夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:交差点

DSC04982_1
町屋駅近く、京成本線のガードの脇の交差点。T字交差点の突き当りにあるる建物、看板部分から少し切妻屋根が出ている。おそらくは後からの付け足し屋根だろうけど、白地に赤い外壁が家の中に家が、入れ子構造のように見えるハウスインハウスだ。

      DSC04990_1
(住所:東京都荒川区町屋1丁目21−11近辺)

1109_DSC05047_1
江戸川堀暗渠道と脇道。木々が頭に被さり、街灯の影が不思議な立体感を生んでいる。暗渠路地と影の競演が美しい。江戸川堀暗渠道は道路との交差点、そして光と影がいい。

      1109_DSC05048_1

      1109_DSC05061_1

      1109_DSC05065_1

1109_DSC05046_1
(住所:東京都荒川区町屋4丁目25−10近辺)

DSC04041_1
旧東海道と目黒川の交差点、品川橋の脇、街角に立つ旧交番。今は使わていない感じの様式デザイン交番。街角のへた地にひっそりだが、旧街道と川の交差点に面する位置的には重要な位置。

DSC04022_1
(住所:東京都品川区南品川1丁目3−3近辺)

0830_DSC03886_1
ここは五差路で交差点真ん中が盛り上がっている。立会道路はしらべてみたら立会川跡の暗渠だった。メインの通りが暗渠で左右にいくところが橋の名残で盛り上がった、そんなところか。(住所:東京都品川区二葉1丁目23-1近辺)

0803_DSC03054_1
神田川笹塚支流、和泉川暗渠道はいい。赤い弾力舗装路面、置かれた円盤型プランターと椅子型の街灯柱脚コンクリがとてもシュール。そして2つの交差点、色んな要素満載で美しい。

0803_

0803_DSC03060_1

0803_DSC03050_1
(住所:東京都渋谷区本町4丁目29−5近辺)

0707_DSC02459_1
変形ψ(プサイ)字路の交差点。路地もいいが2つの鋭角建物もいい。2階建てと4階建ての建物、高さもデザインも違うのに鋭角敷地のカタチと少し壁が曲がり流れる感じで兄弟みたいだ。

0707_DSC02477_1

0707_DSC02479_1
(住所:東京都中野区東中野1丁目5−9 近辺)

      0522_DSC01608_1
小岩駅前にある小岩地蔵中央通り。駅地近くの古い商店街の電線の重なりはすごい。夜だと見えすらくもあるが、交差点の動きと電線の重なりでわかる。

      0522_DSC01605_1

      0522_DSC01603_1

      0522_DSC01602_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26−4近辺)

DSC09521_1
墨田区のこの辺りは道も広く、東西と南北に道が綺麗に走り、四角い街区が多い。その街角の隅切り部分の残地の植栽。建物のためよりも街角、交差点、街に対してがいい。(住所:東京都墨田区横川2丁目7-9近辺)

0314_DSC09055_1
中野北口飲屋街の昭和新道商店街にある百軒横丁の提灯街並み。交差点街並み風景と隅切り建物がいい。提灯だけでも横丁雰囲気がかわる。

   0314_DSC09061_1

0314_DSC09065_01

0314_DSC09077_1

0314_DSC09078_1
(住所:東京都中野区中野5丁目53−8近辺)

0210_DSC08137_1
沖縄タウンの和泉名店街と暗渠道の交差点。暗渠道のほうに少しくだる和泉名店街。めんそ~れ大都市場の壁と暗渠風景もいい。

0210_DSC08139_1

0210_DSC08093_1

  0210_DSC08142_1

      0210_DSC08145_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目3−16近辺)

DSC07117_1
亀戸駅近くの京葉道路と明治道路の交差点、8角形の横断歩道橋が交差点にはまっている。階段踊り場からみえる隙間風景が美しかった。(住所:東京都江東区亀戸6丁目26−3近辺)

   0120_DSC06409_1
雨にぬれていたこともあがる、交差点の歩道白線に目を惹かれる。斜めの交差の交差点なのに綺麗にシンメトリに見える。グラフィックみたいだ。(住所:神奈川県横須賀市若松町3丁目5近辺)

1130_DSC02202_1
ドラマ「獣になれない私たち」にでてくる鬼子母神の参道。参道途中の建物を出演者の事務所として使っている。その交差点、建物に寄ったカットが多かったが、もう少し離れて手前右の建物もなかなかいい、参道曲がり角。

1130_DSC02172_1

1130_DSC02176_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目19−10近辺)

1130_DSC02226_1
参道の中間には、テレビ店舗用に改築したようだ。この建物の2軒先の建物がいい。

1130_DSC02214_1
東京の中でも街中にある、日常が見える参道でオモシロイところ。写真は鬼子母神での赤テント公演で帰る人達。普段はこんなに人はいない。

1102_DSC00921_1
練馬区と板橋区の境界のK字路に立つ三又の馬頭観音。昔は三又路だったのか、今は変形のK字路になって、4方向からそれぞれに見え方が変わる。路面の三角白線との関係もオモシロイ。何よりも道路、車の流れに抵抗して建っていた。

DSC00923_1

DSC00912_1

DSC00926_1

1102_DSC00918_1
(住所:東京都練馬区北町1丁目45−10近辺)

0811_DSC06526_1
広い道路、狭い道路のつなぎ方、ちょこっと鋭角に敷地が出る。離れ平行な道路白線と歩道曲面縁石からくる曲線の合体。さらに横断歩道の線が混じり、不思議なえになる。交差点は実態じゃない、何かを表したところもオモシロイ。(住所:東京都墨田区立花6丁目2−15近辺)

DSC05542_1
川越市役所交差点前に建つ手打ちそば百丈(旧湯宮釣具店)。木造3階建ての看板建築、各階でデザインが変わるアールデコともいえるデザイン。少し離れた電柱からのライトが近くて強く、立体が浮かび上がるランドマークになり、凄く目立つ。

      DSC05544_1
(住所:埼玉県川越市元町1丁目1−15近辺)

0727_DSC05882_01
残堀川流路は変遷を重ね、玉川上水に繋がって時期もあるが、その後立体交差に。今は玉川上水がサイフォンの原理で、残堀川の下を潜る「伏せ越し」となっている。そのため交差の醍醐味は見えないが、サイフォン前の玉川上水の溜まりに一羽の水鳥が。まるで置物のように風景も相まって美しい。

0727_DSC05890_1

0727_DSC05892_1

0727_DSC05891_1
(住所:東京都立川市上砂町4丁目4近辺)

0424_DSC01237_1
狭山丘陵と青梅街道に挟まれたところにある、原山の地蔵尊。その前の道の曲り具合が古さを感じる。地蔵尊と道路の関係は興味深い。

0424_DSC01240_1
(住所:東京都武蔵村山市中央3丁目56−1近辺)

   0303_DSC06241_1
既存の街に無理やり押し込んだような西新宿ジャンクションは凄い。3層で2つが分かれるタイプだ。受ける梁のスパンもめちゃめちゃだ。それにしても重そうな構造体だが、カッコいいぞ。

0807_DSC05154_1


     0303_DSC06237_1

     0303_DSC06230_1

0807_DSC05159_1
(住所:東京都渋谷区初台1丁目47−4近辺)

↑このページのトップヘ