夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:中川

      1024_DSC04582_1
おそらく古墨田川の支流、暗渠緑道だと思う。住宅街の緑道が道路歩道に変わるところ。木彫の進入禁止やガードの配置が少しおかしく、だんだん住宅の前庭に変わっている。歩道と前庭の融合が面白い。

      1024_DSC04584_1

      1024_DSC04578_1
(住所:東京都足立区中川3丁目11−8近辺)

      DSC04609_1
葛飾区と足立区の区界、古墨田川の跡にある緑道。ストライプの白色が夜はとても輝く。覆いかぶさる木々の影が美しい。

DSC04603_1

      DSC04614_1

      DSC04617_1
(住所:東京都葛飾区亀有5丁目58−2近辺)

1013_DSC04574_1
普通の住宅街にあるラウンドアバウト(環状交差点)。丸く縁石で段差があるだけで、無造作に進入禁止ポールが4つ。不思議にちょっと広い、何かしらのコミュニティー空間が生まれそう。

1013_DSC04567_01

1013_DSC04568_1
(住所:東京都足立区中川3丁目11−21近辺)

1002_DSC04632_1
夜さんぽで、最近綺麗になったと思う店舗の一つにサイクルショップがある。新旧の建物もガラス面が多く、中からの照明で自転車の細い繊細な線が綺麗にみえるからか。(住所:東京都足立区中川4丁目28−17近辺)

0928_DSC04596_1
足立区中川3丁目住宅街のラーメン屋さん。アルミフレームの赤いアクリルテントと目立つ。角地で両側入口で街角照明のようになっている。(住所:東京都足立区中川3丁目1-13近辺)

0925_DSC04590_1
そんなに多くはないが、たまにとても惹かれる交差点がある。何がいいのか?この微妙なズレ、歩道白線の流れるような線、街角建物の看板ライト。住宅地と店舗が混じる街角、なぜこのようなズレか惑わされる。(住所:東京都足立区中川3丁目1−14近辺)

0727_DSC02698_1
江戸川区のほぼ真ん中を流れる中川。西側土手、松本から川越しにみる鹿骨と東松本の街並み。程よいスケールの街並みの隙間からもれる灯り。対比的に高い鉄塔が2塔あり、右側は東小岩変電所。(住所:東京都江戸川区松本2丁目19-19近辺)

   0721_DSC02686_1
江戸川区のほぼ真ん中を流れる中川、架かる古い橋、鹿本橋と歩道橋。下からみると2つ柱脚、橋桁の違いもあり、バラバラながら、平行に伸びる姿が美しい。

0721_DSC02683_1

0721_DSC02685_01

0721_DSC02682_1
(住所:東京都江戸川区松本2丁目7−15近辺)

   1120_DSC01542_1
蛇行する中川の周辺には多い。氾濫とか水の事故が多かったからか。この奥戸馬頭地蔵尊の敷地、三角地での残され方がオモシロイ。こうなると象徴的になる。

      1120_DSC01549_1

1120_DSC01546_1
(住所:東京都葛飾区奥戸1丁目16-9近辺)

DSC01563_1
奥戸あたりの蛇行する中川。丁度大曲りのこの辺りから見ると、対岸の東立石緑地公園の島のように見え、まるで大河。左右川の先はさらに蛇行で見えなくなる。水面のゆれが艶めかしい街灯りをつくる。

DSC01568_1

DSC01572_1

DSC01581_1
(住所:東京都葛飾区奥戸1丁目23-14近辺)

0522_DSC02195_01
中川護岸から首都高速中央環状線を見る、その向こうには砂町の街並みがバックで写る。少し高く歩く人がいない護岸、見える風景は美しい。と思っていたら階段の影に、地元の若い高校生くらいの人達がこの夜景を楽しんでいた。高速道路の灯りが水辺に落ち、鉄塔や船着き場とサブキャラもあり、豊かな風景となっている。(住所:東京都江戸川区北葛西2丁目1−4近辺)

↑このページのトップヘ