夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:坂道

   0913_DSC09435_1
S字道路は全部は見えないが、高低差があり向こうが下がって谷間になっているので、なんとなくS字を感じられる道路。住宅にはいる右の階段もいい(住所:東京都中野区中野2丁目13−2近辺)

   1206_DSC01299_1
高田馬場駅近くの西武新宿線のガードサイドの飲み屋街。増築の形が一種の集落を形成し始めている。飲み屋街街並みとしてなかなかカッコいい。坂道で動きのあるところもいい。駅の近くって意外と見ているようで、見過ごしているな~。

  1206_DSC01286_1
(住所:東京都新宿区高田馬場2丁目19-4近辺)

   1001_DSC00093_1
本郷1丁目にある新坂(別名:外記坂)と青い家。実際はグレーに近いのだが、赤紫色の空の影響か青く美しく写る。家はある意味普通の家なれど、階段の斜め線との対比や空との色対比と、とても美しい風景になる。(住所:東京都文京区本郷1丁目25−15近辺)

   0702_DSC05141_1
近くの神田川の浸食によるものか、このエリアにはいい高低差の台地がある。そこに車の通れない細い直線坂道がある。

   0702_DSC05122_1
その上からの風景がなかなかよかったりする。擁壁も凄いが、坂道から続く道も面白い。(住所:東京都中野区弥生町1丁目3−12近辺)

   0625_DSC05905_1
坂を下った先は新宿区で、その先の上がる坂は千日坂。さらに向こうには信濃町駅や創価学会の建物がある。この千日谷の蛇行する下り坂と擁壁が美しい。その先に見える混在風景もまたよし。(住所:東京都港区元赤坂2丁目2−34近辺)

      0619_DSC05036
新宿区西新宿4丁目にはかつての花街の風景が少しだが残っている。旅館や料理屋が多く、そこに坂があるととてもいい風景になる。樹々が道にかぶさり、その向こうに雨で濡れた坂、さらに超高層が見えたりと豊かな風景が広がっている。塀のデザインも面白い。(住所: 東京都新宿区西新宿4丁目13−11)

   0318_DSC00670
幡ヶ谷駅の近く甲州街道に面して六号通商店街がある、その先の水道道路をこえるとある六号坂通り商店街。六号という名も面白いが、坂という名も面白い。六号通商店街よりも少し寂れた感はあるが、街灯が特徴的。この坂をくだっている感じがとてもいい。(住所:東京都渋谷区本町6丁目38-3近辺)

0320_DSC00722
たまにこの道いいな~と思っても、写真を撮るとそうでもないことが多い。それでもいい感じに撮れた。幅の狭い細道、カーブしながら下がって上がっている。その曲面が綺麗だ。

      0320_DSC00760
ちなみに細道の左側下がって、谷間になっている。(住所:東京都品川区上大崎3丁目8と9の間)

      0227_DSC00833_1
この坂はいい、しかし名無しの坂だ。電車で恵比寿駅から目黒方面へ、ガーデンプレイス前に坂がある、その反対側、山の向こうの坂だ。

 

      0227_DSC00833_2
狭くて車は通れない真っ直ぐでない路地がいい、谷町との関係や景観もいい。さらにV字で折り返すところに崖を上る建物のらせん階段がある。なんだかいろいろな要素が面白いことになっている。


0227_DSC00844
反対側のV字路にたつ建物も塀をふくめてカッコいいことになっている。



   0226_04
螺旋階段を少し登った所からみる。崖や坂、建物の構成がわかり安いポイントだ。(住所:東京都渋谷区恵比寿4丁目7−8近辺)



      0207_1026_3
なかなかの高低差の谷町だ。こちらは側は鮫河橋谷町の途中にある東福院坂。対岸に見えるのが須賀神社男坂。写真は坂の勾配はうまく引き出せない、だいたい勾配がゆるく映る。例外がこのような対面坂で、向こう側との対比で高低差がだせる場合がある。対面の男坂の色が白く、その先の白い建物と同化してより高低差があるように見えている。(住所:東京都新宿区若葉2丁目)

      1015_0143_1
本日の夕焼けのありえないくらいの色だった。黄色からオレンジ、やがて赤に雲が変わり綺麗だった。登り坂は空をみあげるので、空がきれいにみえる。細切れの雲がとても美しい。


      1015_0155_1

この駒沢通りの坂は富士見坂だった。富士山を電線が横切る、これが世田谷区の富士見坂だ。(住所:東京都世田谷区中町5丁目近辺)

1009_5266_1
坂道は夜がいい。ここ新宿区の西坂も幅が狭く、かつ曲がりくねった感じがとてもいい。周囲の擁壁や住宅は新しくなっているが、この細く曲がりだけでも面白く、擁壁や家で囲まれた空間も面白い坂である。坂名の由来は字本村の西に位置していたためとある。近くの霞坂もお勧めの坂である。(住所:新宿区中落合2丁目7近辺)

      1008_0242_1
神奈川県の溝の口を探索していて見つけた、ねもじり坂からの脇道、
その下がった所の246号線の歩道橋。坂道の角度と歩道橋の関わり方が構築物的にかっこいい。(住所:神奈川県川崎市高津区下作延2丁目30−1近辺)


0710_4132_1

S字状にあがった坂で、とかく楽しい。写真はその途中の丸く回ったところだ。「町内(駒込西片町)より南の本郷田町に下る坂あり、石坂と呼ぶ」と新撰東京名所図会にかいてあるらしい、名前の由来はわからない。なんだかF1のモナコを思い出す。(住所:東京都文京区西片1丁目8−4近辺)


↑このページのトップヘ