夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:建築のヨコガオ

1203_DSC05715_1
曳舟たから通りに面する看板建築のヨコガオ。2階建てでL字に囲まれた部分の倉庫ダンメンが美しい。その上にのるバルコニーも。空地からみえるヨコガオは面白い。(住所:東京都墨田区京島2丁目19近辺)

1024_DSC05202_1
月島3丁目の通りに面する、住宅街のなかのビルが立ち並ぶところ。隣角地が駐車場になり、長屋のような増築ビルのヨコガオが露出。2つの三層ビルが繋がり、屋上に増築。右側には2層ビルがつながる。幾つもエレメントで豊かな表情。

1024_DSC05208_1

1024_DSC05204_1

DSC05206_1
(住所:東京都中央区月島3丁目21−11近辺)

0922_DSC03814_1
神田神保町3丁目の狭い路地に面して三段階にセットバックしている建物。横の建物がなくなりヨコガオが見える。見えた屋根がなかなか素敵な山型三連続屋根に庇。トタン壁も端正で綺麗にみえてくる。

0922_DSC03815_1

  0922_DSC03810_1
(住所:東京都千代田区神田神保町3丁目近辺)

      DSC04449_1
ゆうろーど仲町商店街、アーケードおヨコガオから見る。横からのほうがアーケードの大きさや包まれる雰囲気がわかることがあるから面白い。

      DSC04455_1

      DSC04446_1
(住所:東京都葛飾区亀有3丁目32−4近辺)

0728_DSC02568_1
大きくは3種類の壁が存在する店舗長屋のヨコガオ。一番右はダンメン、かつてあった横の家を切った断面がみえる。トタンの構成が実に美しい。真ん中の赤い壁は仕上げで赤に塗っている。その左がその仕上げがない下地のセメント板がそのままみえる。かなり不思議な状態、とっても惹かれる。(住所:東京都江戸川区松島3丁目42−11近辺)

DSC00274_1
幹線道路入ったビル裏にある住宅街、それでも両側が空き地になった建物。都市型で隣地が狭く、開口部が上からや上の方にある。一階は使わなくなった雨戸が置かれている。凸凹ロボットのような表情をしている。(住所:東京都渋谷区松濤2丁目近辺)

      DSC09048_1
中野サンモールアーケードの脇道の中野北口五番街。中野サンモールに面する建築のウラガオとヨコガオ、集落ぽい形態に。五番街商店街の看板からの先の通りもいい。

      DSC09052_1
(住所:東京都中野区中野5丁目58−6近辺)

  DSC07271_01
天ぷら躍金楼の脇道からのヨコガオ、正面よりも凄い。茶室のような多窓。今は1階は厨房関連の勝手口、2階は木質ルーバーの塀から植栽が見える。グーグルアースで上から見ると昔は此方が玄関だったようにも見える。

DSC07265_1
(住所:東京都中央区新富1丁目10−4近辺)

      0806_DSC03024_1
駅から少し離れたところにある弥生町三丁目の川島商店街。いい感じの商店街通りだが通り遠方に都庁が見える。近くではそうでもないが、遠方からみえるこの色はちょっと異様だ。この通り、空き地から見える商店街のヨコガオも幾つかいい感じのものがあった。

     0806_DSC03026_1

0806_DSC03030_1
(住所:東京都中野区弥生町3丁目7―5近辺)

0525_DSC01648_1
小岩駅から放射線状にのびる幾つか商店街。ほぼ真ん中に近い昭和通りの商店街。駅から遠いほうの通り商店街看板門もいいが、途中のY字路、駐輪場になった空きからみえる商店のダンメンが面白い。
0525_DSC01654_1

0525_DSC01652_1

0525_DSC01642_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目29 -8近辺)

   0602_DSC03208_1
江古田市場通りにあった建物のヨコガオ。隣の建物がなくなり空地の間だけみえる建物のヨコガオ。これがとてもカッコいい。窓の配置、雨戸の戸袋、壁雨だれによる色、意図しない構成なのだが、とてもカッコいい。スチール手摺も技巧的だし、見えないところも手を抜かずしっかり作っている。

0602_DSC03204_1
(住所:東京都練馬区栄町29−6近辺)

0521_DSC03113_1
鶴川駅南側にある謎の建物「鶴川文化センター」。昔の田舎の公民館みたいな建物、文化センター的な役割をはたしていたかはわからないが、凄い佇まいだ。シンメトリー的な正面性が、継ぎ接ぎな増築で表情も構成もズレながら不思議な調和している建物だ。横からもカッコいい。

0521_DSC03109_1

0521_DSC03115_1
(住所:東京都町田市能ヶ谷1丁目15−11近辺)

1211_DSC02716_1
高田馬場駅近く、神田川と並行する道から見えたブロック塀の建物ヨコガオ。廃墟かと思いきや、正面に回ったら中庭タイプのしっかりした構成建物だった。少し鉄骨フレームがさびていたり、なくなっているが。それにしてもこのヨコガオ、なかなかいい表情をしている。

1211_DSC02720_1


   1211_DSC02722_1
(住所:東京都新宿区高田馬場2丁目近辺)

1130_DSC02746_1
高田馬場駅へ向かうところで見つけた建物。正面はしっかりした建築なんだけど、横側が仮設パイプのグリット、上部のペントハウスにもフレーム空間。フレームを伝って植栽が浸食しかけている。(住所:東京都新宿区高田馬場2丁目近辺)

1117_DSC02630_1
計画道路の空地越しに光る綺麗な開口部に目を奪われる。本来は見えない姿が見える建築のヨコガオ。目白台地の下のほうにある豊川浴泉のヨコガオ。まるで温泉宿か3階建ての町屋にもみえてくる。銭湯建築はヨコガオがおススメ。(住所:東京都文京区目白台1丁目13−1近辺)

1128_DSC00762_1
排気塔またぎ路地の建物ともう一つの建物、この3つの建物立ち姿がいい。もう一つはヨコガオのトタンの張り方も理解できない感じで興味が湧く。

   1128_DSC00760_1
(住所:東京都中央区京橋1丁目5−4近辺)

   1015_DSC00372_1
線路が十字路で立体交差する秋葉原なので、正面がどちらかもわからないので、とりあえずヨコガオとしたが、剥き出しになったこの面、カッコイイ。昔の秋葉の姿がここに露出。

1015_DSC00374_1
(住所: 東京都千代田区外神田1丁目15-9近辺)

↑このページのトップヘ