夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:交差点

      1104_DSC07223_1
志茂旧道にめんする街角の理容室。看板建築で左の旧道に向いているけど、1階の理容室だけ交差点中心に向いている。角の白と黄色のいけず石もカワイイ。

   1104_DSC07220_1
(住所:東京都北区志茂4丁目21−4近辺)

0810_DSC02585_1
名前のある商店街通りが多い足立区関原。関原銀座会、関三通り商店街、関原イーストロード商店街の3つの十字交差点。交差点の角ビルの時計屋さんには壁時計があり、不思議なところに。

0810_DSC02591_1

      0810_DSC02589_1

0810_DSC02588_1
(住所:東京都足立区関原3丁目4−5近辺)

DSC02662_1
本木新道から一本入ったジグザグ道路。浸水性レンガ舗装で綺麗になっても、道の蛇行が歩道白線でよく見える。交差点も含めてとても魅力的な道に。

DSC02663_1
(住所:東京都足立区本木東町17−15近辺)

DSC05871_1
小名木川と横十間川の交差点、クロスにかかる小名木川クローバー橋。十字形の橋だが、カタチは正十字よりも一本だけ短く、十字架型に近い。下からみたほうが軽快な感じ、やはり使いやすいと見え、渡る人が多い。一角にある公園もいい。

DSC05872_1

DSC05877_1

DSC05868_1

DSC05875_1
(住所:東京都江東区大島1丁目1−1近辺)

DSC02360_1
亀戸駅近くの京葉道路と明治道路の交差点にある8角形横断歩道橋。細く交差点にはまり、取り囲んでいる。地面、階段踊り場、空中通路レベルとそれぞれ見え方が変わる。

DSC02354_1

DSC02347_1
(住所:東京都江東区亀戸6丁目59−1近辺)

      DSC02165_1
おそらくは排水溝などの跡道、T字の細道で外部鉄骨通路が出ている。使われていなかった時代の排水溝を思うと様になる、いろんな要素が交差する風景。

      DSC02167_1

DSC02160_1
(住所:東京都江東区南砂5丁目近辺)

      DSC02062_1
銀座線の車両が所属する東京メトロの車両基地「上野検車区」。道路と交差して軌道遮断式踏切、地下へのトンネルを覗く、手前が暗くトンネル入り口付近は明るいが先が見えなくなる。地下世界をのぞく不思議な体験、そして青いフレームがある不思議な交差点。

      DSC02054_1

DSC02066_1

DSC02057_1

DSC02053_1
(住所:東京都台東区東上野4丁目25−2近辺)

   0520_DSC00994_1
西小岩通り会の交差点にあるビル。窓が8角形でいろいろなパターンがある。隅切り角の8角形窓がカワイイ。(住所:東京都江戸川区西小岩1丁目22-9近辺)

   DSC03352_01
谷戸前川暗渠との交差点に鋭角に建つ家。暗渠脇や鋭角地の建物は面白くなる、特に2階が出っ張って不思議な形態になる。

   DSC03356_1

      DSC03350_1
(住所:東京都目黒区中町2丁目1−8近辺)

0429_DSC02789_1
足立区の関原通りは長く、幾つか商店街がある、ここは関原不動商店街のズレた交差点のY字路部分に立つ、商店店舗の背の低いトタン倉庫。片面にびっしりとおかれた植木鉢置き、路上園芸なY字路。

0429_DSC02793_1
(住所:東京都足立区関原1丁目16−5近辺)

DSC00630_1
滝野川の宮元商店街と八幡通り商店街のズレた交差点の角に交番がある。宮元商店街が少し下りで通りに、古い木造町屋にぶつかる。交差点隅切りに沿った形のモダンな立体がいい。交差点と周辺建物も豊かな空間。

DSC00625_1

DSC00632_1

DSC00628_1
(住所:東京都北区滝野川5丁目12−8近辺)

0320_DSC00746_1
北小岩2丁目の交差点、北小岩川の支流跡道が絡み、六差路になっている。低層住宅地に対して緩やかな幅の交差点に、水路跡が絡む鋭角カド風景がかなりいい。路面の白線も横断歩道線だけじゃなく、点線で複雑に。

0320_DSC00743_1

0320_DSC00744_1

0320_DSC00740_1
(住所:東京都江戸川区北小岩2丁目24−5近辺)

0305_DSC08238-1

0305_DSC08225_01
梶谷津川暗渠のある珍しい五差路。東側の道からだと4つに分かれる道のようで、3枚変形写真で並べると、分かれ道と角の建物の並び建つ姿がいい。交差点と高低差ありの暗渠道と階段という豪華な組み合わせ。

   0305_五差路地形_01
(住所:東京都板橋区赤塚1丁目29−24近辺)

DSC08408_1
五差路が多い新井薬師周辺、ここは十字交差点の一街区が半分になった感じ。ちょうど目立つカド建物は建物正面じゃなくて側面。正面的な位置を外したかのような側面デザイン。(住所:東京都中野区新井5丁目10−1近辺)

DSC08494_1
目白通りに面する鳳山酒店(大正12年)、店構えも内部の様子が見えるのいい。横の通りは目白台地の高低差を一挙に下る富士見坂。引き込まれるそうな雰囲気。街角の対比がいいこの場所。(住所:東京都文京区目白台1丁目15−8近辺)

0209_DSC09641_1
人形町、旧吉原のなごり大門通りの交差点。両側の建物の表情が良かった。看板長屋建築に、様式が混じる和風カド建築。真ん中で見るより、斜めから両方をなめる感じがいい。

0209_DSC09611_1

0209_DSC09582_1
(住所:東京都中央区日本橋人形町2丁目8−5近辺)
※人形町の旧吉原は明暦3年(1657年)の大火、振袖火事でほとんどが焼失。営業は40年くらいで浅草に移転。

0130_DSC08383_1

0130_DSC08365_1
松が丘の五差路、妙世寺川の侵食台地の段差のところ。五差路の南側道路からくると4つに分かれる道に、西側高低差の段差が加わり面白い交差点。北側からの高い所から見る風景もいい。

      0130_DSC08377_1

   0130_DSC08371_1
(住所:東京都中野区松が丘1丁目23−1近辺)

0129_DSC08547_1
弦巻商店街(弦巻通り商友会)と坂の交差点にあるラーメン屋「都電テーブル雑司ヶ谷店」。角地で透明カーテン(シャッター、折れ戸)が美しい。縦線で透けて内部のカンターが見える。坂上からみる交差点と街角店舗の関係もいい。

0129_DSC08544_1

      0129_DSC08558_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷2丁目21−6近辺)

0127_DSC09119_1
成増駅南側商店街の交差点、鋭角部に建つ縦シャッターの小さな建物。たぶんタバコ屋さんだった感じの建物。家の角地に増築みたいに独立的立ち姿。(住所:東京都板橋区成増2丁目20−6近辺)

DSC08415_1
新井薬師門前の五差路交差点の一番狭いY字路建物。カラフルな三面装テンのケバブ屋さん。右道が新井薬師門で、左道もビル並びがいい。カラフルな色で目立つがさらに真ん中のストライプも良く、Y字路部分に浮き立つ。

DSC08411_1

DSC08418_1
(住所:東京都中野区新井5丁目2−3近辺)

↑このページのトップヘ