夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:小松川

1020_DSC02118_1
荒川と旧中川を結ぶ閘門(こうもん)の荒川ロックゲート。両側が階段型護岸は観客席になっていて、いい感じの公園にもなっている。しかし夜は入れず眺めるだけだった。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目2近辺)

DSC02150_1
荒川の新船堀橋から見る都営新宿線のトラス橋。その向こうの街灯りが美しい。蛇行して曲がっているからずっと街が続いているようにも見える。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目6ー2近辺)

0626_DSC02142_1
旧中川にまたがる駅「東大島駅」。旧中川は、区境だから同時に右側は東で江戸川区、左側が西で江東区になってもいる東大島駅。夜の旧中川に写りこむ姿は美しい。(住所:東京都江東区大島9丁目9近辺)

0602_DSC02149_1
荒川を渡る新大橋通りの新船堀橋手前の歩道橋。夜の照明と影の美しさもあるが惹かれた。ガード下の鉄骨階段、その向こう緑と鉄塔、丸い照明もなんだか意図的にさえ見えてくる。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目6-2近辺)

0531_DSC02110_1
高低差約10mの大島小松川公園、高台が少ない江戸川区だから土を盛った人口の公園なのだと思う。水路越しに見るこの公園の盛り上がりはこの辺りでは不思議な風景。展望の丘からは荒川越しに広がる世界が美しい。

0531_DSC02112_1

0531_DSC02103_1

0531_DSC02128_1
(住所:東京都江戸川区小松川1丁目1近辺)

0529_DSC02089_1
昭和5年に作られた荒川と中川の両放水路開削により水位調整を図るための閘門。水上交通の衰退廃止で小松川公園内に保存。その建っているところが階段であがった上の芝生の中という、不思議な場所で象徴性が増す。芝生との対比が美しい。

0529_DSC02091_1

0529_DSC02093_1

0529_DSC02082_1
(住所:東京都江戸川区小松川1丁目1近辺)

※閘門(こうもん):水位の異なる河川や運河、水路の間で船を上下させるための装置である。

   0510_DSC02139_1
東大島駅近くの旧中川に映り込むコーシャハイム 小松川一丁目 1号棟。昼間の姿がわからない感じだが、隙間光が、立体ブロックがトランスフォームしかけている瞬間のように見える。たいして川の中は少し落ち着いた感じだ。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目2−1 近辺)

↑このページのトップヘ