夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:夜景空間ベスト

美しく・オモシロイ夜景空間のベスト(その他ベストは除く)

夜散歩のススメ1231「写真館ビルの都電入口商店街」

夜散歩のススメ1230「都電駅と商店街をつなぐ排水溝」

夜散歩のススメ1206「8角形屋根、亀甲マーケット」

夜散歩のススメ1194「複雑な横断歩道線の五差路」

夜散歩のススメ1083「遠くに日暮里崖線が円弧広大にみえる」

夜散歩のススメ1069「2段階人工スリバチ」

夜散歩のススメ1027「旧江戸川越しのおとぎの国」

夜散歩のススメ1019「縦線と横線、超高層群と輪」

夜散歩のススメ1018「凸凹スカイラインの蔵造り通り」

夜散歩のススメ991「立体箱構成のバラック舟屋集落」

夜散歩のススメ970「遺跡壁のような店舗長屋」

夜散歩のススメ896「美しい煙と影、町内祭りの花火」

夜散歩のススメ895「提灯の輪、夏祭り」

夜散歩のススメ865「赤曲面テントの先にトラが」

夜散歩のススメ860「佃島・月島のゲートのような永代橋」

夜散歩のススメ792「雨の原宿、生写真露店の傘」

夜散歩のススメ790「築地場外の入口から」

夜散歩のススメ701「誰もいない、野外劇場」

夜散歩のススメ634「ゆりかもめループ橋」

夜散歩のススメ621「芋坂跨線橋の多重Y字型柱脚」

夜散歩のススメ494「ないことの良さ、表参道神宮橋」

夜散歩のススメ466「3つのレベルの鉄道とそれから・・・」

夜散歩のススメ444「日暮里九龍城、旧冨士見ホテル」

夜散歩のススメ423「鈍く光る装飾、夜の神田明神」

夜散歩のススメ342「青山霊園の夜桜」

夜散歩のススメ326「田園調布の丘からみえる、武蔵小杉のビル群」

夜散歩のススメ318「夜の富士塚、鳩森神社」

夜散歩のススメ297「西日暮里駅の切り通しに横断歩道橋」

夜散歩のススメ189「近景と遠景、鉄骨と煙突」

夜散歩のススメ126「明りがない、闇の等々力渓谷」

夜散歩のススメ27「蓮池に浮かぶ建物群」

夜散歩のススメ16「53階からの世界」

夜散歩のススメ09「金沢区野島町の舟屋集落」

     1206_DSC04269_1
都電荒川線終点の三ノ輪橋駅へと向かう商店街。梅沢写真館ビル(三ノ輪王電ビルヂィング)の1階が交差して、建物トンネル状の商店街通路となっている。表側の入口もなかなかカッコいいし、不思議な使われ方に空間体験の面白さがある。

      1206_DSC04286_1

   1206_DSC04291_1

   1206_DSC04296_1
(住所:東京都荒川区南千住1丁目15−6近辺)

      1206_DSC04358_1
都電荒川線終点の三ノ輪橋駅、そこから三ノ輪橋商店街建物に向かう通路、このつなぎの道がいい。真ん中の排水溝がくの字に曲がって、建物トンネル空間に向ってゆく。

   1206_DSC04319_1
(住所:東京都荒川区南千住1丁目15 -14近辺)

1113_DSC08334_1
住んでいる人はいるみたいだけど、マーケットとしては機能していない下平間にある8角形の亀甲マーケット。ここからの風景は素晴らしい。美しい時間帯の街並み、下方にしっかりと存在する、渦かヘソか? 8角形の屋根。形態の強さをここに感じる。

1113_DSC08432_1
建物通路で写真を撮っていたら、隣のビルの人に見つかる。説明したら「じゃ、屋上からみるか?」と上がらしていただきました。こちらのビルも名残を受けて多角形。上からのぞくかなり満足なカット、ありがとうございました。

  1205_DSC08417_1
近づくと増築部分が迫ってきて、八角形は感じられなくなる。

1205_DSC08363_1
やはり上からの姿が一番いい。(住所:神奈川県川崎市幸区下平間255-22近辺)

1031_DSC00453_1
阿佐谷北にある5差路、1枚の写真になかなか入ることは少ないが撮りこめた。一角に建物や塀がなく歩道スペースだからもあるが、横断歩道の線のおかげでもある。そのめちゃめちゃな複雑な横断歩道の線、すごい存在感。

1031_DSC00456_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷北5丁目18 -6近辺)


0614_DSC03656_01
本当は赤羽台のマンションから、自然観察公園の窪地を撮りたかった。11階からだともっと遠くの世界、下がった5階からでも広大な景色だった。手前の窪地谷間よりも遠くに日暮里崖線が写った。美しい街灯りと左から崖を削り、右にながれてゆく道が動脈のようにも見えた。(住所:東京都北区赤羽台2丁目近辺)

0527_DSC02514_1

板橋区西台にある旧蓮根川の谷。枝分れ谷もいっぱいある谷道を環八が縦断する。段差解消のつなぎ道ができ、地形的に面白いことになっている。ヘアピンカーブが綺麗な人工スリバチをつくり、さらにそのヘアピン頭の部分がもう一つ凹みが。環八をくぐるトンネル、降りる階段、庭園みたいな植栽造形もいい感じだ。こことても凄い。(住所: 東京都板橋区西台1丁目13−8 近辺)

  0321_DSC08498_1
道に迷った目的地、さらに誘われて河原へ、照明なしだがただ歩けるようだ。そこでみた旧江戸川越しのおとぎの国は、川の向う側だけじゃなくて、こちら側も含めておとぎの国に見えた。

0321_DSC08479_1
(住所:東京都江戸川区堀江町)

0309_DSC07791_1

何のためかわからないが、都市空間的に気になる西新宿超高層街の輪。信号、照明、サインなどはついてはいるが、輪を空中に飛ばす必要はまったくない。周辺はいい時代の超高層群、各建物間の隙間も広く、超高層の天に向かう垂直線が目立つ。そんな中での水平線、しかも円で一つの線になる。この対比はとても生きている。(住所:東京都新宿区西新宿6丁目5−3近辺)

0308_DSC06798_1

川越の蔵造り一番街商店街は夜がいい。ビュンビュンと車や自転車が通るが、重たい屋根の凸凹が、群青色の空との境界が美しい。

0308_DSC06814_1
(住所:埼玉県川越市幸町5−2近辺)

0126_DSC04160_01
横浜市神奈川区子安の京浜工業地帯の運河に面する舟屋集落。近くの看板には、わが町 かながわ 50選 「子安浜と漁船」で昔ながらの漁船の風情と、現在のビルが共存する風景とある。立体箱構成のバラック建築の凄さは、水路反対側からの風景が最高である。

   0126_DSC04156_01

0126_DSC04166_1
舟屋と舟屋の間には隙間があり、そこから船着き場へ通れるようになっている。

  0126_DSC04154_1
橋から見える風景も凄い。(住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通1丁目174-9近辺)


0127_DSC04108_1
この辺りは、船宿はコンクリートの倉庫群の上に増築しているタイプである。同じエリアながら少し建て方、構成が違う。

0127_DSC04127_1


0127_DSC04124_1


0127_DSC04111_1
(住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通1丁目93-5近辺)

1229_DSC04069_1
横浜市中央卸売市場の周辺にある、長屋店舗群。道路が線路を潜るために下がり、裏から見ると壁面がオモシロイことになっている。連なる壁が開口部も少ないこともあり、遺跡の壁のようでもある。

1229_DSC04061_1


   1229_DSC04065_1

0323_DSC04051_1
反対側というか表側もいい感じだ。(住所:神奈川県横浜市神奈川区栄町89 近辺)

   0829_DSC09397_01
美しい、おもわず立ち止まった。
8月最後の日曜日だからか、高円寺から東中野を雨の中散歩したら、幾つかの町内祭りにであった。公園を利用した町内祭りの花火、おそらく最後のナイアガラの滝的花火。直線に並べた花火で美しかったが長く、周囲が煙だらけ、まるで火事のようだった。煙の中で透ける傘の絵も美しい空間だった。(住所:東京都中野区中野3丁目29-4近辺)

0829_DSC09369_1
8月最後の日曜日だからか、高円寺から東中野を雨の中散歩したら、幾つかの町内祭りにであった。小さいが散歩的出会いは素晴らしかった。その1つ、桃園ヴィレッジ前の夏祭り。駐車場を利用してのものだが、提灯の輪と手間の提灯が美しかった。(住所:東京都杉並区高円寺南4丁目3−5)

0630_DSC09159_1
赤いテントの通路がある豊島中央通り商店街にある「豊島湯」。銭湯玄関の唐破風屋根に合わせて曲面テントになっている。その玄関先にみえるのはトラの置物、この異風な光景、なんともいえずいい。ちょっと北区豊島は面白いぞ。

0630_DSC09153_1


   0630_DSC09152_1
(住所:東京都北区豊島3丁目19−7)

0625_DSC09010_1
隅田川に架かる隅田川大橋から永代橋、その向こうの佃島・月島をみる。ちょうど屋形船が向かっていることもあるが、永代橋がここからだとゲートのようにみえる。なかなかおもしろい風景だったりする。(住所:東京都中央区日本橋箱崎町19−35近辺)

0225_DSC05188_1
代々木体育館でコンサートがあると露店が出る。雨でぬれないように傘をかぶっていた。その光る傘がとても綺麗だった。手前に歩いている人が傘を持っているようにも見える。

0225_DSC05183_1
(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目18−20近辺)

  0220_DSC05046_1
活動が昼間と夜が逆の築地場外。今は夜でもやっている店がぽつぽつあるが、23時という時間は終わる時間帯じゃなくて、そろそろ始まる時間だったりする。新大橋通りに面するこちら側、そろそそ始まる感じが光や照りもでているようだった。

0220_DSC05057_1
(住所東京都中央区築地4丁目9−14 近辺)

   0219_DSC04994_01
昼間はテントが出ていたり、人が賑わっていて見えなかった、築地場外の建物上部。夜初めて気がついた、キリンとカツオが向かいあって戦っていた。カツオはまだしもキリンは何でだろう。(住所東京都中央区築地4丁目9−14 近辺)

1106_DSC08789_01
「磯崎新さんの広場には人が似あわない」とそんな話を昔したおぼえがある。筑波センタービルのころだったような。そんなことを思い出すくらい人がいなくてもいい、広場、野外円形劇場が西戸山タワーホウムズにある。この低層部は磯崎さんデザイン(監修?)のところ。夜だから中に入れないが周辺も段差があって覗き見るのに最適。人がいなくてもとてもいい絵になる。しかし使わないのはもったいないくらい、ここにいい感じに収まっている。(住所:東京都新宿区百人町3丁目1−6近辺)

0808_DSC07038_01
ゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)のレインボーブリッジの前にある、ループ橋。そこにある重機、何のためかわからないが、この円弧のループ橋との対比が美しも見え、別世界な感じにもみえる。

1031_DSC07290_1
円の外側にでると円形がよく見える。

1031_DSC07336_1
実は1/4は直線なんだよね、ここ。地上で中に入ると丁度そこは直線部分だったりする。実はその直線部分が交差する前でバラけはじめてカッコいい。(住所:東京都港区海岸3丁目33-17近辺)

↑このページのトップヘ