夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:台東区

0220_DSC07779_1
お店と工房と住まいが、路地と座敷でつながる「上野桜木あたり」。3軒民家の路地がコミュニティースペースになっている。みんなの路地にパーゴラ屋根できていた。囲まれたエリアが一つの世界に。

0220_DSC07781_1
(住所:東京都台東区上野桜木2丁目15−6近辺)

0209_DSC07764_1
上野公園からみる不忍池弁天堂。キラキラ光って美しい。公園段差の階段、弁天堂は離れたほうが近く見え、階段を入れて撮ると逆に距離を感じる。借景の妙。

0209_DSC07763_1

0209_DSC07760_1
(住所:東京都台東区上野公園1−29近辺)

0206_DSC07810_1
緩やかな勾配で、幾つか曲がり建物がそれぞれ魅力的にみえてくる三崎坂。面する店舗の脇路地、バックヤードみたいな感じだが生活感あふれていい路地だった。

      0206_DSC07809_1
(住所:東京都台東区谷中3丁目2−3近辺)

0128_DSC07789_1
谷中の路地、古い民家に世継ぎ地蔵尊の祠と隙間路地。タイムスリップしたようなエリア、周辺の植栽もいい感じ紅葉していた。ここはNHK連続テレビ小説「はっさい先生」のロケ地。

0128_DSC07787_1

      0128_DSC07784_1
(住所:東京都台東区谷中6丁目近辺)

DSC07792_1

DSC07791_1
三崎坂上の通りに面する「初音六地蔵」。イルミ時期だが光方、灯り具合が負けてないくらい美しい。通り少し横に面する建物も綺麗にライトアップ。下がりかける三崎坂までのところ。

DSC07795_1

DSC07805_1

(住所:東京都台東区谷中5丁目2−5近辺)

0929_DSC01527_1
山谷地区の角地に建つ、簡易宿泊所の正徳館。両側にある穴あきブロック塀の上に屋根がつき、倉庫なのか、はたまた内部からの収納か。わからないけど道路と建物間にうまく収まり、柄もおもしろくカッコいい建物に。(住所:東京都台東区清川2丁目16−1近辺)

0910_DSC02271_1
元浅草にある4連長屋。時代により増築はあるものの、これほど完璧な長屋スタイルが残っている珍しい。ここは真ん中に後ろに抜けられる私的な通路がある。通路は暗く見えづらいが、夜のこの表情がとてもいい。周囲をみるとどんどん無くなっていきているので、ここもそんなにはもたないな。

0910_DSC02269_1
(住所:東京都台東区元浅草2丁目7近辺)

      0816_DSC02278_1
東上野の下谷神社、東側に南北をぬける抜け道がある。裏側からみる路地の雰囲気が少し濡れた石といい、いい感じだ。

      0816_DSC02279_1
(住所:東京都台東区東上野3丁目29−8近辺) 

0723_DSC02329_1
キムチ横丁にある焼肉「大門」。食品のサンプルケースが長く美しい。昨今これだけ立派なサンプルケースは珍しい。上の看板も長く、2階の灯りと3層構造になっていて美しい。(住所:東京都台東区東上野2−15−6近辺)

  0719_DSC01524_1
台東区清川にあるビル、名前は山田紙業となっている。周辺は簡易宿泊施設が多く、その影響か2段窓が多い。たぶん3階建てなのだけど、二段窓で階数がわからない。

0719_DSC01521_1
(住所:東京都台東区清川2丁目5−7 近辺)

      DSC02309_1

      DSC02305_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。十字に通る路地風景がいい。十字路地の短いほうがさらに奥でL字に曲がって路地裏に。ここにも店舗があり、いい雰囲気をつくる。
      DSC02299_1
手前の中路地の風景。

DSC02323_1
そして街区の外側から見る。(住所:東京都台東区東上野2丁目15-8近辺)

      DSC02310_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。建物間にある路地に直行する形の真ん中路地がある。お店のような入口、交差して、振り返ると建物と屋根テントと路地の関係が見える。
DSC02326_1

      DSC02301_1

      DSC02311_1
(住所:東京都台東区東上野2丁目15-4近辺)

      0710_DSC02321_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。この間の火事が気になったが隣も含めて綺麗に直されていた。しかも中路地は健在、店舗路地とサービススペースの融合で、街路地の雰囲気がいい。

      0710_DSC02316_1

      0710_DSC02322_1

      0710_DSC02295_1

      0710_DSC02287_1

  DSC02337_1
(住所:東京都台東区東上野2丁目15−3近辺)

   0706_DSC02344_01
上野駅正面口から北へ行ったところにある、看板だらけの路地。以前より左側の店が変わったり、床置き看板が少なくなったが、路地として多い看板。秀吉看板が路地を支配しそうだ。

      0706_DSC02349_1
(住所:東京都台東区上野7丁目3−6近辺)

DSC02276_1
六角形と菱形の模様の看板建築。昼間見ると少し柄が勝ちすぎた感じだったが、夜は街灯の色もあるが怪しい感じの面白い見え方、お勧めになる。(住所:東京都台東区東上野3丁目2−6近辺)

   0630‗DSC02198_1
総武線の浅草橋駅階段のガード下。構造体の力強さもあるが、駅ホームが重たい感じ。片持ちもあるが、頭が重い感じのプロポーションはあまり見かけないバランス。

   0630‗DSC02175_1
(住所:東京都台東区浅草橋1丁目16、17近辺)

   0629_DSC02230_1
鳥越おかず横丁の脇道、すごい路地がある。バルコニーやテントが両脇で向いあい、路地の外側を作っている。生活デザインが表にでているのに美しい路地。電線の込み合い具合や、視点奥の工事現場もどこか調和している。

      0629_DSC02222_1

      0629_DSC02236_1

      0629_DSC02220_1
(住所:東京都台東区鳥越1丁目近辺)

0627_DSC02176_1
利用している人は見慣れているだろうが、浅草橋駅ガード下、オーバーハング梁の夜の姿はどこの国かという感じの風景だ。それぞれの色の違いもあるが、夜の光の具合で色とりどり無国籍風景が広がる。

      0627_DSC02185_1

0627_DSC02173_1
(住所:東京都台東区浅草橋1丁目16、17近辺)

   0625_DSC02227_01
鳥越おかず横丁を少しいった路地、トタニズム建物と路地の影と光。建物はよく見ると2段窓と高く、木桟のデザインもいい。トタンのいろいろな色が影と光でなお美しい。(住所:東京都台東区鳥越1丁目近辺)

      0619_DSC01516_1
橋場の住宅密集地、建物間の一階通路がカッコいい。その先に住宅がある綺麗な路地に続く。途中から天井が半分斜めになる、トンネル路地。

      0619_DSC01378_1

      0619_DSC01517_1
(住所:東京都台東区橋場2近辺)

↑このページのトップヘ