夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:佃

   0421_DSC09193_01
佃の古い街区、島の形状がのこるところ。田の字状の路地の街区。新しくなっているところが多いのだが、ところどこに古い町並みのカタチが残っている。

0421_DSC09200_1

0421_DSC09187_1

      0421_DSC09171_1
(住所:東京都中央区佃1丁目近辺)

      0416_DSC09177_1

      0416_DSC09182_1
月島の路地も狭いが、幅が一層狭くなるのが佃島の路地。それでも通り抜けられる。途中に路地空間に生活空間が混じるような感じがする佃島の路地。

      0416_DSC09206_1

      0416_DSC09214_1
(住所:東京都中央区佃1丁目近辺)

      0306_DSC09142_1
街区の真ん中にある佃天台地藏尊。細い路地にカッコいい門。その先を見上げると大きな銀杏が突き出る。民家街区、路地の真ん中を曲がった先にある地蔵尊。神木の銀杏の大きさが歴史を語る。

      0306_DSC09153_1

0306_DSC09159_1

   0306_DSC09147_1

0306_DSC09155_1
(住所:東京都中央区佃1丁目9−6近辺)


   1025_DSC06101_001
2丁目に路地や民家が残っているエリアがある、とくに誰かが手をいれているわけでもない、リアル路地だ。給湯機、室外機、バルコニー、植栽と豊かな要素が路地を作る。向こうに新しいマンションがみえるのもこのエリアの特徴。(住所:東京都中央区佃2丁目13−4近辺)

↑このページのトップヘ