夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:大蔵

0426_DSC09697_1
世田谷区立総合運動場(大蔵運動公園)の体育館。形は違うが雰囲気が駒沢オリンピック公園の体育館に似る。正確には寄棟型の屋根なんだけど、先端で梁だけの引き算デザインでシャープに。(住所:東京都世田谷区大蔵4丁目6−1近辺)

DSC09690_1
世田谷、大蔵運動公園の崖線。崖上は東屋越しの低地街灯りが美しい。崖下にはハケ下水路があり、周辺もくらい。世田谷も周辺になると景色が一変する。

DSC09687_1

DSC09693_1
(住所:東京都世田谷区大蔵4丁目4近辺)

4月26日におこなわれた夜散歩のススメ会07フィールドワークの模様です。
二子玉川から成城まで、国分寺崖線を上がったり下がったり歩きました。


0426_F01

01.六郷用水(次大夫堀)と谷戸川の合流地点
左が丸子川として残された、六郷用水(次大夫堀)。
右上からくる谷戸川との合流地点。
二子玉川駅から少しいった所だが、清流のいい雰囲気を残し、
水の音がいい感じ。角の向こうは静嘉堂文庫の敷地。
(住所:京都世田谷区玉川4丁目39−2近辺)


0426_F02

02.郷用水(次大夫堀)の低い堤防
左が丸子川として残された、六郷用水(次大夫堀)。
この辺りの堤防はベンチくらいの高さで水辺がみえていい感じだ。
(住所:東京都世田谷区岡本2丁目4−5近辺)


0426_F03

03.岡本三丁目の坂を眺める
東京富士100景にも選ばれる岡本三丁目の坂。
その上から皆で落ちてゆく坂を眺める。
(住所:東京都世田谷区岡本3丁目28−13近辺)


0426_F04

04.岡本三丁目の坂からの景観
東京富士100景にも選ばれる岡本三丁目の坂。
ここから眺める素敵な夜景。
(住所:東京都世田谷区岡本3丁目27−13近辺)


0426_F05

05.岬にたつ氷川神社
仙川と野川との岬にたつ氷川神社。
周囲より少し高い位置に建っている。
(住所:東京都世田谷区大蔵6丁目6−7近辺)


0426_F06

06.岬にたつ氷川神社境内
仙川と野川との岬にたつ氷川神社、その境内から眺める。
右を野川が流れ、左を仙川が流れ、ちょっと行った先で合流する。
そこを眺めるような岬に位置している。
(住所:東京都世田谷区大蔵6丁目6−7近辺)


0426_F07

07.自転車の下にみえる夜景
国分寺崖線の段差の上にある駐輪場。
駐輪場の下に集合住宅の屋根があり、その向こうに家々の夜景が広がる。
不思議な面白い風景。
(住所: 東京都世田谷区大蔵6丁目15-20近辺)


0426_F08

08.幅広階段を眺める
砧小学校の脇の幅広階段も坂としてはクランクしていて、
階段部分はL字に曲がって面白い。
皆で見上げて眺める。
(住所: 東京都世田谷区喜多見6丁目12−1近辺)


0426_F09

09.坂に残る、一本松
不動橋近くの坂に残る一本松、孤高に一本だけ残る。
その姿がなんか不思議な風景をつくる。
(住所: 東京都世田谷区成城3丁目9−4近辺)


0426_F10

10.飲み会で釜飯を
夜散歩を終えて、成城の釜飯屋で皆で一杯。
飲み屋が少ない成城、どうなるかと思っていたが、
美味しい店にあたる。
どうもこの会、参加メンバーの誰かが食の神様のようだ。


0409_DSC01269_01
東京の崖線といっても、ビルが多く遠景が見えず、意外と大したことないことが多い。それでも高層道路脇は意外といいスポットが多い感じがする。ここ東名高速道路脇にある高台の駐車場からの夜景は絶景だった。

      0410_DSC01288_1
高層道路脇は意外と面白い。住宅地に向いないからか。階段下から眺めると擁壁が鋭角で飛び出ているところが駐輪場スペース。

      0410_DSC01282_1
左は駐輪スペースでもあるが、自転車が飛んでいるようだ。(住所: 東京都世田谷区大蔵6丁目15-20近辺)

↑このページのトップヘ