夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:下末吉台地

0105_DSC05996_1
菊名4丁目、緩やかに見えるが23m前後ある高低差のほぼ完ぺきなスリバチ地形。下末吉台地には幾つも谷間があり、囲み方や見え方も違う。緩やかな斜面にみえるが建物がぎっしり詰まったスリバチ地形。遠くに見える超高層は、幾つかの台地を越えた新横浜駅近くの新横浜プリンスホテル。

   0105_菊名地形_01
(住所:神奈川県横浜市港北区菊名4丁目13-30近辺)

DSC06032_1
がけ擁壁で囲まれた小さな谷間地形。その向こうにも下末吉台地の幾つもの囲まれた谷間地形がある。目の前のスリバチ世界観、その向こうに広がる地形群がいい。

馬場3丁目_01
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場3丁目23−19近辺)

1204_DSC06060_01
階段の高低差で約25m、ビルだと8階建てくらい高低差。階段からみる低地は絶景の景色だった。下末吉台地の複雑な斜面や高低差が感じられる。一番遠くに見える2本の白い塔は、京浜工業地帯のJERA横浜火力発電所。

      1204_DSC06061_1

1204_DSC06057_1

      1204_DSC06066_1

1204_DSC06064_1

1204_馬場4丁目階段の地形_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場4丁目10−16近辺)

  1130_DSC06039_1
下末吉の「入江川上流部の谷」。周辺ではやはりここの景色がいい。階段越しにみえる谷間と下末吉台地の地形が感じられる。程よく囲まれた谷間、斜面の住宅街。台地上に鶴見配水池配水塔(ねぎ坊主)がみえる。

      1130_DSC06050_1

1130_DSC06046_1

1130_DSC06044_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場4丁目17−11近辺)

1130_DSC06052_1
少しはなれたところ。馬場町公園のところから見る谷間。台地上に鶴見配水池配水塔(ねぎ坊主)がみえるところもいい風景。

1130_DSC06055_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場4丁目15−10近辺)

   1124_DSC06014_01
鶴見区馬場の下末吉台地、馬場花木園の谷間を取り囲む地形。通りぬけられるクランク階段は、踊り場で住宅専用階段にも分岐したりと繋がりも面白い。下末吉台地の地形越しの遠方に、横浜みなとみらいのビル群が見えて、景観も素晴らしい。

     1124_DSC06019_1

      1124_DSC06021_1

      1124_DSC06023_1

      1124_DSC06024_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場2丁目32−2近辺)

      1121_DSC06010_1
鶴見区馬場の下末吉台地、入江川の谷間降りる階段。風景も階段も素晴らしい。長く蛇行する階段、その先にはスロープがあるほどの高低差、個人宅に繋がる階段もいい。

      1121_DSC06002_1

1121_DSC06009_1

      1121_DSC06008_1

      1121_DSC06000_1

DSC06012_1
もう少し上からみる谷間風景、対岸の町並みの灯りがいい。その先にも谷間があり、もっと先のビルの頭が見える。(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場2丁目23−35近辺)

0830_DSC06722_1
横浜の大岡川と中村川に挟まれた海岸低地を下末吉台地の唐沢公園から覗く。高速道路の下が中村川で、その先が中高層ビル群が乱立、さらに向うにみなとみらいの高層ビルエリアが見える。手前の台地側の高低差が40~50mあり、みごとな斜面住宅地。緑と台地の影に囲まれた一つの世界が輝いていた。

0830_DSC06725_1
公園の草越しのビル群。近景と遠景で中景がない、借景の構図。(住所:神奈川県横浜市南区唐沢41近辺)

↑このページのトップヘ