夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:坂道ベスト

坂道のベスト

夜散歩のススメ1211「のぞき坂からの絶景」

夜散歩のススメ1117「小布施坂の目白台絶景」

夜散歩のススメ1075「街灯りが美しい旧百々向川の谷」

夜散歩のススメ1050「V字坂の釣堀坂」

夜散歩のススメ797「これぞ谷町風景、若葉・鮫河橋の谷」

夜散歩のススメ780「宿坂の目白不動尊と鉄補強擁壁」

夜散歩のススメ714「胸突坂の上から見る広がり」

夜散歩のススメ668「蛇行で大曲りに階段、別所坂 」

夜散歩のススメ652「日無坂と富士見坂の作り出す世界」

夜散歩のススメ591「夜に見える、菊坂の町並み」

夜散歩のススメ564「モスクがみえる無名の坂」

夜散歩のススメ498「上から眺める、菊坂の谷」

夜散歩のススメ473「H&Mビルが示す谷、夜編」

夜散歩のススメ416「ヒカリエが示す谷、道玄坂の裏坂」

1214_DSC02608_1
セットでY字坂になっている、富士見坂と日無坂。

1214_DSC02550_1
富士見坂の上りの景色もいい。そびえ立つ古民家の姿もいい。

1214_DSC02553_1



      1214_DSC02598_1
日無坂は、細い階段坂道で下りの景色もいいが、上りの迫ってゆく感じもいい。

      1214_DSC02572_1

1214_DSC02567_1
(住所:東京都豊島区高田1丁目23−18近辺)

1118_DSC02487_1
東京都内で自動車通行可能な道路のなかで、傾斜距離ともに最急の一つに数えられる坂(別名は胸突坂)。凄い勾配で落ちてゆく、車も消える。その分、ここからの風景はいい。最近NTTタワーのライトアップの色が変わって存在感が増している。


1118_DSC02513_1
下からは長いからか、あまり勾配を感じられない。それでも22%の看板。継ぎ接ぎの模様もいい感じだ。(住所:東京都豊島区高田2丁目12−21 近辺)

     0729_DSC04164_1
目白台からの段差風景は美しい。幾つもある坂の中、小布施坂からの風景。途中の民家は暗く、遠景の高層ビル群が明るく、手前の坂は濡れていい感じ。(住所:東京都文京区目白台1丁目15-13近辺)

      0604_DSC02287_1
成増の地形はオモシロイ、ここ菅原神社前の階段坂は下った先の旧百々向川の谷。そして台地の突端をかすめ、白子川の谷、その向こうの台地にそびえ立つマンションが見える。複雑な地形ながら、上からの眺めは街灯りがとても美しい谷間風景になっている。(住所:東京都板橋区成増5丁目1−9近辺)

      0418_DSC08786_1
南麻布の薬園坂近くにあるV字坂タイプの釣堀坂。北側には地形的に高い、つりぼり衆楽園がある。都内のなかでもこのV字坂は美しい。スリバチ状の谷間が見える。片側の坂には一部階段もある。

      0418_DSC08797_1
(住所:東京都港区南麻布3丁目9−23近辺)

   0301_DSC05593_1
新宿区若葉、須賀神社階段からの鮫河橋の谷町風景。新宿通りを境に荒木町の窪地の反対にある谷町。赤坂川跡の通りが美しく、高い所から谷間をかんじられる。反対側の東福院坂とセットでいい風景を作りだす。

      0301_DSC05606_1
反対側の東福院坂から須賀神社の階段をみる。こちらからの風景も素晴らしい。(住所:東京都新宿区若葉2丁目5−16 近辺)

  0201_DSC03986_1
江戸三大不動・江戸五色不動のひとつ目白不動尊がある宿坂。高低差約20mの目白台地には良い坂が多い。なかでもこの古い宿坂は、道の蛇行といい緩やかな坂ながら美しい。その両脇も面白い、左側には目白不動尊の建物屋根が見え、右側の鉄補強擁壁も面白い。雨でぬれた素材が光をひろい、なお一層美しい景観となる。(住所:東京都豊島区高田2丁目12−39)

      DSC02516_1
後日(2017年11月)の宿坂の上部。微妙な蛇行ラインがいい。

      1117_DSC04209_1
目白台地にある坂「胸突坂」、坂下西に水神社(神田上水の守護神)があり。「胸を突くようにしなければ上れない、急な坂だった」のでこのような名前のになった説明。下からは細く暗い坂のように見えるが、上にいくと思いのほか広がりがある。谷底に見える街並の明かりも綺麗だったりする。

1117_DSC04201_1
(住所:東京都文京区関口2丁目11−17近辺)

1004_DSC05910_001
蛇行する細い急坂、さらに庚申塔と階段という要素も盛りだくさん。歩いていて間違いなく面白い坂の一つ「別所坂」。何度か撮っているがどうもいまいちだったが、何枚か繋げて面白くなった。これだけ高低差がある坂であるにも関わらず、夜でも人が結構とおっている。しかも昇りは皆息を切らして。

1004_DSC05915_1



     1004_DSC05931_1
(住所:東京都目黒区中目黒2丁目1−21近辺)

0911_DSC04107_01
東京の坂道で、必ずベスト幾つかにはいる日無坂と富士見坂のV字コンビ、濡れた路面でとても美しい。坂の向こうに見える都会の夜景もいい。夏の真ん中にある民家は、緑の蔦に囲まれて別世界になっていた。

      0912_DSC04082_1


      0912_DSC04095_1
途中までスロープで、階段になる日無坂は面白い。路面がぬれていると夜は圧倒的に存在感を増す。昇りの世界、降りの世界、それぞれ周囲も含めて全然変わるのも面白い。(住所:東京都豊島区高田1丁目23-18近辺)

      0927_DSC09964_1
わりとゆるい勾配で歩いているとわかりずらいが、菊坂の蛇行しながら上がる坂の風景は美しい。いい感じの町並みが夜になると見えてくる。(住所:東京都文京区本郷4丁目36−4近辺)

      0927_DSC00009_1
脇の道もなかなかいい感じ。その先が菊坂。


      0227_DSC05877
渋谷区上原の無名の坂、この坂はモスクが見える。このあたりではこの坂からが一番いい感じに見える。モスク「東京ジャーミー」のプロポーションがわかると、谷の向こうの台地の高さが想像できる。雨にぬれて、滑り止め道路がさらに綺麗に光る。(住所:東京都渋谷区上原3丁目20−8近辺)

   1118_DSC00057_1
高いところから眺める菊坂は、これまたいい感じで本郷台地にある谷間の地形がみえる。谷間がみえるいいポイントはなかなか少ない。とても美しい地形、街並だ。(住所:東京都文京区本郷4丁目21−2 近辺)

      0804_DSC07800
渋谷の道玄坂を入ったところ、マークシティの裏側の道。ココはおそらく道玄坂の昔の勾配を残すところ。今の道玄坂は崖地をけずって段々と緩い勾配になっている。それにしても写真のゆがみがあるが、ヒカリエのプロポーションが分かる人ならばどの辺が谷底位置か、どれだけ下がっているかわかる坂である。(住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目14−1近辺)

↑このページのトップヘ