夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:南砂

0626_DSC02090_1
おそらく工場だったトタン建物。もっと長かったみたいで、サイド面の外壁に木がでているのが切断して塞いだようだ。切断されてもハイサイド窓や連続窓、トタンと形態。手前の植栽と飲食店にも使えそうな様相。

0626_DSC02092_1

0626_DSC02081_1
(住所:東京都江東区南砂7丁目3−15近辺)

      DSC02165_1
おそらくは排水溝などの跡道、T字の細道で外部鉄骨通路が出ている。使われていなかった時代の排水溝を思うと様になる、いろんな要素が交差する風景。

      DSC02167_1

DSC02160_1
(住所:東京都江東区南砂5丁目近辺)

0523_DSC02115_1
夜の富士塚はいい、だいたい暗い所にあり周囲の街灯りとのギャップで不思議な世界になる。富賀岡八幡宮の北側の裏にある砂町の富士塚。もともと30m北にあったもの移設のようだが、周囲の街灯りとは違う、囲まれた別世界。

0523_DSC02119_1

0523_DSC02114_1

0523_DSC02106_1

0523_DSC02104_1
(住所:東京都江東区南砂7丁目14−18近辺)

DSC06879_1
広く緩やかな江東南砂団地。建物棟もいくつもあり、有機的に45度でギザギザしているとこがあり、1階に店舗が入っている。その店舗と関係するよにオープンスペースに独立店舗群もある。

DSC06877_1

DSC06884_1

DSC06868_1
(住所:東京都江東区南砂2丁目3−16近辺)

   0201_DSC06936_1
仙台堀川を渡る越中島支線の鉄道橋。ブルー色ガードで風のない水辺に綺麗にうつる。その間を渡るのが浮橋。満ち引きがあるのともともとガードが低いためのようだ。2つのガード突き抜ける。(住所:東京都江東区南砂1丁目22−12近辺)

0125_DSC06913_1
横十間川と仙台堀川の水路交差点にある横十間川親水公園 野鳥の島。人工に島なんだけど、木木が覆い尽くして雰囲気な島になっている。日本庭園の神島とはこういったものかもしれない。

0125_DSC06911_1

0125_DSC06910_1

0125_DSC06916_1
(住所:東京都江東区南砂1丁目1-2近辺)

0124_DSC06908_1
葛西橋通りを潜る横十間川親水公園のところ、道路を潜る歩道の流れも美しいが、その上に歩道にある木が街灯で美しく輝いていた。何の木だろう、丁度真ん中あたり、向こうとこちらに、光輝きまるでオブジェか彫刻にもみえる。(住所:東京都江東区南砂2丁目8−9近辺)


0111_DSC06888_1
東陽町駅から少しいったところにある江東南砂団地の直線棟。広く幾つのタイプの建物で全貌がつかめないが、この光の漏れ方が美しい。高めの腰壁パネル、上下左右のスリットが幾つかのパターンで光っていて、何かの機械基盤のようだ。

   0112_DSC06857_1
滑り台はタコのメタファーか、オブジェみたくてカッコいい。

   0112_DSC06860_1
(住所:東京都江東区南砂2−3−14近辺)

↑このページのトップヘ