夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:中野

   0320_DSC09013_1
中野駅の東側、住宅地と路地な街並み。その中の打越天神北野神社の境内が広がる。住宅が密集するなかのヌケがきいている。拝殿横に天神伏見稲荷神社の鳥居が連なる姿もいい。(住所:東京都中野区中野5丁目8 -1近辺)

0319_DSC09040_1
中野駅の東側は、商店街を過ぎると、いい感じの住宅街。その古いブロック、穴の間隔がポップな感じがいい。後ろの古い民家のとの対比、一番下のブルーコンクリ擁壁と三層構成が面白い。(住所:東京都中野区中野5丁目37 -27近辺)

   DSC09090_1
中野新仲見世商店街に面する通称「蜂の巣ビル」のワールド会館。階段も蜂の巣型でいろんな方向にいくので迷宮になっている。商店街の奥の方に雑居ビル感満載で建っている。(住所:東京都中野区中野5丁目55 -6近辺)

0314_DSC09055_1
中野北口飲屋街の昭和新道商店街にある百軒横丁の提灯街並み。交差点街並み風景と隅切り建物がいい。提灯だけでも横丁雰囲気がかわる。

   0314_DSC09061_1

0314_DSC09065_01

0314_DSC09077_1

0314_DSC09078_1
(住所:東京都中野区中野5丁目53−8近辺)

   0308_DSC09094_1
中野新仲見世商店街にある広場、飲食店街ながらこういった広場は珍しい。路地の隙間から広がる空間もいい。最近なのか電飾ピカピカの店舗も顔をだしている。

   0308_DSC09081_1
(住所:東京都中野区中野5丁目55 -11近辺)

0307_DSC09034_1
知っている人だとすぐわかるプロポーションの中野サンプラザ。路地先にその斜めが見える天神川(谷戸川)暗渠道。大谷石の古い塀との対比が美しい景観に。

      0307_DSC09038_1
(住所:東京都中野区中野5丁目27−6近辺)

      0305_DSC09052_1
中野駅北口のアーケード横の路地がいい。いきなり細い路地、提灯の灯りの先の横路地があり、上にはビル屋上にある看板。ロータリーから狭くなり、そこから広がる世界。

      0305_DSC09046_1

      0305_DSC09126_1
(住所:東京都中野区中野5丁目63−2近辺)

   0303_DSC09108_01
中野飲屋街の一角にあり、通りがズレて中庭的通路をもつ、中野新仲見世商店街。ズレた通りでY字路になる。真ん中の建物の正面性もいい感じ。商店街エリアのなかのいいY字路はいがいと珍しい。(住所:東京都中野区中野5丁目55 -9近辺)

  0227_DSC09072_1
ココは以前、斜めに昭和新道商店街の看板ゲートがあったところ、今は百軒横丁の提灯が周囲にはある。無くなって交差点に面する隅切り建物達の美しさに気がつく。特にミュージックバーベスパの建物がカワイイ。

  0227_DSC09070_1
(住所:東京都中野区中野5丁目54 -8近辺)

      0515_DSC01099_1
中野駅北口の中野飲み屋街、昭和新道商店街エリアの新街路に昨年つけられた提灯。百軒横丁と名付けた通り。同じ提灯を通りにつけるだけでも通りとして生きてくる。お店の提灯も同じような感じが妙に同化している。

0515_DSC01096_1
(住所:東京都中野区中野5丁目48−5 近辺)

      0425_DSC01156_1
中野駅北口ロータリーに面する路地。オープンスペースから一変して世界がかわる狭い路地の世界。ところがここ、路地とその先の横通り、さらに上部にはビル屋上お看板と3つの世界が同居している。狭い路地世界ながら広がっている。(住所:東京都中野区中野5丁目63−2近辺)

      0330_DSC01152_1
中野サンモールのアーケードに面する建物内の抜け道。建物の中をぬけるのはあまりなく、途中でビル隙間の路地に変わる。そこから見たところ右側は建物内の抜け道、左側には対比的な配管がカッコいい。

      0303_DSC01147_1
(住所:東京都中野区中野5丁目65−11 近辺)

   0913_DSC09435_1
S字道路は全部は見えないが、高低差があり向こうが下がって谷間になっているので、なんとなくS字を感じられる道路。住宅にはいる右の階段もいい(住所:東京都中野区中野2丁目13−2近辺)

0907_DSC09387_1
中野で見つけたY字路にたつ建物。出窓の下線がアール、ボコボコデザインで鼻らしき線にも見え、目と口があり顔建築にみえてきた。目立つY字路の立ち姿もいい。(住所:東京都中野区中野3丁目15−5 )

   0829_DSC09397_01
美しい、おもわず立ち止まった。
8月最後の日曜日だからか、高円寺から東中野を雨の中散歩したら、幾つかの町内祭りにであった。公園を利用した町内祭りの花火、おそらく最後のナイアガラの滝的花火。直線に並べた花火で美しかったが長く、周囲が煙だらけ、まるで火事のようだった。煙の中で透ける傘の絵も美しい空間だった。(住所:東京都中野区中野3丁目29-4近辺)

     1212_DSC00269_1
中野北口飲屋街のふれあいロードと狸小路の交差点にある建物。3階コーナーをバルコニーが回っていて、なかなか面白い。コーナーのデザインって結構重要だな。(住所:東京都中野区中野5丁目56−16近辺)

      1210_DSC00280_1
名前のある商店街だけでも10をこえる中野北口の飲屋街。横道のような三番街をサンモールアーケードから撮る。三角の街灯が3個づつある、その形も綺麗だが、真ん中に歩く人がなんともいえず、いい感じだった。

   1210_DSC00182_1
サンモールアーケードと並行して通る、ふれあいロード。表通りのアーケードに対していわば裏道、しかもアーケードよりも長く、裏通りなんだけど妙に賑やかだ。万国旗がよく似合う。(住所:東京都中野区中野5丁目59−11近辺)

     1204_DSC00195_1
中野の飲み屋街エリアにある通称蜂の巣ビルの「ワールド会館」。2つの階段がさらに枝階段がついていて、図形的構成なのに迷路になっている。同じようで少し違うそれぞれの表情、なかなかめぐると楽しい。ファサードデザインはそのまま階段の構成で蜂の巣状のデザインになっている。今はアニメ関連の看板に浸食されつつあるが、この雑居感はなかなか調和されているが面白い。

     1204_DSC00238_1

1204_DSC00236_1

     1204_DSC00225_1

     1204_DSC00228_1
(住所:東京都中野区中野5丁目55−6)

   0716_DSC09313_1
JR中野駅の北口、サンモール商店街とふれあいロードの間にある一角に中野新仲見世商店街がある。ここは道路の具合で接合点が広場のようになっている。その広場に大きな木があり、いいオープンスペースになっている。左側の「川二郎」はこの時間から人が並んでいる人気居酒屋。(住所:東京都中野区中野5丁目55−10近辺)

0405_DSC02675_1
東京都中野区にある設計:広瀬鎌二の「SH-60(1960年)」。SHとはスチール・ハウスで60は番号。住宅なので中は見れないですが、写真左側のキャンティレバー(片持ち)の浮いた部分は中庭テラスで、空にだけ開けている建物。なんといってもこちらかのカットがカッコよく、斜面に対してのデザインが明解です。夜の姿も何とも言えず、後ろの植栽も陰で写って不思議なものとなっています。(住所:東京都中野区中野近辺)


↑このページのトップヘ