夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:宮町

      0504_DSC00134_1
久しぶりに見た府中駅周辺は、大型店舗で埋め尽くされて、うまく共存していた古い建物や通りは一変していた。一つだけ柳通りがギリギリ残っていた。ほんとギリギリで途中から斜めに道路歩道になっているという感じだった。古い建物を利用した駄駄羅亭みたいな建物もあるが、この通りの看板や路地構造は残っていた。

      0504_DSC00137_1

0504_DSC00140_1
(住所:東京都府中市宮町1丁目11−8近辺)

0317_DSC00174_1
府中の本殿が北を向いている大國魂神社。参道に小さな鳥居はあるのだけれども、境内の境界としての鳥居は3つ。北側の大鳥居に東参道鳥居と西参道鳥居。すべて境内側からの風景写真。

0317_DSC00179_1

0317_DSC00187_1
(住所:東京都府中市宮町3丁目1近辺)

0317_DSC00197_1
府中の本殿が北を向いている大國魂神社。北側にある大鳥居まえに2つの古木がある、それがそのまま馬場大門ケヤキ並木に繋がる。落葉樹の葉っぱが落ちた期間は、街との関係が良く見える。数年前の府中駅前に比べて大型施設が増え特徴がなくなりつつある感じを受けるなか、この空間が一番よい街空間だった。

0317_DSC00145_1

0317_DSC00163_1
反対側の本殿に向かう参道の雰囲気もいい。幅広の解放感で多くの人が帰路として利用している。

0317_DSC00165_1

DSC00156_1
参道に面する宮乃畔神社、鳥居向うの光が美しい。

DSC00158_1
夜は随神門が閉まっている、その先の中雀門、拝殿、本殿に思いをはせる。(住所:東京都府中市宮町3丁目1近辺)

      0204_DSC04891_1
大宮の宮町にある「ニコニコ堂大宮本店ビル:1991年」。もう少し古いと思ったが90年代の建物だった。正面の菱形フレームは構造体とは考えられないので、デッカイ格子ということになる。夜はその中の部屋からの光の漏れ方が美しい。

      0204_DSC04894_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目40)

      0131_DSC04843_1
広く立派なアーケード街の一番街。このあたりでは一番の賑わいだったようだが。真ん中あたりにある脇道の入口、その先に工事仮設のようなところが、オモシロイ。なんだかとても惹かれるところ。

0131_DSC04844_1

0131_DSC04836_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目83近辺)

      0131_DSC04911_1
無国籍な街灯が光を拾って色めく通り、ウエストサイドストリート。名前もそんな感じだ。宮町、大門町にある幾つかの通りはそれぞれ特徴があって面白い。ここはいろんなモノが乱立する、店の看板や街灯、いろんな色光が混ざって通りの雰囲気をつくる。

      0131_DSC04897_1

      0131_DSC04908_1

      0131_DSC04900_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目73近辺)

      0126_DSC04867_1
昨年末に火事でニュースになった、大宮駅の北側、ソープランドなどの店舗型風俗店が集まる店舗型風俗店、大宮北銀座。通称「キタギン」という。火事になる前の写真だが、建っている建物がなかなかだ、城があったり、連続ヴォールト形態があったり造形も凄い。ネオンや看板、そして建物路地風景もいい感じだ。

0126_DSC04873_1

0126_DSC04866_1

      0126_DSC04870_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町4丁目25エリア)

0126_DSC04857_1
大宮駅の北側、ソープランドなどの店舗型風俗店が集まる歓楽街、大宮北銀座。通称「キタギン」という。そのエリアに近く、いきなり目に飛び込んでくる、マンションの壁画。その模様がドラゴン、龍だった。なかなかこんな壁画は出会うことがない、そんなエリアか。

      0126_DSC04875_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町4丁目100近辺)

0116_DSC04882_1
大宮駅から少し北にいった大栄橋の道路高架。駅からきてここを潜った先は歓楽街になる。ちょっと怪しい光が、どこかわからない感じのいいゲートになっている。(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目27近辺)

0126_DSC04856_1
写真、右側の歓楽街への道。ここの路地雰囲気もいい感じだ。

0115_DSC04853_1
大宮駅から少し北にいったところに、鉄道を越える大栄橋の高架道路がある。そのガード下に住居が綺麗に並んでいる。鉄道を越えるため高架道路もだんだん低くなってく。その下の住居もだんだんと背が低くなっている。

0115_DSC04854_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目27近辺)

↑このページのトップヘ