夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:和光市

0908_DSC02866_1
川越街道の白子宿、ここは少し外れるかもしれない。白子川近くの牛房通りに建つ蔵のある古民家。美しい木塀に大きい建物なのに低い瓦屋根、ポイントになる立派な蔵。通りに対して完璧な立ち姿。

0908_DSC02868_1

0908_DSC02865_1
(住所:埼玉県和光市白子1丁目近辺)

0903_DSC02869_1
天王様の坂の下り、左側の道は白子川の削った台地に上がってゆく。どちらも違ったうねりの曲がり道。先が見通せない不思議な気持ちになるY字路。(住所:埼玉県和光市白子2丁目3−64近辺)

      DSC02887_01
和光市白子の台地突端の造成地、車を通す関係でかなりな切土になったのだろう。凄い擁壁と階段。削ったあとが見えるようだ。遠景の景色もいいところ。

DSC02889_1

DSC02886_1
(住所:埼玉県和光市白子近辺)

      0807_DSC02877_1
和光市白子の台地の高低差、約11mのところにある階段。ほぼ建物4層分で3連続階段。踊り場の奥行があって上からと下からの見え方が変わる。一番下は不思議な斜め階段。

      0807_DSC02875_1

      0807_DSC02876_1

      0807_DSC02873_1

0807_DSC02884_1

      0807_DSC02879_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目27−69近辺)

0731_DSC02864_1
50m先は板橋区の和光市白子の低地にある銭湯 浩乃湯。唐破風玄関の銭湯には珍しく広い場所、前面に駐車場があるり、どうどうとした立ち姿。車の赤い灯りで照らされる姿も面白い。

0731_DSC02863_1
(住所:埼玉県和光市白子1丁目24-39近辺)

1115_DSC09955_1
白子川が削った台地突端、牛房八雲神社がある西側の坂。上から見ると曲がった先に見える低地風景が美しい。角に立つ2本電柱と街灯の近景と遠景との対比もいい。

      1115_DSC09949_1

      1115_DSC09954_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目3−53近辺)

      1024_DSC09930_1
和光市白子を上がる台地にある百段階段。かなりの高低差、通りからは細道で階段を上がる。途中の階段曲りから振り返ってみると、交差点の灯りが美しい。

      1024_DSC09921_1

      1024_DSC09926_1

      1024_DSC09939_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目5−12近辺)

   1012_DSC09963_1
白子川が削った台地突端、牛房八雲神社がある西側、曲がった変形Y字路に、スロープと階段が同居する通り。斜面地の苦労がカタチに表れてオモシロイ。階段なのかスロープなのかもちょっと判らないところも。

   1012_DSC09960_1

   1012_DSC09968_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目3−62近辺)

↑このページのトップヘ