夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:中野区

   DSC01687_1
人込みを避けての夜散歩。野方駅かた近く小規模な団地だが雰囲気がいい。リノベされ綺麗で、地形も含めていい感じの団地楽園。5号棟のスターハウスは木々の影が落ちて不思議な壁面に。4号棟のスターハウスは独立して見える、真中階段から光りが漏れ、換気口構成のアルミ窓がカッコいい。

  DSC01690_1

  DSC01694_01
(住所:東京都中野区野方5丁目7近辺)

   0530_DSC01672_01
人込みを避けての夜散歩。野方駅前商店街、野方本町通りとみつわ通りをつなぐ小路にある「野方 笑い地蔵尊」。戦後の苦しい生活のなか笑いを取り戻すとの願いと商店街繁栄祈願の地蔵尊。ブルー色の灯り街並みに赤い提灯がばえる。

   0530_DSC01675_1
(住所:東京都中野区野方5丁目18−13近辺)

   0319_DSC09063_1
中野駅北側にある中野飲み屋街エリアにある三京ビル。長屋調の店舗なのか、1階は看板や改築で見えずらいが、壁凸凹のデザインがなかなか面白い。2階に窓がないのも不思議なビル。

   0319_DSC09059_1
(住所:東京都中野区中野5丁目56−15近辺)

      0229_DSC09074_1
中野駅北側にある中野飲み屋街エリア、ブロードウェイ入口前を横切る白線通り商店街。街灯もいいが看板にのまれてつつある。肉のネオンが飛ぶ、不思議な通り。

      0229_DSC09073_1

      0229_DSC09077_1
(住所:東京都中野区中野5丁目52−1近辺)

   DSC09100_01
中野駅北側にある中野飲み屋街エリアにある中野新仲見世商店街。そこに東京では珍しくなった四角の路地広場がある。周囲は密度がたかい飲み屋街に囲まれて、ここだけ空が広い。
あとからここが自然発生的に見えて、実は昭和20年代の位置指定道路だったと聞いてビックリ。(住所:東京都中野区中野5丁目55−10近辺)

      0222_DSC09130_1
中野駅北側にある中野飲み屋街エリアのふれいロード。何時からか提灯が舞っていた。このエリアそれぞれ通りが少しづつ変わって特徴的に。夕暮れ時の帰り道にあう通り。

   0222_DSC09112_1

      0222_DSC09114_1
(住所:東京都中野区中野5丁目53−4近辺)

      DSC09048_1
中野サンモールアーケードの脇道の中野北口五番街。中野サンモールに面する建築のウラガオとヨコガオ、集落ぽい形態に。五番街商店街の看板からの先の通りもいい。

      DSC09052_1
(住所:東京都中野区中野5丁目58−6近辺)

      0206_DSC09035_1
中野駅北側にある中野飲み屋街、東西方向の通り、中野駅北口三番街。三角のステンド絵の街灯が美しい。乱立する看板にも負けず、融合して、夕焼け時に美しい通りに。

      0206_DSC09032_1
(住所:東京都中野区中野5丁目59−10近辺)

0205_DSC09070_1
中野飲み屋街のT字交差点。通りにあまり電柱が建てられないのか、片持ち鉄骨で電線をつなぐ。電線の方もT字に分かれる。交差点なので電線も不思議な曲がりに。(住所:東京都中野区中野5丁目55−17近辺)

      0104_DSC07015_1
中野駅南側エリアに行き止まり路地からさらに路地がある。路地というよりも建物と建物間の路地、だんだん狭まってゆく。その横にアプローチ路地もあり、面する壁の要素、向こうの街灯りと美しい狭い路地。
      0104_DSC07010_1
(住所:東京都中野区中野3丁目近辺)

      1227_DSC06973_1
中野駅南口の中野3丁目35エリアにある、十字路地店舗。駅近くのビルのうらにある十字路地がのこる店舗エリア。華美ではない単純な丸電球がまっていた。これくらいが路地にはいいバランス。

      1227_DSC06957_1

      1227_DSC07040_1

      1227_DSC06977_1
(住所:東京都中野区中野3丁目35−5近辺)

      1229_DSC06992_1
電飾で綺麗なレンガ坂商店街。レンガ敷で坂道の商店街で両側にゲートがある。ゲート間で雰囲気が作られて、そこに坂道という動きがあっていい。

      1229_DSC07045_1

      1229_DSC06980_1

      1229_DSC06988_1

      1229_DSC07047_1
(住所:東京都中野区中野3丁目36−4近辺)

      1222_DSC06925_01
中野駅南口の中野3丁目35エリアにある、桃園稲荷神社脇の石畳路地。こんな駅近くにまだ残る面白い路地店舗エリア。その中でもこの石畳路地は、植栽や生活感も出ている路面、路地の左右面をつくる建物の表情もいい。
1222_DSC07002_1

      1222_DSC06948_1

      1222_DSC06938_1
(住所:東京都中野区中野3丁目35−1近辺)

      1214_DSC07036_1
中野駅南口の西側エリア、ビルの裏に古い路地がのこされている。その行き止まり通りからの風景。行き止まりで込み入る電線の先に赤い屋根の建物「桃園会館」。遠景には白い中野サンプラザが見える。遠景中景近景と世界がそれぞれ違う。(住所:東京都中野区中野3丁目34−18近辺)

      DSC08933_1
妙正寺川上高田支流の住宅に挟まれた暗渠道。上高田4丁目あたりは暗渠道に落ちる街の影が美しい。隣接する落合斎場の駐車場通路と交差するところも、歩く細道の体験としても面白い。

DSC08936_1

      DSC08945_1

      DSC08961_1
(住所:東京都中野区上高田4丁目3−7近辺)

DSC04686_1
沼袋駅前にある背が低い不思議な角建物。どうやら材木店だったような感じだ、文字が見えなくなった看板もある。脇の植栽路地もここだけ時代が違う感じ。

DSC04692_1
(住所:東京都中野区沼袋1丁目36−10近辺)

DSC04694_1
沼袋駅周辺の商店街、少し脇道、路地裏ぽい商店街の街角。街角の隅切り建物の立ち姿がいい。すこし様式ぽい装飾なんだど、隅切り部分の庇デザインがいい。街角から通りにも影響する。(住所:東京都中野区沼袋1丁目39−3近辺)

0926_DSC04668_1
沼袋駅前商店街の脇道先にある銭湯「一の湯」。入口手前に不思議な透明波板鉄骨造の屋根構築物がある。もともとあったもの利用か、アーケード的なもの再利用か、まったくわからなかったが、新しい銭湯玄関への中間領域をつくる。

  0926_DSC04678_1

0926_DSC04681_1

   0926_DSC04667_1
(住所:東京都中野区沼袋1丁目39−7近辺)

0915_DSC04662_1
沼袋駅前の沼袋親交会商店街、駅へと向かう道は高低差があり下がってゆく感じがいい。東側に一本入った路地にもいい感じの飲み屋路地がある。

0915_DSC04682_1

0915_DSC04684_1
(住所:東京都中野区沼袋1丁目45−4近辺)

      0806_DSC03024_1
駅から少し離れたところにある弥生町三丁目の川島商店街。いい感じの商店街通りだが通り遠方に都庁が見える。近くではそうでもないが、遠方からみえるこの色はちょっと異様だ。この通り、空き地から見える商店街のヨコガオも幾つかいい感じのものがあった。

     0806_DSC03026_1

0806_DSC03030_1
(住所:東京都中野区弥生町3丁目7―5近辺)

↑このページのトップヘ