夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:品川区

0825_DSC03961_1
立会川の先、クランクする勝島運河。クランク真ん中は眺望がいい、品川方面のビル街が見える。途中飛び出たとこに傘テント。こりゃキャンプじゃないほうのよう。とてもいい配置で、背景を有するところ。

0825_DSC03957_1

0825_DSC03963_1

0825_DSC03966_1
(住所:東京都品川区勝島1丁目2−1近辺)

0824_DSC03971_1
勝島運河にある、つり船宿いわた。裏側はフェンスで囲っていてなんだかわからいが建物は倉庫のようでカッコいい。反対側からも船が止まってあまり見えないが、低い屋根がリズムカルいい。赤い東京湾の空が背景になるといい感じになる。

0824_DSC03970_1

0824_DSC03973_1
(住所:東京都品川区東大井2丁目6-13近辺)

0823_DSC04016_1
青物横丁駅近くの旧東海道の交差点、カドにうまく配置された屋台。オープンな空間をまるで制している配置、まるでセット、演劇舞台みたいだ。(住所:東京都品川区南品川3丁目5−9 近辺)

0820_DSC02154_1
小さな鳥居が見えるからてっきり神社かと思ったら五反田不動教会というお寺だった。カド正面の門の先に建物が斜めに建ち、左側の鬱蒼している木と対比。白く塗られたブロック塀がすべてをうまく調和している。(住所:東京都品川区西五反田1丁目13−15近辺) 

      0817_DSC02150_1
池上線のガード下、五反田桜小路。蛇行道で見通せないガード下横丁。新しい黒い金属の外壁店舗ながら、界隈空間を生み出しそうな予感もする通り。

      0817_DSC02140_1

      0817_DSC02141_1
(住所:東京都品川区西五反田1丁目12-1近辺) 

      0628_DSC02097_1
見慣れないバランス、L字溝がほぼ半分か4割を占める。縁石部分を入れて50cmだから、1mか1.2mくらいの細道。しかも途中で緩やかにクランクして、面する住宅や緑も豊かな細道。

      0628_DSC02099_1

      0628_DSC02104_1

      0628_DSC02098_1
(住所:東京都品川区西品川近辺)

      0626_DSC02119_1
東急池上線の谷山橋から、目黒川で削られた台地のへり地帯。その向こうの五反田低地を見る。背景の街並みにレールが線が美しい。(住所:東京都品川区大崎4丁目12−1近辺)

0624_DSC02131_1
東急池上線、五反田~大崎広小路駅の池上線五反田高架下。前面ガラスと黒金属で統一された区間があり、夜風景がとてもいい。低い庇のラインと店前の通路もいい構成。

0624_DSC02135_1

0624_DSC02134_1
(住所:東京都品川区西五反田1丁目15−6近辺)

      0423_DSC00101_1
川跡の戸越銀座から少し上がった台地の上、脇道に井戸があった。植栽で埋め作らされた姿が美しい。戸越銀座近くのいい感じの街並みにて。

0423_DSC00099_1
(住所:東京都品川区豊町1丁目13-17近辺)

0418_DSC00083_1
戸越銀座商店街の通りに面する宝徳稲荷大社。片側のビルは新しく、鳥居も社もそれぞれ新しくなっているのだろうけど、鳥居からみる商店街だでも雰囲気がかわる。

0418_DSC00074_1

0418_DSC00079_1

0418_DSC00091_1
(住所:東京都品川区豊町1丁目3-15近辺)

      0409_DSC00192_1
東急電鉄の下神明駅の近く、高架ガードの横にいい感じの隙間路地がある。接する建物の鋭角ぶりも、路地に面するトタニズムぶりもいい。ガードと建物の隙間がさらにいい。

      0409_DSC00193_1

      0409_DSC00190_1

      0409_DSC00195_1
(住所:東京都品川区二葉1丁目5-15近辺)

0408_DSC00213_01
東急電鉄の大井町駅の高架下、敷地高低差があり、道路側と裏側の風景が変わる。道路側の商店は1層だが、裏側から見ると2層、3層になっている。ホームで広がった四角い柱が連続する奥に集落のように並んでいる。

0408_DSC00231_1

0408_DSC00219_1

0408_DSC00235_1
(住所:東京都品川区大井1丁目1−16近辺)

   DSC00125_1
戸越公園駅前にある戸越公園駅前ビルにはテント商店街がある。オレンジ色のテントがパースペクティブ上に狭まる。そしてほとんどビルの隙間のなってゆくオモシロイ通り。反対側にもいくつか出入口があり。一つはテント撤去のようだが。複数出入口の商店街はいい空間になる。

DSC00158_1

      DSC00134_1

      0406_DSC00166_1

      0406_DSC00171_1

0406_DSC00160_1

      0406_DSC00161_1

     DSC00153_1
(住所:東京都品川区戸越5丁目-19近辺)

0404_DSC00117_1

0404_DSC00106_1
熊本藩主細川家の下屋敷跡、回遊式庭園だったが、今の残る東庭園部の倍以上の西庭園があったところ。公園化されてギリギリ庭園の面影もある感じ。なんせ、メインの眺めにキケンの看板も入る。夜は方向から水辺にうつる世界が美しい。

0404_DSC00116_1

      0404_DSC00115_1

0404_DSC00111_1
(住所:東京都品川区豊町2丁目1−30近辺)

0402_DSC00064_1
裏方に徹する鉄骨フレームとハイブリットな構法、集成材のシザーストラスアーチの量感が圧巻な戸越銀座駅。改札反対側の踏切からのほうが美しく見える。大きな鉄骨梁が長手方向にあり細い柱で支えているが、組んだ集成材の存在でほとんど気がつかない。

0402_DSC00062_1

0402_DSC00066_1

0402_DSC00063_1
(住所:東京都品川区平塚2丁目16−1近辺)

0330_DSC00045_1
西洋の庭園には迷路(メイズ、ラビリンス)があるが、日本庭園にはほとんどない迷路。これは公園で遊具での迷路だが、透けているのに迷いそうな線状に魅了される。(住所:東京都品川区西五反田5丁目6-23近辺)

0530_DSC08578_1
目黒川の削った台地斜面に建つ居木神社。参道向こうが下がっていくのがわかる。提灯門と鳥居と2つの境がそれぞれの雰囲気の空間をつくる。

0530_DSC08579_1
(住所:東京都品川区大崎3丁目8−20近辺)

0518_DSC08568_1
大崎3丁目坂道、名前のついた歴史ある坂でもなさそうだがとてもいい。隣接するマンションの1階店舗部分の階段、歩道、坂道、隣地階段と4つの流れがぶつかりながら調和している。

0518_DSC08570_1
右側の隣地階段もなかなか。5連続の車止めが手摺。(住所: 東京都品川区大崎3丁目1−8近辺)

↑このページのトップヘ