夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:北区

DSC07265_01
北区立赤羽公園にあるモニュメントの「大空の門」。もともと左右の螺旋を滑り台に使ていたそう。螺旋の壁が左右の角のようで面白い。夜は木々の影が重なり、曲面が強調される。

DSC07264_1

DSC07263_1
(住所:東京都北区赤羽南1丁目14近辺)

      1109_DSC07227_1
志茂の蛇行する商店街通り、志茂銀座。グーグルには志茂旧道とも書かれている。商店が少なくても、道幅が変わる昔の道路幅といい曲がりの蛇行道。雨の中、街灯の灯りが路面に広がる。

1109_DSC07231_1

1109_DSC07236_1

      1109_DSC07238_1

      DSC07218_1
(住所:東京都北区志茂4丁目38−10近辺)

      1104_DSC07223_1
志茂旧道にめんする街角の理容室。看板建築で左の旧道に向いているけど、1階の理容室だけ交差点中心に向いている。角の白と黄色のいけず石もカワイイ。

   1104_DSC07220_1
(住所:東京都北区志茂4丁目21−4近辺)

1020_DSC06927_1
長く繋がる1号棟から少し離れたところにある、赤羽北2丁目団地2号棟。メゾネットタイプで廊下が3層ごと、裏側の真ん中の繋ぎ部分もフレームスケールもデカい。奥の1号棟の全体姿もいい。

1020_DSC06942_1

1020_DSC06961_1
(住所:東京都北区赤羽北2丁目15−2近辺)

1020_DSC07183_1
旧赤羽水門を眺めるための桟橋か。夜はまっくらで夜釣りの人のために。対岸の川口市街並み、川口パブリックゴルフ場、エルザタワー55から始まるビル群が、対比して輝いていた。(住所:東京都北区志茂5丁目41−4近辺)


1017_DSC07198_1
1910年にできた荒川放水路の分岐点の旧岩淵水門。老朽化と水門の高さ不足で、昭和48年に300m下流に新しくできた岩淵水門。メンテ途中の仮設パイプが美しく、東側に渡った後に土砂降り雨で20分雨宿り、東側からの写真は濡れた後で表情も豊かに。背後遠くに街灯りを背負い美しい。

1017_DSC07199_1

      1017_DSC07200_1

1017_DSC07188_1

1017_DSC07195_1
(住所:東京都北区志茂5丁目41−2近辺)

     DSC06955_1
電車からも見える青いコア、夜は色は見えづらく、むしろ繋ぎ部分がカッコいい。共用部も昔の緩やかをもち、スロープのアールとの姿はいい。

   DSC06937_1

      DSC06938_1

DSC06957_1

     DSC06945_1
(住所:東京都北区赤羽北2丁目15-1近辺)

1015_DSC07189_1
20世紀初頭に建てられた赤い旧岩淵水門。夜辺の赤い四角の連続もいいが、実はウラガワのほうが20世紀初頭姿を現す。無骨で斜めな壁はダムのような力強さがある。

1015_DSC07181_1

1015_DSC07184_1

1015_DSC07178_1

DSC07174_1
(住所:東京都北区志茂5丁目41-4近辺)

DSC07261_1
交差点にたつどこにでもある交番、隅切り歩道に沿ってギザギザで、一部が隅切り角。信号と街灯が共演して、立体交番に不思議な色の影が生まれる。(住所:東京都北区赤羽南1丁目16−25近辺)

DSC07257_1
十字交差点に建つ鋭角建物。Y字路建物に似て角が際立つ、室外機もいい。2階窓の位置とシャッターケース上の屋根が違うがほぼ対称なカタチ。向いあうシャッターということは元店舗かな。(住所:東京都北区志茂1丁目12−12近辺)

0805_DSC01585_1
日暮里崖線に位置する地蔵坂階段とのY字路。左は高低差がある地蔵坂とその先、真中にはセレモニーホール、右は崖線上を流れてゆく。(住所:東京都北区東田端1丁目23-10近辺)

    0728_DSC01622_1
田端駅南口の駅舎近くにある不動坂。名前は駅南口付近に石造不動明王立像が安置されていて、不動の滝があったからと。古い二段階勾配の坂で、高い方はかなり勾配が緩い。石畳でいい景色でどこか不思議な間の階段坂。

0728_DSC01600_1

0728_DSC01595_1

0728_DSC01588_1

    0728_DSC01619_1
(住所:東京都北区東田端1丁目23-10近辺)

     0509_DSC01545_1
斜面地に位置する田端八幡神社、参道からまっすぐの男坂階段、脇に分かれる女坂階段がとてもいい。階段も蛇行しながら左右に鳥居や祠もあり、暗くもあり迷路空間になっていて面白い。

     0509_DSC01550_1

      0509_DSC01541_1

0509_DSC01534_1

      0509_DSC01532_1
(住所:東京都北区田端2丁目7−2近辺)

      0426_DSC01562_1
日暮里崖線の内側、谷田川の谷側にある与楽寺坂。古い擁壁がのこり蛇行道の曲線が美しい。上から眺める古い擁壁の蛇行姿も、その先の低地風景もいい。

0426_DSC01571_1

      0426_DSC01563_1
(住所:東京都北区田端1丁目25−12近辺)

0417_DSC00580_1
滝野川にある稲荷湯、定休日で中からの光がない。でも駐車場のある角からの姿がいい。大きな屋根はシルエット、入母屋造り玄関、手前の看板、背の高い大和塀と光と陰で美しい表情。と思ったら玄関脇に重文プレート、調べたらテルマエ・ロマエのロケ地銭湯だった。

   0417_DSC00594_1

   0417_DSC00590_1

  0417_DSC00585_1
(住所:東京都北区滝野川6丁目27−14近辺)

DSC00630_1
滝野川の宮元商店街と八幡通り商店街のズレた交差点の角に交番がある。宮元商店街が少し下りで通りに、古い木造町屋にぶつかる。交差点隅切りに沿った形のモダンな立体がいい。交差点と周辺建物も豊かな空間。

DSC00625_1

DSC00632_1

DSC00628_1
(住所:東京都北区滝野川5丁目12−8近辺)

0404_DSC00613_1
周辺駅からはちょうど真ん中に位置する宮元商店街。中山道の五差路に面する、大通りなので中山道からV字型に別れる形の商店街。角から両方に広がる商店街、ちょうど建物の街並み、並びが見える珍しいタイプ。

0404_DSC00622_1

0404_DSC00621_1

0404_DSC00623_1
(住所:東京都北区滝野川5丁目16−2近辺)

      0328_DSC00610_1
2段階ガードの首都高速中央環状線、非常用階段も2段階で上がるとても長い。高さを稼ぐ垂直方向への螺旋階段も2段階。通路階段も同じ感じの格子で中から漏れる灯りが美しい。

   0328_DSC00606_01
(住所:東京都北区滝野川6丁目44−13近辺)

0322_DSC00013_1
尾久橋通りの日暮里・舎人ライナー、背が高いガードに不安定な柱脚。交差点で右折車線が増えて、柱脚がズレた。不安定ながらチカラがカタチに出ている。(住所:東京都北区田端新町1丁目20−8近辺)

0307_DSC00565_1
商店街のゲートが坂の上にある滝野川市場通り。少ない坂道商店街で坂上という絶妙な位置にあるところが面白い。市場通りという名に惹かれて調べるとかつては「安売りの街は北区滝野川にある谷端の市場」と言われた有名な商店街。

  0307_DSC00574_1
(住所:東京都北区滝野川7丁目25−12近辺)

↑このページのトップヘ