夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:京成本線

      DSC01725_1

      DSC01724_1
江戸川を渡る京成本線の鉄道橋。電車の橋、鉄骨造の床なしなので真っ暗。下から眺めると電車が通った時だけ光る。下りが左側を通った時は右が光り、上りが右側を通った時は左側光る。なんだか不思議な写真に。

DSC01717_1

DSC01718_1
(住所:東京都江戸川区北小岩3丁目24−1近辺)

0504_DSC00867_1
京成関屋駅近く京成線の土手下にある十一面観世音堂。地元に愛された祠のようだ。平坦地の足立区柳原に川や鉄道の土手で風景が切られる、その下にある風景がこのあたりの風景。(住所:東京都足立区柳原1丁目34−15近辺)

0428_DSC00863_1
京成関谷駅のすぐ横にあるガード下。ガードよりも左右の擁壁が妙に有機的でカッコいい。その先の四角いガード部分と対比がいい。額縁のようで、その先の見える景色も変わってみえる。(住所:東京都足立区千住曙町5−7近辺)

DSC00881_1
京成本線が荒川と並行に流れる綾瀬川を渡るところにある5スパントラス橋。短いトラス橋なのだけど、コンパクトで独立感がつよい、ちょっと可愛いい感じに見えてくる。(住所:東京都葛飾区堀切4丁目27−1近辺)

      0421_DSC00869_1
京成本線のガード下、道路と斜めに交差して鉄骨がカッコいい。その先に見える倉庫などの街並み風景もいい。夕焼け空に良く似合う。

   0421_DSC00873_1
(住所:東京都足立区千住曙町16-3近辺)

0719_DSC05023_1
京成本線の尾竹橋通りガード、道路とガードが鋭角で交わるため、構造スパンが長く、支える柱梁構造体が不思議な4列になっている。外側の2列がコンクリートで、内側の2列が鉄骨。間が歩道になっていて、道路歩道の三層空間がいい空間だ。

0719_DSC04974_1

0719_DSC04996_1

0719_DSC05025_1

0719_DSC05038_1
(住所:東京都荒川区荒川7丁目42近辺)

0717_DSC05000_1
京成本線の尾竹橋通りガード下のY字路カッコいい。ガードを支えるコンクリートと鉄骨の2重の柱梁、右側京成本線の高架橋の出梁風景、左側は駅中心地に向って光が強くなる、この対比もいい。

0717_DSC04988_1
反対側のカットも黄色い注意鉄骨が入り面白い。(住所:東京都荒川区荒川7丁目42近辺)

↑このページのトップヘ