夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:中通り

      0202_DSCN4260_1
聖蹟桜ヶ丘は、駅の両サイドの大型店舗が建ち、商店街があまりなくつまらない。そんなわずかにのこる商店街から裏道にぬける桜ヶ丘中央ストアーは面白い。メイン入口の荻原靴店の木製看板もなんともいえない。

      0202_DSCN4260_2
中通の天井は台形で、斜め部分が金属板。寒々しくなりがちな蛍光灯の光が、金属板の輝きと以外と似合う感じだ。(住所:東京都多摩市関戸2丁目39−9)


      0130_0305_1
あまり知らない新宿2丁目をぷらっと歩く。20年前はもっと男の人の視線が違っていた感じを受けたが・・・。時間帯のせいだけか。調べると「都主導の区画整理と再生化で2丁目も一般人の街になりつつある」と書かれてもいる。

      0130_0305_2
それでもこのビルの中通りは面白い。おそらくはゲイバー通りといったことろこか。
 

      0130_0305_3
もう少し踏み込まないとわからない街だな。新宿二丁目一帯はもともと赤線地帯、江戸の内藤新宿の中心はむしろこのあたり、新千鳥街にはその名残がある。(住所:東京都新宿区新宿2丁目18エリア)

      0119_DSCN1250_1
TV東京のドラマ「まほろ駅前番外地」結構面白い。もともとマンガがあり、映画になって、テレビドラマで瑛太と松田龍平が主演で大根仁さんが監督やっている。2話をみていたら、横浜の野毛がロケ地で結構使われていた。

      0119_DSCN1250_11
私も昨年に野毛にいった所で、都橋商店街と旧バラ荘と有名な所もあったが、一カ所、気になった所を使っていた。街区を通しての建物内の横丁、調べると「たべもの横丁」だった。

      0119_DSCN1251_11
たべものというよりもスナック横丁と言う感じだ。中に入ると途中で通路が狭くなる。柱も壁から少しずれてあったり、いったいどうやってこの形になったのかわからない。しかしなんかいい雰囲気をかもちだしていた。(住所:神奈川県横浜市中区野毛町2丁目74、75)

↑このページのトップヘ