夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:大田区

1113_DSC07947_1
小池周辺の坂道、池周辺の地形が坂道に表れる。一つはU字坂で流れるよう、もう一つは綺麗なV字坂。面白い地形のいい坂道。

1113_DSC07957_1

1113_UとV字坂_1
地形的にうまくV字坂の曲がりがでないが、窪地の谷頭方向なので急なのかもしれません。(住所:東京都大田区上池台1丁目37−10、27−8近辺)

DSC07948_1
洗足池の大池に対して、小池と呼ばれていた溜池を復元した小池公園。周辺の緑と住居群が近く、程よいスケールで取り囲む地形が見える。

DSC07951_1
(住所:東京都大田区上池台1丁目36−1近辺)

DSC03100_1
中馬込2丁目の旧内川(旧沢尻川)の谷間に降りる立体Y字路。明るい一本道の左道から暗い右道へ落ちてゆく感じがいい。よく見るとY字残地があり小さな階段4段残ってる。(住所:東京都大田区中馬込2丁目21−5近辺)

DSC03040_1
北馬込の環七通りに面する古い擁壁階段。かなり急勾配おそらく40度前後。一気に降りる階段は擁壁線とパース状になる。その先は大通りから分かれる道路、その上の段差道路とビルと道路段差風景もいい。

      DSC03044_1

DSC03043_1

      DSC03042_1
(住所:東京都大田区北馬込2丁目26−12近辺)

DSC00279_1
いい感じ蛇行道で高低差あり、谷筋かとおもったらそんな感じだった西馬込商店会(公園通り)。西馬込駅に近く第二京浜の大通りにゲート門があり、そこから下がって始まる。

DSC00283_1

DSC00280_1
(住所:東京都大田区西馬込2丁目3−11近辺)

0412_DSC00244_1
新幹線と横須賀線を挟んで二つある相生坂。夜になると北側から見る武蔵小杉の高層ビル群に目を奪われる。夕暮れ時だと南側の方から見る富士山が綺麗そうだが、この時間帯は見えない。

0412_DSC00248_1

0412_DSC00246_1

0412_DSC00243_1
(住所:東京都大田区上池台5丁目29−5近辺)

DSC00041_1
地形的高低差、低い方が駐車場があるため、斜面にある建物群のウラガワが見える。3層の建物が5層ぐらいの街並みに見える。段差街並み風景は凄い。

      DSC00040_1

DSC00039_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目6近辺)

0330_DSC00185_1
第二京浜道路の古い橋とJ字型階段。橋は手摺が白いガードレールという酷さだが、残る古い親柱のデザインがいい。擁壁と一体化したJ字型の階段の流れるような感じもいい。橋と擁壁と階段の3点セットでいい風景に。

     0330_DSC00193_1

     0330_DSC00191_1

0330_DSC00177_1

0330_DSC00170_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目22−4近辺)

      0324_DSC00154_1
第二京浜と地形の谷間が絡む、古い直線階段。前方に対比する鋭角敷地のビルの立ち姿、その間の古い豪快な擁壁。大通り脇で、3つの大きいスケールバランスが面白い。

      0324_DSC00155_1

     0324_DSC00161_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目7−5近辺)

DSC00266_1
あらビックリ、一瞬デ・ステイルの建築に見えた。色の効果がデカい、赤のテント、黄色いモルタル壁の未塗装、看板部分縁どりのグレー、トタンの淡いブルー。よく見るとデザインもいい、看板部分上部縁どりのカタチ、全体的構成も。

   DSC00277_1

DSC00264_1
(住所:東京都大田区西馬込2丁目3−11近辺)

   0308_DSC00139_1

DSC00097_1
地形的高低差があるところの東馬込の立体Y字路階段。Y字路建物も立体的にも面白く、どうも足ものとに2階への階段跡が小さくある。下った先の風景もいい。上りは崖地建物の並びも凄い、2つの建物が絶壁のようで、その間を通ってゆく。先のカラフルな建物が世界を変える。

     0308_DSC00104_1

0308_DSC00129_1

      0308_DSC00130_1

      0308_DSC00133_1

      0308_DSC00111_1

   0308_DSC00146_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目5−1近辺)

      DSC00215_1

      DSC00231_1
抜け道にあるL字型階段、地形的位置で景観もスゴイ。上から下ると住宅間道から階段を下りて曲がる所で崖下風景が広がる。曲がった先の緩やかな長い階段、夜はくらく雰囲気もいい。上り口、横の古民家のブロックがカッコいい。

      DSC00198_1

      DSC00206_1

      DSC00209_1

      DSC00211_1

DSC00227_01

      DSC00223_1
(住所:東京都大田区中馬込3丁目25−15近辺)

0114_DSC08112_01
多摩川土手、道を挟んで空地から眺める、土手と高層ビル借景。庭園のサツキ借景のような土手で、実際は遠い距離の武蔵小杉ビル群が近く見える。(住所:東京都大田区田園調布4丁目43−3 近辺)

0111_DSC08103_1
田園調布の台地地形、多摩川土手にむかって高低差がある道路。その下にある階段と河川低地の街並み、黒い影の土手、遠景に武蔵小杉の高層ビル借景。向こうとこちらに幾つも世界がある風景。

0111_DSC08099_1

0111_DSC08106_1
(住所:東京都大田区田園調布4丁目35−4近辺)

0109_DSC08114_1
多摩川土手からの武蔵小杉高層ビル借景。下半分のフェンスの線が一見なんだかわからないところが面白い。フェンス向こうは野球場だが黒くて見えない。これも借景効果。(住所:東京都大田区田園調布4丁目43−7近辺)

DSC08100_01
この坂道からの武蔵小杉高層ビル群借景もいい。坂道の先に河川低地の住宅屋根と灯り。中景に横の伸びる黒い影が多摩川と土手が影で存在していて、遠景の高層ビル群がぐっと近く見える。しかし武蔵小杉高層ビル群の増殖と輝かしい背景は凄い。


DSC08101_01

DSC08102_01
(住所:東京都大田区田園調布4丁目33−11近辺)

0102_DSC08091_1
交差点の立体Y字路部分建物、手前駐車場と奥の階段に影で建物も不思議な暗さ。後ろ側が明るいためもある。左側道路は上がって下がる、その先の武蔵小杉高層ビル群の上部だけ切り取られた借景もいい。

0102_DSC08092_1
(住所:東京都大田区田園調布5丁目1−28近辺)

DSC08134_01

DSC08131_01
細長い多摩川台公園にはいくつか古墳があり、亀甲山古墳の手前にある二つの檀上テラス庭園がいい。手前には1段下がった野草園がある。冬でも色鮮やかな植物群。先にある水生植物園は、もともと旧調布浄水場跡地につくった植物園。あたかも古墳にたいしての儀式の場のよう。スリバチ状に下がった水辺向こうに多摩川、武蔵小杉ビル群が借景になってさらにいい。

DSC08127_01

DSC08121_01
(住所:東京都大田区田園調布1丁目58)

1225_DSC08079_1
国分寺崖線で約30mの高低差で急勾配の急坂。坂手前の立体Y字路の角地にある大木も凄い。右側に一挙に下る急坂先に広がる多摩川低地の風景も凄い。

1225_DSC08081_1
(住所:東京都大田区田園調布5丁目5−12近辺)

DSC08118_1
多摩川土手脇の不思議なΨ字路、その右側のY字路部分建物。土手脇で不思議な街区、細い建物が並ぶエリア。電柱に倉庫のような看板建物、手前の進入禁止ポールが曲がって捻じれ絡まっている。3道路の高低差も面白い。(住所:東京都大田区田園調布4丁目42-13近辺)

↑このページのトップヘ