夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:中央区

      0804_DSC03975_1
十思公園の時の鐘「石町時の鐘」を登る螺旋階段。この螺旋階段は20年前に施工会社から依頼で図面を描いたもの。邪魔にならないデザインでスチールの縦格子で納めた。雨の日、いい影がのびていた。

      0804_DSC03983_1

0804_DSC03987_1

      0804_DSC03980_1
(住所:東京都中央区日本橋小伝馬町5−19近辺)

DSC04064_1
横山町の問屋街は、夜は店が閉まっていて寂しい。夜はそんな街をみるのが面白くもある。斜めの道路があり角のビルが目立つ、この街区の特徴の一つ。

      DSC04069_1

DSC04104_1

DSC04075_1

DSC04071_1
(住所:東京都中央区日本橋横山町8−9近辺)

      0607_DSC04097_1

      0607_DSC04088_1
地下鉄東日本橋駅の上、清州杉通りから一本入った真ん中排水溝の路地。雨で濡れて綺麗に光る。路地先の両方側の建物も美しく光る。片側は焼き肉屋、反対側は自転車を吊っていた事務所。

      0607_DSC04083_1

0607_DSC04086_01
(住所:東京都中央区東日本橋3丁目12−9近辺)

DSC04012_1
横山町・馬喰町の問屋街の新道問屋街の1/4円形の看板のある交差点。通り口の黄色いビル。夜は人がいない問屋街でいいところ。

      DSC04001_1

      DSC04007_1

DSC04045_1
(住所:東京都中央区日本橋横山町6−10近辺)

  0412_DSC09623_1
人形町にある街角の歯科建物、不思議な構成。一階の角から一面が洋式、絡むように和風の要素。隣の寿司屋との並びもいい、反対側は一つの建物だけど色んな要素でバロック的なデザイン。

0412_DSC09617_1

0412_DSC09625_1

0412_DSC09607_1
(住所:東京都中央区日本橋人形町2丁目7−13近辺)

      0405_DSC09660_1
人形町の大通りから入った路地。オレンジ壁の建物がある路地。お店の看板、テント、電柱と色んな要素が混じる、色があるいい路地。

      0405_DSC09655_1
(住所:東京都中央区日本橋人形町2丁目6-2近辺)

   DSC09540_1
首都高速9号深川線と都道475号の隅田川大橋、東詰のスロープも面白いが、西詰スロープが珍しいタイプ。歩道スロープがヘヤピン型・S字型の変形でさらに分岐して道路反対側にも。色んな方向に流れ、見え方も変わる。頭上の道路と高速とのジャンクションみたいだ。

DSC09523_1

DSC09516_1

   DSC09532_1

     DSC09557_1
(住所:東京都中央区日本橋箱崎町19−35近辺)

      0323_DSC09596_1
人形町2丁目の真ん中排水溝がある路地裏。隙間のような通りに2階への外部階段、その先には室外機。バックヤード的機能が混在したような都市の隙間。
      0323_DSC09583_1

0323_DSC09604_1
(住所:東京都中央区日本橋人形町2丁目8−7近辺)

DSC09495_1
地下鉄の出入口を少し行くといきなり世界が変わる箱崎ジャンクション。東京のジャンクションの聖地、すでに三脚立てて撮っている三人の先客。こちらはその隙間から、東京の狭いところにうまく押し込めたジャンクションが広がる世界を。

   DSC09511_1
(住所:東京都中央区日本橋箱崎町22−1近辺)


DSC09430_1
高速道路にも面する看板建築。横の駐車場スペースから見える長屋のような構成、多様な屋根の姿。敷地真ん中の折れ屋根、手前の看板部分と切妻屋根との構成。奥は町屋のような別棟屋根のようだ。

DSC09445_1

DSC09471_1

DSC09429_1
(住所:東京都中央区日本橋蛎殻町近辺)

0303_DSC09483_1
箱崎JCTの正面というか、一番有名なカット方向ではない、横から覗く。2段駐車場の2階レベルからで、高速ガードが近い。ジャンクション分流側は構成がよくわかり背が高い。合流側はガードが近くなる迫力がある。ここには違った面白さがある。

0303_DSC09462_1
(住所:東京都中央区日本橋箱崎町22-11近辺)

      0217_DSC09648_1
人形町にのこる酒屋、脇の路地におかれたビールケースが豊かな路地と変わる。20時前でお店が閉まる、街が閉じ始めた時間帯。

0217_DSC09649_1

      0217_DSC09651_1

     0217_DSC09645_01
(住所:東京都中央区日本橋人形町2丁目7−11近辺)

0209_DSC09641_1
人形町、旧吉原のなごり大門通りの交差点。両側の建物の表情が良かった。看板長屋建築に、様式が混じる和風カド建築。真ん中で見るより、斜めから両方をなめる感じがいい。

0209_DSC09611_1

0209_DSC09582_1
(住所:東京都中央区日本橋人形町2丁目8−5近辺)
※人形町の旧吉原は明暦3年(1657年)の大火、振袖火事でほとんどが焼失。営業は40年くらいで浅草に移転。

1223_DSC07112_1
もとは川口出口之橋という名だった神田川の柳橋。ほとりに柳があったので名前が変わった。柳のしなやかさとは言えない、荒々しいリベット接合鉄骨の橋。アーチ曲面と端部のアールがいい。綺麗な物陰も映って、少し離れて下から見る姿がいい。隅田川対面もからも。

1223_DSC07093_1

1223_DSC07086_1

1223_DSC07229_01
(住所:東京都中央区東日本橋2丁目27−24近辺)

1219_DSC07078_1
花街だった柳橋、船宿も老舗が多い。河や護岸越しの小松屋、井筒屋、あみ春のバラック立ち姿が、船宿越しの神田川柳橋の姿がいい。営業を終えた静かさな街灯りのなか。

1219_DSC07077_1

1219_DSC07084_1

1219_DSC07091_1
(住所:東京都台東区柳橋1丁目2−3近辺)

  DSC05331_1
再開発が多く、周囲も駐車場や空地が多い中央区湊。空地からみる長屋建物の入隅風景。増築の色んな要素がグッと詰まったような造形群。

      DSC05333_1
(住所:東京都中央区湊1丁目11近辺)

DSC05322_1
建て替えで歯抜けのところも多い湊地区。駐車場になりヨコガオのダンメンが見える。ダンメン痕跡で入れ子状の屋根。いったい幾つの年代の痕跡か。または船底天井の痕跡か。色違いの線も見える。(住所:東京都中央区湊1丁目11−9近辺)

DSC07356_1
隅田川から分かれる晴海運河の相生橋にある浮島、中の島。現在は一部埋め立てで地続きではある。橋の上から、対岸から、遠くからながめるとわかる。相生橋途中から階段で降りて、片側は橋の下を潜ぐれ回れる。

DSC07350_1

DSC07327_1

DSC07359_1
(住所:東京都中央区佃2丁目2−1近辺)

DSC07323_1

DSC07335_1
隅田川から分かれる晴海運河の相生橋にある浮島、中の島公園。相生橋の途中から階段で下がって島に。島のカタチの向こうに運河、街が広がる。満潮になると運河の水が入り込む感潮池がある。

DSC07321_1

DSC07348_1
(住所:東京都江東区越中島1丁目3-23近辺)

1208_DSC07401_1
亀島川の水門と排水機場を南高橋から。先に流れる隅田川と佃島の高層ビル群との対比。手前は工事中か浚渫船の発着場か。水門という境界、向こうはオモテの世界、こちらはウラの世界。(住所:東京都中央区新川2丁目31−22近辺)

↑このページのトップヘ