夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:中央区

0121_DSC07186_1
築地7丁目、建物がなくなり駐車場に。そこから見える2軒繋がり、建築のウラガオ。独立してたつ孤立感も構成主義ぽいパッチワークも美しい。(住所:東京都中央区築地7丁目近辺)

      0120_DSC07172_1
築地6丁目周辺はビル化がすすむ一方、狭い隣地路地がのこっている、ライトアップされているところからも生活路地のようだ。なかなか魅力的な路地、入り口左側の雨戸ケースの銅板板金デザインも凄い。

      0120_DSC07175_1
(住所:東京都中央区築地6丁目近辺)

   0118_DSC07223_1
中央区湊、亀島川沿岸の表側は銅板葺きの町屋。おそらく商売をやっていたような建物だが奥の風景がいい。後ろ側に個人所有の稲荷神社なのか鳥居がある。周囲は高層建物に囲まれつつあるエリアだが、高い空と鳥居の対比風景。(住所:東京都中央区湊近辺)

   0116_DSC07110_1
築地6丁目の普通の民家なんだけど、その時代の作り方は一緒でもデザインセンスが見え隠れする1階の庇が角地左右面に繋がり、出窓と開口部の構成。夜の影のよる立体効果もあって美しい。(住所:東京都中央区築地6丁目近辺)

0115_DSC07210_1
中央区立湊公園の護岸のスロープ、距離が必要でスペースをとるが、流れをつくり空間を支配している。このエリアの水辺はあまり活用されていなく、灯りも少ない。対岸の月島超高層の並びが綺麗にみえるところもある。

0115_DSC07221_1
(住所:東京都中央区湊2丁目16−19近辺)

     0112_DSC07178_1
築地6丁目に残る看板建築の酒屋と民家。並び建つ立ち姿がいい。このエリアの特徴でビルで高いところと低層の建物が混在、そのためか上の空がとても広く見える。(住所:東京都中央区築地6丁目近辺)

  DSC07271_01
天ぷら躍金楼の脇道からのヨコガオ、正面よりも凄い。茶室のような多窓。今は1階は厨房関連の勝手口、2階は木質ルーバーの塀から植栽が見える。グーグルアースで上から見ると昔は此方が玄関だったようにも見える。

DSC07265_1
(住所:東京都中央区新富1丁目10−4近辺)

   DSC07279_01
正確には屋根じゃなくて防音壁なんだけど。でも屋根に見えるここ三又橋の三吉橋、下を首都高速都心環状線が通る。地下にあるのは築地川跡と連絡水路跡を利用したため。都市の裂け目にも見える屋根の隙間。

   DSC07287_1
(住所:東京都中央区銀座1丁目28−11近辺)

   0106_DSC07171_1
築地6丁目、古い建物がのこる路地がある。ここの路地は隣接建物が建て替わり路地が少し広がった感じ。広がったことにより路地先の建物が美しく綺麗に見える。左側の古い民家のバルコニーとの相性が抜群。そんな路地になる。

0106_DSC07165_1

     0106_DSC07170_1

      0106_DSC07168_1
(住所:東京都中央区築地6丁目近辺)

DSC07231_1
鉄砲洲稲荷神社の北西隅にあり、ビルに囲まれる富士塚。ビルとの比較か、祠や鳥居の大きさとの比較か、ミニチュアにも見える富士塚。胎内窟もあり、この穴の方向からが一番スケールがわかる感じだ。

      DSC07233_1

0106_DSC07234_1
(住所:東京都中央区湊1丁目6−2近辺)

1225_DSC07127_1
築地6丁目、通りをとおして板張りの民家が続く。ある時代の要素がそのまま残る通りとしてはここが一番かもしれない。木製のそれぞれの風化、色合いが違いながら調和する姿がいい。

  1225_DSC07119_1

1225_DSC07133_1
(住所:東京都中央区築地6丁目7−7近辺)

      1224_DSC07092_01
築地6丁目の路地。庇や2階の凸凹や配線や配管、いろんな要素が都市の路地空間をつくっている。豊かなる隙間路地。

      1224_DSC07095_1

      1224_DSC07098_1

      1224_DSC07091_1
(住所:東京都中央区築地6丁目近辺)

      1220_DSC07201_1
遠景に見えるリバーポイントタワーの超高層と右手前の汐見地蔵尊の灯りの対比が凄いと思っていた。ところがその左公園真ん中の遊具がさらに極小で色鮮やか。三つのスケール対比が面白い。(住所:東京都中央区湊3丁目18−22近辺)

   DSC07080_1
日本の街にはヨーロッパの街のような都市広場があまりない。と思っていたらこういった空間もある。古い長屋が立ち並ぶ一部が駐車場の空き地になり、取り囲む建物とセットで都市広場、広場街並みになっている。

     DSC07088_1

DSC07108_1

DSC07085_1

1215_DSC07076_1
反対側は、頭が綺麗に並ぶ看板建築の街角。(住所:東京都中央区築地6丁目3近辺)

   1213_DSC07138_1
場外エリアからはずれるが、築地6丁目にもいろいろ凄いのが残っている。この銅板葺きの外壁が有名な看板建築だが、続く長屋建物も含めて「いい壁」として街に存在している。

   1213_DSC07139_01
(住所:東京都中央区築地6丁目12−8近辺)

      1125_DSC03378_1
銀座金春通りの昌栄ビルと松屋ビルの間から入る金春小路。工事が終わってもあまり変わらない配管のパワー。路地はバックヤード的でもあり、ひっきりなしに業者の荷物運び、それに裏から入る一般人が混じる、不思議なビル隙間の金春小路。

      1125_DSC03757_1

      1125_DSC03384_1

      1125_DSC03761_1

      1125_DSC03383_1

      1125_DSC03767_1
(住所:東京都中央区銀座8丁目7−6近辺)

       1115_DSC03375_1
BAR RECADO(バー リカード)の看板。文字のデザイン赤とオレンジの組み合わせもカッコいいが、空間的に黒い壁で下から飛び出るような流れをつくる。(住所:東京都中央区銀座6丁目4-14近辺)

      1108_DSC03353_01
ここは知らなかった銀座6丁目4の配管路地。グーグルで確かめるとお店の看板が路地に増えた感じだが、それだけで印象が変わり、裏なのにちゃんとした路地に見えてくる。銀座パワーはさすがですね。(住所:東京都中央区銀座6丁目4−15近辺)

   0421_DSC09193_01
佃の古い街区、島の形状がのこるところ。田の字状の路地の街区。新しくなっているところが多いのだが、ところどこに古い町並みのカタチが残っている。

0421_DSC09200_1

0421_DSC09187_1

      0421_DSC09171_1
(住所:東京都中央区佃1丁目近辺)

      0419_DSC09296_1
八丁堀2丁目にある路地。路地真ん中にめんする建物上に大きな木。入り口の理容室の横には植栽だけじゃなくいろころなものが。混沌としながらいい感じの路地。

      0419_DSC09299_1

      0419_DSC09300_1

      0419_DSC09304_1
(住所:東京都中央区八丁堀2丁目15-8近辺)

↑このページのトップヘ