夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:中央

      1010_DSC03674_1

      1010_DSC03673_1
台地先端に位置する菅原神社、神社脇や参道抜け道の階段も面白い。一つは通行禁止だった。一つはあまりも暗すぎで見えない。いづれまた、夕方にチャレンジかな。

      1010_DSC03680_1

1010_DSC03682_01

      1010_DSC03685_1
(住所:東京都大田区中央6丁目3近辺)

   1001_DSC03653_1
黒鶴稲荷神社脇、汐見坂谷間への階段。2つの階段が合体したかのように上の方だけ僅かくの字に曲がる。下の方は一直線になる。僅かだけど囲むような方向空間がいい。

1001_DSC03650_1

   1001_DSC03651_1

      1001_DSC03656_1

      1001_DSC03649_1
(住所:東京都大田区中央5丁目4−2近辺)

      0923_DSC03659_1
汐見坂脇にある中央五丁目公園、斜面にある公園。滑り台横の階段に左右からの影で面白い。汐見坂越しの台地も見えて景観風景もいい公園。

0923_DSC03662_1
(住所:東京都大田区中央5丁目14−1近辺)

0921_DSC03666_1
近くの稲荷社の境内で珍しい黒い鶴が捕らえられ、将軍家に献上、その吉兆を象徴した名が由来との蓬莱坂。一直線に豪快に台地を下る古い坂道。横からみる谷頭にあたる地形の斜面住宅街もいい。

0921_DSC03665_1

0921_DSC03669_1

0921_蓬莱坂_1
(住所:東京都大田区中央5丁目28−16近辺)

DSC03670_1
中央5丁目のスリバチ地形を望む坂道。両側に部分的に階段が残る、どこか不思議な一直線の坂道。手摺の線も一直線に下る視線を強調していて、美しい。(住所:東京都大田区中央5丁目26−4近辺)

DSC03676_1
荏原台の先端で斜面がみえる太田神社境内。右側はずっと低地が広がる。参道階段は緑が多くみえずらい、隙間から見える広大な景色。

DSC03678_1

      DSC03677_1

      DSC03686_1

太田神社_01
(住所:東京都大田区中央6丁目3−24近辺)

DSC06829_1
小松川境川親水公園、江戸川区の数ある親水公園の中でも長いだけじゃなく、水路護岸の美しさは散歩だけでも楽しい。なかでも遊具、オブジェが凄い。水路にはいる滑り台、木製の船、岩の塊のような噴水と。これだけのものはあまりない。それぞれ昔の状態を残している橋もなかなか面白い。

DSC06808_1

 
  DSC06816_1

1230_DSC06763_1

1230_DSC06859_1
(住所:東京都江戸川区中央4丁目11−4 近辺)

DSC06819_1
小松川境川親水公園、江戸川区の数ある親水公園の中でも長いだけじゃなく、水路護岸の美しさは散歩だけでも楽しい。

DSC06753_1

      DSC06824_1

1230_DSC06745_1

      1230_DSC06836_1
(住所:東京都江戸川区松島1丁目37−1近辺)

0712_DSC02506_01
桃園川暗渠緑道の脇にある古い民家。四軒長屋なのか大きな民家なのかわからいが建物が立ち姿がいい。手前には各玄関だったような感じ。塀のトタン板の塗装が剥げで緑と青色でとても美しい。塀はところどころ改修している感じだ。

0712_DSC02496_1

0712_DSC02497_1
(住所:東京都中野区中央2丁目27−10)

0616_DSC03623_1
さすがに三つ並ぶと、何かの別の記号にみえてくる。交差点の面白さサインとしての記号。少しアートぽくもある。(住所: 東京都大田区中央5丁目3−10近辺)

0615_DSC03621_1
佐伯山緑地に面する坂、その先の谷と遠方も美しい。そして坂途中の古民家玄関の姿、向かい方が坂と対等していて、いい景観になっている。(住所:東京都大田区中央5丁目17−12近辺)

   0507_DSC01243_01
狭山丘陵の南側斜面には、多くの神社仏閣がある。この原山神明は斜面に階段を上がって建ち、民家みたいな立ち姿だ。下の広場には遊具や原山公会堂が面していて、このあたりの村広場みたいな感じだ。

      0507_DSC01250_1
(住所:東京都武蔵村山市中央3丁目70−1近辺)

0424_DSC01237_1
狭山丘陵と青梅街道に挟まれたところにある、原山の地蔵尊。その前の道の曲り具合が古さを感じる。地蔵尊と道路の関係は興味深い。

0424_DSC01240_1
(住所:東京都武蔵村山市中央3丁目56−1近辺)

0831_DSC01423_1
蕨駅近くのぶぎん通り商店街。高度成長期にありがちな、とっても華美で饒舌な看板ゲート。対比的に通りの街灯がオレンジ色でいい雰囲気なので、ギラギラが目立つ。(住所:埼玉県蕨市中央1丁目33−1近辺)

0713_DSC01325_1
蕨市の旧中山道から、蕨中央商店街―蕨中央一番街―蕨ピアロードと3つ名前の商店街が蕨駅前まで一直線で繋がっている。駅から通り旧中山道のほうにオモシロイ建物が多いが、通りの雰囲気も違う。なかでもこの「風月菓子舗御殿」の建物、不思議なプロポーションの城になっている。

0713_DSC01303_1

0713_DSC01317_1

0713_DSC01322_1

   0713_DSC01330_1
(住所:埼玉県蕨市中央4丁目11−18近辺)

0518_DSC01419_01
良く見るとカッコいい、蕨駅。モダン建築の要素がばりばりだ。右側のエレベータ増設がじゃまだが、均質ラーメン構造の柱から、3階部分の横デザインが突き出た形、各ユニットのデザイン、透かし格子のデザインがいい。(住所:埼玉県蕨市中央1丁目23-1)

0517_DSC01396_01
蕨駅近くの蕨名店街共同ビル、その横顔・側面が凄い。通路が3階レベルしかなないので、各住居・店舗内に階段がある。それで側面がこうなっている。なぜこうしたのか、内部の繋がりもイマイチわからないがとてもカッコいい。(住所:埼玉県蕨市中央1丁目3−4近辺)

   0516_DSC01411_1
蕨駅近くにある蕨名店街。その共同ビルの横側も大変面白くなっているが、まずは蕨名店街。ビルの間の3階レベルが通路屋根になっていて、その下に1.5層吹抜けの商店街。天井の金属パネルと蛍光灯ラインが美しい。

  0516_DSC01372_1

0516_DSC01345_1

   0516_DSC01414_1

  0516_DSC01355_1

      0516_DSC01399_1
(住所:埼玉県蕨市中央1丁目3−4近辺)

  1108_DSC08580_02
桃園川暗渠緑道の脇で見つけた民家。玄関と両脇の建物が立ち姿がいい。よく見ると後ろに寄棟屋根の建物が四軒あり、長屋のようにくっついている不思議な古民家だ。手前は玄関以外は増築ぽい。今ではかなり珍しい長屋だ。塀のトタン板の塗装が剥げかかっていて緑と青の何といえない美しさだ。(住所:東京都中野区中央2丁目27−10)

0123_01

中野坂上駅から神田川の西側段差をみていた。
この辺はあまり高低差がないと思っていたらトンでもない、
凄い絶壁・擁壁がある。


0123_02

しかもその上に建物も建っている。
さらにその前にある幅広のくの字階段がいい。


0123_03

そして曲がった階段のさきの道も少し勾配がありいい。


0123_04

下の階段は扇状に階段面が膨らんでいる。
擁壁とのセットでいい風景を作り出す。
(住所:東京都中野区中央1丁目17−3近辺)

↑このページのトップヘ