りの谷」と呼んでいるエリアの地形は実に面白い。東京スリバチ学会の皆川会長が「不動通り横のスリバチ3連星」と呼んでいるところの2つ目の窪地、実にいい。地図でみても階段だらけ、スケールも小さく凹みが見える。

   0108_DSC00835_1
すこし荒木町の窪地風景に似るが大きさはさらに小さい。その大きさが実に心地よく世界観をつくっている。階段もなかなか凄いところが多い。(住所:東京都板橋区徳丸1丁目27−6 近辺)

   1230_01
東武練馬駅に近い不動通りの連続谷がある、そこの連続階段がとてもいい景色を持っている。

1230_02
まずはL字に曲がったところの階段、この先に直線連続階段がある。

1230_03
その直線に降りてくる階段に、踊り場に逆向きに階段がある。その逆向き階段の上にあるカラフルな小屋もまたとってもいい。

   1230_04
すると踊り場が小さなスリバチ状の地形になり、オモシロイ。(住所:東京都板橋区徳丸1丁目28−1近辺)


     1229_01
以前から気になっていた、皆川会長の本「東京スリバチ地形散歩2」にでてくる12練馬・板橋エリア。ここに出てくる東武練馬駅に近い「不動通りの谷」と呼んでいるエリア。P116にでてくる無理矢理な断面、なぜこう断面を切ったのか、行ってみると納得、とってもオモシロイ地形だ。

     1229_02
まずは駅近くの小さな谷にある、抜け道階段。始めでこういった地形階段に出会えると、探索は楽しくなる。

     1229_03
抜けられるかどうか判らないが幾つもの様々な階段が繋がっていて、いい街並を作っている。(住所:東京都板橋区徳丸1丁目9−19近辺)


↑このページのトップヘ