夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:小路

   0606_DSC01929_1
大井町の、途中にある建物が凄い。1階は通れるが2階はくっつきそうな距離。むしろその隙間が美しい、都市の隙間だ。

   0606_DSC01917_1

      0606_DSC01942_1

   0606_DSC01932_1
(住所:東京都品川区東大井5丁目6−10近辺)

      1128_DSC07920_1
高円寺駅北口前の入ったところに細い路地がある。この居酒屋カドヤが営業しているところを見たことがないが、対面の居酒屋提灯の灯りをひろって実に魅力的にみえる。小路はお互いの影響が近く興味深い。(住所:東京都杉並区高円寺北3丁目22-2近辺)

      0607_DSC04826_1
雨の深夜、ブラームスの小径。ここは明治神宮の神宮南池から渋谷川まで流れていた所の暗渠小路だ。雨でぬれた道に流れが見えるかなと思っていってみたら、多雨のため壁まで濡れて、緑がとても綺麗だった。暗渠、小路としても面白いこの通り、いがいと緑が多いことにあらためて気がついた。

      1017_DSC03920_1
(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目16−3近辺)

   DSC03989_1
浅草木馬館の裏にある西参道商店街、さらにその裏にあるのが初音小路飲食店街。ここは商店街の十字路地の上に藤棚がある。そのため昼間でもここはお酒を飲んでも大丈夫な感じがする。夜は夜で看板によるものか、異国な雰囲気が漂い始める。

   DSC00281_1

   0331_DSC03987_1

DSC00268_1
(住所:東京都台東区浅草2丁目7−21近辺)


   0524_DSC08216_1
浅草にも同じ名前の小路があるが、谷中にある谷中初音小路。木造アー ケードの屋根の継ぎ接ぎ補修がかえって美しく光る。細い路地なのにいがいと広がる空間がいい。

   0523_DSC08232_1

   0125_DSC08237_1
狭い入り口の上に看板が光り、青いろ照明が両サイドの暖色と対比して美しい。通りから見える通りの雰囲気もいい。

     0524_DSC08218_1

   0524_DSC08225_01

      0524_DSC08210_1

      0125_DSC08206_1
できらた地図をみて写真後ろのもっと細い曲がった路地から、アプローチするとココとの出会い感が1ランクアップす。(住所:東京都台東区谷中7丁目18-13近辺)

      1127_1
銀座ビルのあいだの路地は面白い。写真は金春小路の入り口(金春通りの反対側)。右側は階段と通路の建物、その幅とほぼ同じの建物が左にある。この風景も面白い。

      1127_2
その先にすすむと、ビルの中通りかなのか隙間なのかわからないくなる。写真右の方はビルの中の通路、ここで折れてビル間通りになる。なんだか上にいろいろ不思議なものが浮いている。

      1201_DSC04579_1
(住所:東京都中央区銀座8丁目7ー近辺)

   0914_DSC01612_1

路地は「くの字」に曲がって先が見えない所がいい。丁度曲がった所にある「豚の味珍(まいちん)」、なかなかいい店らしい。

      0914_03
細い路地に、縦長の看板が乱立する、いい風景だ。

   0914_DSC01628_1
入口門の電光掲示板が新しいが、横浜駅近くの古いいい路地である。(住所:神奈川県横浜市西区南幸1丁目2−2近辺)

   0810_DSC00445_1
大井町駅周辺の小路は面白い。少し離れた平和小路の奥の方に不思議な脇道が存在する。斜めの脇道の上にズレて建物がのっかっている。

   0810_DSC00458_1
1階路地もそもそも細道だが2階はくっつきそうな感じ。その隙間が都市的な魅力でもある。(住所:東京都品川区東大井5丁目6−10近辺)

  0604_1
JR神田駅から南下した所、白幡橋架道橋下にある「今川小路」。奥の方がだんだん新しくなって、蝕まれている感はあるが、行ってみて感動、これぞガード下って感じだ。入口の離れた今川小路の看板も入り、構図も完璧。

   DSC06606_1

  DSC06628_1

   DSC06600_1

0604_2
飲み屋店舗と上のガード鉄骨の対比が素晴らしい。工事中の所も気にならないくらいの雑居感がたまらない。

  0604_3
ガードに対して古く趣ある建物・看板、妙な配管群、光の加減といいとても良い。

   0604_4
建物の背は低く、2階はうまくまとまっている感じ。この低さがいいスケール感を生んでいる。ぜひ訪れてほしい場所だ。

DSC06645_1
(住所:東京都千代田区鍛冶町1丁目1−10近辺)

      0922_DSC03390_1
見番横丁と小栗通りを繋ぐ通り、熱海湯脇にあるので熱海階段。別称芸者小路。緩やか蛇行して両脇とお店と植栽の関係が美しい階段。階段風景じゃなくて石畳の小路としてもいい。

0922_DSC03385_1


      0922_DSC03418_1


      0922_DSC03414_1
(住所:東京都新宿区神楽坂3丁目10近辺)

0508_DSC00627_1
原宿の竹下通りに平行して通っている小路。ブラームスの銅像があるかそういった名前になったのか?
わからないが、ここはもともと明治神宮の清正井戸から南池、JRの線路をくぐって竹下通りを通りそこからずれて、この小路に流れた川があったところ。「ここを歩くと、清正井戸パワーの恩恵が得られるかもしれない。」なんて書いている人もいるが・・・・。それよりも細くて面白く、夜散歩に最適な通りです。写真のように川の名残の擁壁もあるし、くねくね道も楽しいです。景色としてはここが面白い。写真真ん中左にあるカフェ・ヴォルール・ドゥ・フルールも原宿には珍しい正統派喫茶店でお勧めです。(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目10−23近辺)

0815_DSC01017_1
この写真あたりは異国情緒で日本に見えない。雑多な感じな要素だが路地と建物関係はスケールがいい感じだ。(住所東京都渋谷区神宮前1丁目15−4 近辺)

   0316_DSC02304_1
銀座の四丁目の交差点からほど近い所、晴海通りと三原小路の間に袋小路がある。その袋小路に田村ビルという名前の、ビルというよりも長屋みたいな建物がある。夜は夜で緑色の照明で、幽玄な雰囲気が匂い立つ。しかしその古さではなく、階段とその手前の斜め扉壁のデザインは面白い。珍しい斜め壁はその時代でのデザインチャレンジを感じられる。(住所:東京都中央区銀座5丁目9−5近辺)

      1122_DSCN2182_1
小路が多い神楽坂。坂の一番下の方、飯田橋駅方面に近いところに80mくらいの神楽小路がある。その真ん中あたりに看板があるのが、「みちくさ横丁」である。写真は行き止まりの横丁の反対から神楽小路側をみているが、狭い道にさらに2階がはねだしていて空が狭くなる。看板や配管類の共演して魅力的な道となっている。(住所:東京都新宿区神楽坂1丁目14近辺)

↑このページのトップヘ