夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:北区

      0807_DSC03404_1
東口広場から道路越しに見える、赤羽の自由の女神。男性専用のカプセルホテル「サウナ&カプセル 錦城」の看板で、自由の女神像から「ニューヨーク=入浴」を想像となるらしい。サウナ自体は2016年いっぱいで閉店だが、なんとか残っている。(住所:東京都北区赤羽1丁目3−7近辺)

0705_DSC01357_1
赤羽一番街の飲屋街、OK横丁の先にあるのが明店街。無造作な提灯が通路の上にある。カドの飲屋さんがとても元気。夕暮れ時はいい感じの飲屋街通りだ。

      0705_DSC03511_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目20-3近辺)

0702_DSC03627_1
赤羽の台地には幾つの川跡谷間があり、住宅地の間や隙間からいきなり凄い遠景がみえる。赤羽自然観察公園と赤羽駅を結ぶ川跡の谷間風景は美しい。くの字に曲がる階段が手前に入ることによって左側台地と谷間の段差がわかる。右側の台地と谷間の段差は緑地ラインでわかる。

  0702_DSC03617_1
(住所:東京都北区赤羽西4丁目20-10近辺)

      0629_DSC03573_1
赤羽駅から少し離れた、赤羽飲屋街と少し雰囲気が違った路地がある。この路地はとても看板が綺麗にみえる。東側の方からだと看板が綺麗にズレてほぼすべてみえる。

      0629_DSC03579_1

      0629_DSC03563_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目63-1近辺)

0628_DSC03588_01
赤羽駅から少し離れたところにある「焼豚米山」。中も人が一杯、路上で飲んでいる感じがとてもいい。調べると結構な有名店。赤羽エリアの奥の深さは凄いなと感じつつ。建物と路地、それに使い方がとてもいい。

      0628_DSC03586_1
(住所:東京都北区赤羽1-64-7近辺)

0626_DSC03484_01
赤羽の飲屋街はエリアは面白い。一番街、シルクロード、明店街、OK横丁といろいろな通りがある。そのOK横丁の脇道で、東口のロータリーにつながるT字路地がある。駅方面の路地は2階が繋がって、下を潜ることができる路地。いい体験ができる。

      0630_DSC03493_1
建物が2階で繋がり、下をくぐるところ。その先が駅前空間につながる。(住所:東京都北区赤羽1丁目16−4近辺)

   0622_DSC03444_1
赤羽の一番街シルクロードのアーケードには脇道がある。脇道なのだけれども天井がアーケードよりも高く、それが不思議なプロポーションで、どこか市場的なワイルドさがある。出口は街にあいた穴みたいだ。

   0622_DSC03450_01

   0621_DSC03430_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目22−4近辺)

   0621_DSC03413_1
18時前後になると活気あるアーケード街、赤羽の一番街シルクロード。昼間から飲んでいる人もいるくらいだが、この時間帯の少し煙った感じで、アーケードの細い骨組みとテントがカッコいい。

      0621_DSC03521_1

   0621_DSC03422_1

0621_DSC03426_1





(住所:東京都北区赤羽1丁目23−3 近辺)

0614_DSC03656_01
本当は赤羽台のマンションから、自然観察公園の窪地を撮りたかった。11階からだともっと遠くの世界、下がった5階からでも広大な景色だった。手前の窪地谷間よりも遠くに日暮里崖線が写った。美しい街灯りと左から崖を削り、右にながれてゆく道が動脈のようにも見えた。(住所:東京都北区赤羽台2丁目近辺)

0610_DSC03604_1
三日月のような流れを採り込めた。てっきり逆さの曲りが由来だと思っていた三日月坂。実は坂を上に三日月茶屋があって、それが由来だった。それでも美しい流れ、そこから見える谷間の風景がいい。(住所:東京都北区赤羽西1丁目24−3 近辺)

      0112_DSC09834_1
上十条の稲付谷にある細く長い階段。何人かの人がFBにあげていて場所がわかり、ここあたりの地形を見たときにみる。夜にここ下るのはかなり勇気がいる。私道というか人の家に入っていく感じだ。でもその隙間からみえる谷間の風景、見上げた階段が続く風景はなかなかだ。

      0112_DSC09845_1
(住所:東京都北区上十条5丁目29−10近辺)

1207_DSC00040_1
上十条の稲付谷、松本さんのFBをみていきたくなったエリア。谷間途中の細道なので、自転車の止め方もオモシロイ。右の屋根とほぼ同じ高さ、道路との段差がある擁壁部分にうまく収めている。これぞ生活の知恵的な収め方。植栽も擁壁下にうまく収まっている。

      1207_DSC00062_1


   1207_DSC10051_1
この通りの奥の方の建物や景色もオモシロイ。高低差がある細道、解決案もいろいろ。階段のある段差風景はなかなかだ。(住所:東京都北区上十条5丁目近辺)

   1206_DSC10099_1
十条仲通り商店街の途中にある店舗、真ん中がそのまま裏道に抜ける通路になっていた。その上のバルコニー壁は石張りなり。立体的な構成もなかなかだ。(住所: 東京都北区上十条3丁目29 -14近辺)

      1119_DSC09909_1
稲付谷の谷間途中の路地には面白い風景がある。狭い路地に階段も階段とスロープと玄関通路。段差がある地形、広がらないだけに狭いところにうまく収まっている。

      1119_DSC09908_1
(住所:東京都北区上十条5丁目40−14近辺)

  1115_DSC09999_1
稲付川跡の稲付谷は上から見れるところが幾つかある。その中でもここからの風景は一番だ。駐車場から覗く、窪んだ地形がわかる。クランク階段に手摺が綺麗なバルコニー空間が美しい。(住所:東京都北区西が丘2丁目25−3近辺)

   1114_DSC09929_1
北区上十条、西が丘に位置する稲付谷。かつては稲付川が流れていた谷間の地形は面白い。その斜面途中の極小独立階段。T字道路にスロープや補修で、独立している感じになっていて面白い。(住所:東京都北区上十条5丁目42−8 近辺)

   1109_DSC09819_1
稲付谷周辺の地形は、蛇行する川跡谷間、それに支流谷間といろいろ複雑だ。その分、上からの眺めは素晴らしい。階段越しに見える谷間、向こうの台地、さらにもっと向こうに赤羽の高層建物がみえる。

  0210_DSC09807_1
下から上を眺める。地形にあった道路と建物の関係もいい。(住所:東京都北区十条仲原4丁目14−12近辺)

      1107_DSC09968_1
北区上十条、西が丘に位置する稲付谷。かつては稲付川が流れていた谷間の地形は面白い。いろんな要素があるが、まずは斜面途中の階段路地。車が通れない生活道路だが、擁壁や階段、それに少しコケが生えたら路地がなかなかいい。玄関格子から漏れる光も綺麗だ。(住所:東京都北区上十条5丁目17−6近辺)

      1107_DSC09916_1
少しいったところにある斜面途中の路地もなかなかいい。右側は擁壁で、階段の段差があるため上からのぞいた感じになる。(住所:東東京都北区上十条5丁目42−2近辺)

↑このページのトップヘ