夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:多摩川浅間神社

   0309_DSC07647_1
等々力崖線の岬に立つ、多摩川浅間神社。4層の建物がはまっている。最上階には社殿が建っている。一番上はやはり気持ちがいい。建物上が最上から少し上がるテラスになっていて、その先の借景が美しい。

0309_DSC07639_1

0309_DSC07640_1

0309_DSC07649_1
(住所:東京都大田区田園調布1丁目55−12)


0309_DSC07621_1
等々力崖線の岬に立つ、多摩川浅間神社。地形段差に4層の建物がはまっている。下からは鳥居参道が見上げられる。途中階の中間テラスからの多摩川、その先の武蔵小杉ビル群が美しい。

0309_地形01

DSC07634_1

DSC07664_1
(住所:東京都大田区田園調布1丁目55−12)

   0211_DSC06060_1

0211_DSC06117_1
台地に岬に立つ、多摩川浅間神社。参道階段も途中から富士塚のような感じの蛇行道になる。階段上にももう一つの鳥居があるが、上から下を覗いたところに一つの世界観が表れている。

      0211_DSC06122_1
綺麗に整備された上りの参道。真っ直ぐの階段、次から富士塚のような溶岩石に蛇行道。鳥居や石碑、灯籠と要素も増えて美しい。

      0211_DSC06119_1

     0211_DSC06046_1   

     0211_DSC06058_1

(住所:東京都大田区田園調布1丁目55−12)

  1217_DSC06098_1
映画シン・ゴジラのロケで使われ、聖地巡礼の場になってしまった。多摩川浅間神社のテラス。それでも夜はまばらな人しかいないし、とてもいい感じだ。聖地巡礼カットはテラスの中から超高層ビル群をみているが、やはり少し少し離れて、手水舎と階段、そして樹木も入れた世界がいい。こちらはテラス優先の平行カット。

     1217_DSC06110_01
こちらは遠景の超高層優先のカット、少し斜めから。

1218_DSC06088_01

社務社ビル屋上が見晴テラスになっている。参道からだと数段の階段を上がった屋根がテラスに。そこから反対に社殿や参道、樹木をみる。台地岬に青白く光る社殿、そんな神社。

0309_DSC06095_1
屋上テラス下の駐車場テラス、車道、多摩川と4段階テラスになっているのがわかる。そして多摩川丸子橋、高層ビル群という繋がりも見えてくる。(住所:東京都大田区田園調布1丁目55−12)

0809_DSC07984_1
多摩川浅間神社の女坂を下りきる手前の民家お店の裏側。屋根は水平であるが、隣地塀が坂に影響されて段々ブロックに手摺、このデザインがいがいといける。斜めに対する解決策はいろいろでオモシロイ。(住所:東京都大田区田園調布1丁目55−10)

   0521_1
多摩川浅間神社の本殿の脇には建物屋上のテラスがある。道路面を一段目、その前にある建物屋上が二段目、さらに斜面に建つ建物屋上が三段目のテラス。ここからの夜風景は絶景なり。

0521_2
本殿の脇には建物屋上のテラス。高さは本殿が建つ所よりも少し高いところ。階段を上がってテラスに上がる。

0521_3
高さは本殿が建つ所よりも少し高いところ。ここからの夜風景は絶景なり、多摩川の先に武蔵小杉の高層群がみえる。(住所:東京都大田区田園調布1−55−12)

0520_DSC03704_1
東横線の多摩川駅近くにある多摩川浅間神社。地形的には国分寺崖線の岬の突端に位置する。その本殿の光り具合が実にいい。赤色だけじゃなくて、青色が妖しく光る本殿珍しい。(住所:東京都大田区田園調布1−55−12)

↑このページのトップヘ