夜散歩のススメ

上野タケシがススメる夜散歩。

タグ:台東区

0128_DSC04754_1
松屋浅草前の地下入口看板が新しくなってしまった、浅草地下街。地下街入口階段の曲り、広がり具合もいい。店が閉まった深夜近くだが、その分この地下街通りの構成が良くわかる。銀座線からの曲り道、古い店構えに新しい店舗。やはり天井の配管の凄さに目が奪われる。

     0128_DSC04726_1

      0128_DSC04740_1

0128_DSC04742_1

0128_DSC04750_1
(住所:東京都台東区浅草1丁目1-12近辺)

0110_DSC04568_1
山谷地区の夜散歩で好きなところがある、それが「いろは会商店街」。何度か通っているがアーケード撤去と聞いてみたが、昨年11月末時点では部分撤去だった。ここは、路地で寝ている人が多いところで、冬でも40人くらいいた。いろいろ問題もあるのかもしれないが、商店街の許容力、都市の優しさを感じるところだったりする。

0110_DSC04575_1


   0110_DSC04572_1
(住所:東京都台東区日本堤1丁目29-3近辺)

0104_DSC04606_1
山谷地区エリアの旅館登喜和。2階バルコニー腰壁の「トキワ」穴がオモシロイ。バルコニーが曲面で少し出ていて、立体的にもいいが、その他のデザインもキッチリしている。

0104_DSC04610_1

0104_DSC04609_1

0104_DSC04611_1
お隣の若葉荘もベットハウス(簡易宿泊施設)特徴の2段窓で、この2つの建物セットで面白い。(住所:東京都台東区日本堤2丁目1−8近辺)

1207_DSC04592_1
いろは会商店街アーケードの横道、日本堤1丁目いわゆる山谷地区にはまだまだ面白いベットハウス(簡易宿泊施設)が多くある。この建物は高さが高めの2階建て? 3層分くらいの高さだが窓から判断すると4階ぽいデザインになっている。バナキュラーデザインの凄さここにあり。

   1207_DSC04587_01
(住所:東京都台東区日本堤1丁目20−1近辺)

1228_DSC04600_1
その近くにも新しいかんじだが、これも2階建てなのに各階窓が2つで4階建にもみえるが、玄関などをみているとだんだんわかってくる。窓近くの壁付室外機も乱立ながらどこか秩序たっている。(住所:東京都台東区日本堤1丁目39-11近辺)

   0421_DSC09036_1
浅草の周辺を横断していた時に、ふと立ち止まってみえた浅草ひさご通りの門。提灯と照明が綺麗で赤い列柱の並びが美しい。遠くから見える風景だからこそよく見えることもある。(住所:東京都台東区浅草3丁目17−4 近辺)

   0324_DSC09019_1
隅田川の吾妻橋から桜橋までほぼ1kmの桜並木、桜なんか咲いてなくても水面にサクラが。提灯の桜色が水面の波効果なのか、綺麗だった。もう咲いている雰囲気をかもちだしていた。(住所:東京都台東区今戸1丁目1−10近辺)

   0418_DSC04586_1
東京の中の古い商店街で、今だ元気な商店街が谷中銀座だ。昼間は散歩で通る人も多いが、夜は普通に帰り道としていろんな人が通る、うらやましい通り。

   0418_DSC04589_1

   0418_DSC04595_1
(住所:東京都台東区谷中3丁目11−10近辺)

   0121_DSC04577_1
谷中のよみせ通りと不忍通りの間にある「すずらん通り」。ゲートの照明が緑色でいまいちなのだけれども、すずらん通りに面するクリーニング屋の看板建築ファサードと不思議に融合していて面白くなっている。

      0121_DSC04582_1

   0121_DSC04571_1
(住所:東京都台東区谷中3丁目14―6近辺)

0106_DSC04612_1
谷中の街角に位置するカヤバ珈琲。街角のエッジにあったデザイン、屋根以外の四角四角がきいている。夜の閉まったあとでも街灯りや信号の色を拾って、綺麗にみえる。(住所:東京都台東区谷中6丁目1−29)

      1105_DSC08357_1
鶯谷駅の北側、ラブホテルが隣接するエリア。駅線路に面するエリアにこれだけラブホテルがあるのも珍しいエリア。脇道だが照明が赤くいい感じのエリアがある。左の万上旅館はリニューアルの部屋の写真が塀に飾ってあってオモシロイ。(住所:東京都台東区根岸1丁目8-16近辺)

      1010_DSC10069_1
古い地下鉄、特に連絡通路の配管は凄い。田原町の地下鉄連絡通路は深く、踊り場途中から一段天井が下がる、そこで曲がって配管がオモシロイことになっている。

      1010_DSC10068_1
(住所:東京都台東区西浅草1丁目1−4近辺)

0924_DSCN0107_01
ニイミ洋食器店の巨大顔型看板が有名な合羽橋道具街。約1キロ続く商店街は夜になるとまた別の趣がある。わずかに蛇行している道、アーケード屋根の下の旗や照明が繋がる、その上のビルが暗いのも対照的。道具街の一つの特徴的風景をなしている 。(住所:東京都台東区松が谷2丁目25−8近辺)

   0227_DSC05489_1
上野駅近くで見つけた、看板だらけの路地。色も白地と黄色地だけでなんだか不思議。よく見ると各店舗がだいたい3つ出している。なんだか仲が悪そうな路地だ。

     0227_DSC05495_1
(住所:東京都台東区上野7丁目3−6近辺)

   1005_DSC00287_01
幅広の道で、飲屋通りになっているのは珍しい、浅草ホッピー通り。店から道に客性がはみ出るのも、ここの特徴。ビルと一階の可動屋根に客席、浅草の夜のイメージはココと言う感じだ。

1005_DSC00285_1


   1005_DSC00289_1
(住所:東京都台東区浅草2丁目3−19近辺)

0202_DSC02902_1

交差点がある所に角があり、街角ができる。
ところが街角デザイン、街角の建築デザインでなかなか良いものって少ない。


0202_02

ここ、台東保健所前交差点のトタン建物のデザインがなかなかいい感じだ。
街角に対して対象的な形、なかなか象徴的になっている。


0202_03

それぞれのエレメントもオモシロイ。
(住所:東京都台東区東上野4丁目18−1)


0106_DSC01792_1
新御徒町の現場近くでのシャドーツリー。曲がって斜めの木が、影になると妙に和風になる。これだけハッキリした影だと、樹木越しの写真にも見える。(住所:東京都台東区小島1丁目6−9近辺)

   1110_DSC00097_1
鶯谷のラブホテル街に囲まれ、異様な雰囲気を漂わせる元三島神社。手前の狛犬、灯籠、樹木、階段となかなか豊かな構成となる。樹木に囲まれているためそう見えるが、本堂は建物の上に建つダイプ、右から回ると1階は別の店だったりする。

   1008_DSC08359_1
社が建つテラスの下、南側はこんな感じ。


   1008_DSC08364_1
さらに南西側、線路側は飲食店街になっている。(住所:東京都台東区根岸1丁目7−11 近辺)

   DSC00256_1
浅草のひさご通りと国際通りの間にある路地「焼肉横丁」。両サイドに焼肉屋の看板がならぶ。看板の大きさが特徴的、在日コリアン集住地が感じられる。食道園と明仁の看板は特にデカい。


      DSC00247_1

      DSC00258_1
(住所:東京都台東区浅草2丁目14−12近辺)

↑このページのトップヘ