夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:南小岩

   DSC01595_01
小岩駅南口、放射状に広がる商店街で、おそらく一番古いタイプの商店街、サンロード。ゲートもキラキラだし、歩道の幅が狭く、通路屋根も特徴的。区役所の方まで続く通りで、屋根のタイプはいろいろ変わって面白い。

DSC01697_1

      DSC01698_1

DSC01695_1

DSC01594_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26-19近辺)

0525_DSC01648_1
小岩駅から放射線状にのびる幾つか商店街。ほぼ真ん中に近い昭和通りの商店街。駅から遠いほうの通り商店街看板門もいいが、途中のY字路、駐輪場になった空きからみえる商店のダンメンが面白い。
0525_DSC01654_1

0525_DSC01652_1

0525_DSC01642_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目29 -8近辺)

      0522_DSC01608_1
小岩駅前にある小岩地蔵中央通り。駅地近くの古い商店街の電線の重なりはすごい。夜だと見えすらくもあるが、交差点の動きと電線の重なりでわかる。

      0522_DSC01605_1

      0522_DSC01603_1

      0522_DSC01602_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26−4近辺)

DSC01675_1
南小岩にあったクリーニング&美容室。木製サッシ壁が美しい。増築ぽい建て方だが、しっかりとした作りの木製は珍しいし、腰壁も綺麗だ。街角の立ち姿もいい。

DSC01670_1

DSC01676_1

DSC01672_1
(住所:東京都江戸川区南小岩3丁目16−13近辺)

1004_DSC01280_1
小岩駅南口の東側にある小岩地蔵中央通り、そこにあるY字路。建物のカタチもオモシロイし、商店街の分かれ道もいい。

  1004_DSC01277_1


  1004_DSC01278_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目25-16近辺)

0617_DSC01632_1

DSC01633_1

DSC01636_1
(2019年5月)

0115_DSC01289_1
小岩駅南口のロータリーから放射線状に3つの商店街が伸びている。そのなかで一番面白いのがここ小岩サンロードだ。おそらく一番古い商店街通りなのだと思う。歩道が狭い、2人すれ違うのがギリギリな感じだ。それに屋根が構造的に持たない所は柱を立てているが基本的に片持ち屋根、まるで庇みたいに続いている。(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目27−7近辺)

0115_DSC01290_1
駅に近い方の屋根は赤色。ところどころ、高さも変わっていてオモシロイ。(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26−21 近辺)

0115_DSC01307_1
このあたりから屋根の色が変わる。(住所:東京都江戸川区南小岩8−11−8近辺)


0115_DSC01315_1
看板も黄色地になっている。道路と歩道の間に柱がない(もたない所は柱があるが)ことや、屋根が低いなどでとてもいいスケール感の商店街である。(住所:東京都江戸川区南小岩8丁目19−5近辺)


1228_01
小岩駅からフラワーロードのアーケードを南に進んで、少し行った所を右に曲がった所にある照の湯。調べると昭和28年前後に建てられたある、凄い銭湯。その玄関だけみてもわかる骨董品レベルの下駄箱、扉に欄間。

1228_02
外側は上の建物はほとんど見えず、まるで倉庫の中を入っていく感じ。

1228_03
 倉庫の屋根を潜る感じのアプローチも実にいい。

1228_04
下駄箱を写真から数えるとざっと片方で100個ある。全盛期にはそれだけ人が着たということか。この銭湯かなりおすすめ。(住所:東京都江戸川区南小岩6丁目26ー19)

↑このページのトップヘ