夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:広がる階段

      DSC08364_1
西府駅近く、新府中街道が南武線、府中崖線をくぐるトンネルの階段。以前は気づかなかった東側の反対側、白い壁と動きある階段が舞台セットのよう。橋から見る下に降りてくるとこはダンジョン感も漂う。西側階段の一番上の広がりもいい。

DSC08396_1

     DSC08353_1

DSC08392_1

DSC08374_1
(住所:東京都府中市本宿町1丁目28−5近辺)

1127_DSC08334_01

1127_DSC08337_1
南武線南側の階段入口も面白い。人口地盤の上に街があるようにも。(住所:東京都府中市本宿町1丁目35−3近辺)

      DSC01348_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。烏山川の若林支流暗渠に降りる階段。擁壁の斜めもあり上りながら広がる階段、電柱位置も不思議で、進入禁止ポールと対になる。

      DSC01354_1

DSC01350_1

      DSC01352_1
(住所:東京都世田谷区若林3丁目3−8近辺)

      0211_DSC09387_1
思わず出くわした西品川1丁目、西の台公園脇の階段。踊り場で3つに分かれる階段で、公園に沿って左に曲がってゆく。それぞれ斜め線が生きて動きがある階段。公園の斜め折れ曲がり塀、反対側の鉄骨階段もあって、様々な方向に動きが見られる。

      0211_DSC09386_1

      0211_DSC09380_1

      0211_DSC09381_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目5−8近辺)

      0911_DSC03359_1
前野町6丁目の高低差、法面で片側は三方法の立体的な擁壁。擁壁法面で下に行くほど階段が狭まるはずなのに、実際は平面的に広がっている。

      0911_DSC03355_1

      0911_DSC03354_1

      0911_DSC03357_1
(住所:東京都板橋区前野町6丁目62−11近辺)

   0405_DSC09972_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。ツィッターで見かけ行きたくなった階段。行き止まりの3軒への階段。もう一軒は二軒の隙間の先にある階段。右側は右の家の敷地内と思われる。途中で広がる階段と奥の2階段、まるで集落と路地みたいだ。

      0405_DSC09974_1

   0405_DSC09975_1
(住所:東京都新宿区若葉2丁目近辺)

↑このページのトップヘ