夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:崖

   0803_DSC00207_1
渋谷駅周辺は四方向に坂や崖がある、ここ桜丘町にも崖道、崖に沿って登るみちがある。ここか見える谷間の風景はなかなか良い。渋谷駅は後ろ側、反対方向ところ。

1031_DSC00882_1
(住所:東京都渋谷区桜丘町15−3近辺)

0520_DSC07879_1
渋谷から京王井の頭線で、台地トンネルをぬけると谷間にある神泉駅にでる。そこから振り返った台地崖の風景。左からトンネルに階段、そして張り出した建物。3要素となかなか豊かな風景だ。(住所:東京都渋谷区神泉町4−6 近辺)

0424_DSC05671_1
四谷荒木町、窪地の一番低いところ。右に「策(むち)の池」、左に旧花街の建物、真ん中に石畳の階段がある。色々な要素が詰まった、周辺を囲まれた窪地風景だ。(住所:東京都新宿区荒木町10−9付近)

   0425_DSC05669_1

   0428_DSC05656_1
荒木町の窪地に降りる階段もそれぞれ特徴的で面白い。ここは崖の横に段々階段がある。生活感も出ていて自転車が階段途中に止まっている。(住所:東京都新宿区荒木町11−24付近)

      0113_DSC03157_1
弥生町の台地段差の下に、ある屋台置き場基地。元締めの事務所が近くにあるのか、坂下や崖下がゴミ置き場になる原理と一緒か、ならんでいるところ。でもそれは昼間の話で、夜は出動しているのか、はたまたもうここには置いていないのわからないが、2度目も1台しか置いていなかった。ところがこの1台はペンキで塗りたくられ、ディテールが消えてなんだかとってもオブジェな感じ。崖と屋台の取り合わせとてもいい。(住所:東京都中野区弥生町1丁目1−5近辺)

0123_01

中野坂上駅から神田川の西側段差をみていた。
この辺はあまり高低差がないと思っていたらトンでもない、
凄い絶壁・擁壁がある。


0123_02

しかもその上に建物も建っている。
さらにその前にある幅広のくの字階段がいい。


0123_03

そして曲がった階段のさきの道も少し勾配がありいい。


0123_04

下の階段は扇状に階段面が膨らんでいる。
擁壁とのセットでいい風景を作り出す。
(住所:東京都中野区中央1丁目17−3近辺)

   1012_DSC00408
音羽崖の風景は凄い。水窪川暗渠を南下すると今宮神社越えたあたり、特にこの辺がカッコいい。擁壁だけじゃなくてその上の建物の形状、スカイラインがとってもカッコイイ。(住所:東京都文京区小日向2丁目21−6近辺)

   0919_DSC09393_1
千石の氷川坂近くにある崖コンクリ擁壁、横道を入った先にある。なかなか立派な崖で、少し曲がる階段あるため風景が楽しめる。

      0919_DSC09407_1
下からの眺める風景も擁壁が迫っていてなかなかである。(住所:東京都文京区千石2丁目14−4近辺)

0911_1
大塚1丁目には台地の高低差があり、崖状の擁壁がある。この擁壁が大谷石みたいな脆い石のためスチールで全体を補強している。

   0911_2
この手の補強は完璧とは言えないが、これが何とも言えず美しい。さらに階段を挟んで左にある擁壁とセットもいい。しかし片方は補強、片方は無しだと不安に見えてくる。

   0911_3
この擁壁も凄いが、そのまま上の方まで擁壁が続いている。(住所:東京都豊島区南大塚1丁目4−20近辺 )

   0824_DSC08140_1
普通の人はここを見ないだろう、神田明神の東側駐車場の先、ネットフェンスの切れる所。ここから覗くと、そこには高低差があり本郷台地を感じさせる。拝殿や隨神門に目を奪われているが、江戸時代の神田明神の名所は、こちらの台地の境から低地風景を眺める風景だった。

0824_DSC08133_01
高層ビルの展望台の高さに比べると微高なところだが、風景はなかなかなものだったりする。(住所:東京都千代田区外神田2−16−2)

0818_DSC07369_1
駒込駅に近くにある台地にあるスロープ&階段。上に建つ日枝神社がらみか、駒込山王会館があるが、これがほとんど擁壁と一体化していてオモシロイ。

      0818_DSC07370_1
始めはスロープでその先が階段になっている。スロープ&階段もオモシロイ。

   0818_DSC07377_1
上から見る風景も緑のせいもあるが、山の手の内側とは思えない、街並だったりする。(住所:東京都豊島区1丁目30 −12近辺)

   0702_DSC05141_1
近くの神田川の浸食によるものか、このエリアにはいい高低差の台地がある。そこに車の通れない細い直線坂道がある。

   0702_DSC05122_1
その上からの風景がなかなかよかったりする。擁壁も凄いが、坂道から続く道も面白い。(住所:東京都中野区弥生町1丁目3−12近辺)

   0424_1
入間町の谷間空間には、みごとな崖、擁壁がある。その擁壁に取り付く建物や階段は凄い。ここの擁壁風景はなかなかである。


   0424_2
段差のある擁壁風景。いっけん、自然な感じだが急勾配の階段がとっても不思議な風景だったりする。

   0424_4
入間町谷の擁壁が面白い。あまりも凄く擁壁かコンクリート住宅かわからないほどだ。

   0424_3
このあたりの擁壁風景は美しい。コケの生えたケンチ石の擁壁、その上の庭にある樹々。とても美しい。(住所:東京都調布市入間町3丁目1、6近辺)

   0110_DSC06489_1
日暮里から赤羽まで続く崖の途中にある、十条と王子駅の間に位置する岸町。崖なので行き止まりの路地や階段があり、そのぶん面白い道や風景になる。写真はL字階段路地で、向こう高架鉄道とその前に民家がみえるのもこのあたりの景観。

   0110_DSC06456_1
さらに上にあがると細い道をぬけて階段がある。かつては小学校への裏入口だったようだ。

   0110_DSC06470_1
上にあがったところから反対側を振り向いてみる。住宅群の屋根、高架の鉄道が見えなかなかの風景である。(住所:東京都北区岸町2丁目5-11近辺)

0724_DSC09442_1

渋谷の道玄坂近くに、人があまり通らない路地がある、一本さきは百軒店商店街で賑やかだが。

段差5mの崖上の道になっている。

写真では、崖下に建物が建ち見えないが、手摺の存在でわかる。
左建物向こうが道玄坂。

 

0724_DSC09442_2

隙間を覗くとこういった世界になる。

左の建物は、3階からの階段が避難路になっている不思議な通り、風景も不思議。
(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目16-1近辺)

↑このページのトップヘ