夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:千石

2月7日におこなれた夜散歩のススメ会11フィールドワークの模様です。

大塚駅から白山駅まで歩きました。小雨まじりでしたが、それほど寒くなかった。

 

0208_01

01.大塚1丁目の階段

鉄補強の擁壁の横にある階段と参加メンバー達。
(住所:東京都豊島区南大塚1丁目4−20近辺 )



0208_02

02.鉄補強の擁壁

大塚1丁目には台地の高低差があり、崖状の擁壁がある。

この擁壁が大谷石みたいな脆い石のためスチールで全体を補強している。

(住所:東京都豊島区南大塚1丁目4−20近辺 )


0208_03

03.コーシャハイム千石から見える谷間

ここからみえる谷間はなかなか遠方がみえる。

マンションの通路道路と既存の道が一直線に繋がっている。
珍しい通りで、スカッとぬけた感じでみえる。

正面に緑色に光っているのが東邦音楽大学で春日通りに面している。

(住所:東京都文京区千石3丁目10−13近辺)


0208_04

04.猫又橋公園への脇道

この先の大通りに小石川を渡る猫又橋があったところ。

(住所:東京都文京区千石3丁目13−14近辺)


0208_05

05.旧猫又坂からの風景

今は下の大通りが猫又坂だが、古い地図をみるとこちがら旧道。

勾配もこちらのほうがキツい。

そして上からの景観はとても気持ちいい。

(住所:東京都文京区千石2丁目19−4 近辺)



0208_06

06.千石2丁目の崖

千石の氷川坂近くにある崖コンクリ擁壁、横道を入った先にある。

立派な崖で、少し曲がる階段あるため、下からも上からも風景が楽しめる。

(住所:東京都文京区千石2丁目14−4近辺)


0208_07



07.大谷石の擁壁と階段奥の通路
大谷石の擁壁、危なそうだがなかなか立派だ。

右側の階段を上がった左奥の細道がある。

その先の降りる階段がありここの景色がいい。

(住所:東京都文京区白山2丁目5-2近辺)


0208_008

08.歯科医院と看板建築

白山閣の岬の下通り。
ここのある古い建物が歯科照井医院、奥の看板建築がいい。

(住所:東京都文京区小石川1丁目27近辺)


0208_009

09.白山台からみる

白山台地から小石川、大塚方面をみる。この日上り下りした台地。

(住所:東京都文京区白山2丁目21−4近辺)


0208_010

10.白山台からみる

白山台地から岬の白山閣方面をみる。

(住所:東京都文京区白山2丁目21−4近辺)


   1206_01
都内の23区だとなかなか地形が遠景でみえるところが少なく、またその中で探す楽しみもある。ここからみえる谷間はなかなか遠方がみえる。しかもマンションの通路道路と既存の道が一直線に繋がっている、スカッとぬけた感じでみえる。

   1206_02
階段、下に続く道もなかなか良い通りだ。風景とセットで通りmかなりおすすめな場所だ。(住所:東京都文京区千石3丁目10−13近辺)

1121_DSC09360_1
高低差があると所を歩いていると、開発の結果できた不思議な道に出会う。車が通るために段差は緩やかに、道路幅を広くに、そんなためだろうか。

      1121_DSC09365_1
この細い道は出口に所でさらに狭くなっている。狭いところで1M前後、だだでさえ幅の狭い道なのに。不思議な細道だ。
 

   1121_DSC09368_1
古い地図をみると、こちらの道の方が元々の猫又坂だったようだ。上からみる景観はとても気持ちいい。(住所:東京都文京区千石2丁目19−4 近辺)

1025_DSC09378_1
こんなところに、という感じで千石の住宅街にある、J・V・W・バーガミニー設計の教会「日本聖公会東京教区東京諸聖徒教会」。ネットでみると内部空間もなかなかだが、夜は入口の青い光りが際立つ。どことなく中世の香りがすると所が珍しい。(住所:東京都文京区千石2丁目18−4近辺)

   0919_DSC09393_1
千石の氷川坂近くにある崖コンクリ擁壁、横道を入った先にある。なかなか立派な崖で、少し曲がる階段あるため風景が楽しめる。

      0919_DSC09407_1
下からの眺める風景も擁壁が迫っていてなかなかである。(住所:東京都文京区千石2丁目14−4近辺)

↑このページのトップヘ