夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:参道

      0916_DSC02905_1
成増の菅原神社、南側にある階段参道。道路で参道が分断され、さらに両側にあった大樹がバッサリ切られ雰囲気が変わった。それでも雨の階段参道はすっきりいい感じ。上がった先からの景色も見通せる。

0916_DSC02904_1

0916_DSC02906_1
(住所:東京都板橋区成増5丁目1−11近辺)

DSC03676_1
荏原台の先端で斜面がみえる太田神社境内。右側はずっと低地が広がる。参道階段は緑が多くみえずらい、隙間から見える広大な景色。

DSC03678_1

      DSC03677_1

      DSC03686_1

太田神社_01
(住所:東京都大田区中央6丁目3−24近辺)

      0822_DSC04220_1
日暮間もない時間帯だが閉まっていた井草八幡宮の楼門。さらに参道は真っ暗。灯籠がある参道が多いなか、いさぎよい暗さ、北参道鳥居前に大きな灯籠があるだけ。すれ違う人の顔を見えない。

0822_0DSC04217_01

0822_DSC04222_1

0822_DSC04225_1
(住所:東京都杉並区善福寺1丁目33−1近辺)

      0621_DSC01929_1
代々木八幡宮に「夏越の祓」茅の輪があった。参道先に見える輪と8の字で回る人影が美しい。参道の折れ曲がり部分の三又部分、階段先の街灯りもいい。

      0621_DSC01922_1

      0621_DSC01937_1

      0621_DSC01928_1
(住所:東京都渋谷区代々木5丁目1−1近辺)

0609_DSC01732_1
人込みを避けての夜散歩。中野区大和町の住宅街にある八幡神社。幅はないがとても長い参道がのこっている。大きくない神社、都内でこれだけ参道が細長いのは珍しい。雨に濡れた石敷床が美しい。

      0609_DSC01740_1

0609_DSC01727_1

      0609_DSC01731_1
(住所:東京都中野区大和町2丁目30−3近辺)

      DSC08269_1
楼門扉の透かし彫りの穴から見る大宮八幡宮拝殿。どこかあの世感ただよう。楼門先の左右の木も高く、楼門前の幽玄さ漂っている。少し参道手間にいくと屋台で店がありいきなり聖と俗の境界が見える。

      DSC08266_1

DSC08264_1

      DSC08271_1
(住所: 東京都杉並区大宮2丁目3-1近辺)

0115_DSC06097_1
実は裏山にある墓地の横から、下ると面白い總持寺参道。日常と非日常、聖と俗の境界が参道や門を潜るところで徐々に感じる。反対側からは鶴見駅からの帰宅者が結構通っているこの通り。

0115_DSC06092_1

0115_DSC06095_1

0115_DSC06101_1

0115_DSC06103_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区鶴見2丁目1近辺)

      1017_DSC05475_1
山王の木原山と呼ばれる台地突端にたつ熊野神社。参道を上から見下げる、緑が多く隙間から見える街灯りが、あまり見えないのがかえって綺麗な段差風景。(住所:東京都大田区山王3丁目43−11近辺)

      DSC09386_1
雨の景色はいい、参道脇の土にたまる水溜りに、狛犬がうつる。濡れた参道も美しい。

DSC09392_1

DSC09390_1

DSC09389_1

DSC09397_1
(住所:東京都練馬区石神井台1−18−24近辺)

   0312_DSC06662_1
三田1丁目の台地突端にある元神明宮。脇の石垣に台地の段差がみてとれる。参道上がった本殿先は今はビルに囲まれて、突端的位置は参道側だけだが、地形と関係が見える。

   0312_DSC06669_1
(住所:東京都港区三田1丁目4−74近辺)

   0309_DSC07647_1
等々力崖線の岬に立つ、多摩川浅間神社。4層の建物がはまっている。最上階には社殿が建っている。一番上はやはり気持ちがいい。建物上が最上から少し上がるテラスになっていて、その先の借景が美しい。

0309_DSC07639_1

0309_DSC07640_1

0309_DSC07649_1
(住所:東京都大田区田園調布1丁目55−12)


      0306_DSC09142_1
街区の真ん中にある佃天台地藏尊。細い路地にカッコいい門。その先を見上げると大きな銀杏が突き出る。民家街区、路地の真ん中を曲がった先にある地蔵尊。神木の銀杏の大きさが歴史を語る。

      0306_DSC09153_1

0306_DSC09159_1

   0306_DSC09147_1

0306_DSC09155_1
(住所:東京都中央区佃1丁目9−6近辺)


DSC08553_1
駅へのショートカットの伏見通りにある鳥居。綺麗に結界をつくるが、ほとんど八百屋のためのような感じで面白い。社は小さく道にあり、写真の人看板に隠れている。駅へのショートカットの道でもあって通りとしてオモシロイ。

DSC08557_1

DSC08560_1
(住所: 東京都杉並区西荻北3丁目1−5近辺)

      0130_DSC07950_1
中目黒駅近くの目黒馬頭観音。参道がビルの間、ビルの荷物もあり、バックヤードでもある。いろんな機能が混じる参道がオモシロイ。

      0130_DSC07954_1

0130_DSC07944_1
(住所:東京都目黒区上目黒2丁目14−6近辺)

   DSC04842_1
高低差30mの台地上にたつ高田天満宮。樹木も多く遠方が見えないが参道から高低差で広がる風景がみられる。この辺りの地形はなかなかいい眺めだ。

DSC04831_1

DSC04848_1

DSC04850_1
(住所:神奈川県横浜市港北区高田西3丁目25-1近辺)

0108_DSC05359_1
一番高い所の赤門から降る参道の法華経寺。境内の空間、光具合も美しい。夜は色々なところが語りかけてくる感じがする。
0108_DSC05361_1

0108_DSC05330_1

0108_DSC05354_1

0108_DSC05369_1
(住所:千葉県市川市中山2丁目5−2近辺)

0108_DSC06573_1
トマソンじゃない、ちゃんと機能している烏森神社の横ビルの裏階段。それなのに独立階段、あるいはトマソン的な美しさをもっている。神社との段差階段があるところで、さらに上下している。(住所:東京都港区新橋2丁目9−11近辺)

0108_DSC06563_01
烏森神社参道の両脇の店が変わって少し雰囲気がかわった烏森神社参道。新しい店テラスもいい感じだ。変わったカタチの鳥居が、境界をつくる。

0108_DSC06564_1

0108_DSC06567_1
(住所:東京都港区新橋2−15−5近辺)

   0101_DSC06719_GB_01
謹賀新年、今年もこの「夜散歩のススメ」をよろしくお願いします。
畑や山林に囲まれた牛沼の神明神社。参道の提灯が、畑のトンネルアーチと対話しているようだ(住所:埼玉県所沢市牛沼390-1近辺)

1229_DSC05440_1
参道の一番高いところに位置する赤門。一番爽快感がある地形のところ。赤門の立ち姿もいいが、大きい日蓮像との対比のところが、光具合もあり、一番美しい。

1229_DSC05441_1

1229_DSC05407_1
(住所:千葉県市川市中山2丁目-4-28近辺)

      DSC05388_1
近くの参道脇道への階段もいい。

1229_DSC05465_1
京成中山駅近くの法華経寺参道、参道街がいいスケールの通り。駅近くの黒門から緩やかに上がった先にある赤門。この参道街に綺麗に門が埋もれ、融合している感じがとてもいい。

1229_DSC05448_1

1229_DSC05449_1

1229_DSC05447_1
(住所:千葉県市川市中山4丁目15−18近辺)

↑このページのトップヘ