夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:上荻

   1006_DSC05423_1
荻窪駅北口近くにあるアサヒ通り。名前があるが空き地もある脇道。ところが最近、看板ネオンが増えて、路地裏度合いがいい感じ増していた。その先の賑やかな街との対比も美しい。(住所:東京都杉並区上荻1丁目5−3近辺)

1021_DSC07656_01
裏の顔にすべてあり、といった感じが凄い、荻窪北口駅前通商店街アーケードの裏側。ここを一番はじめに撮ったのは2年半前、夜の街いがいといけるぞ思い始めたころ。リベンジカットだが、随分と撮り方は変わったが、建物群はほとんどそのまま。表の顔をみると皆びっくりするくらい。しかも駅前の商店街一本入ったところ、そこも荻窪の凄いところかも。

     1021_DSC07760_1
(住所:東京都杉並区上荻1丁目6−14近辺)

      0107_101_0073
こんなところに、いやこんなところだからかな。駅前には不思議な場所が結構のこっている。北口駅前通り商店会の先にあるのが荻窪銀座商店街、このエリアもなんだか面白い。

      0107_0072_2
商店街地図には2つの井戸が書いてあったが、実際歩くとと3つあった。こんな駅前の商店街に井戸なんてのこっているのかという感想だ。逆に駅前って開発が遅れたり、ライフラインも治せず下水道が通っていないという話もきくこともある。しかし、井戸越しに見える飲屋の写真、東京にはどうやってもみえないな。(住所:東京都杉並区上荻1丁目4エリア)

0107_0039_2
JR荻窪駅の北口すぐの東側の街区は面白い。幾つかの通り名があり、それぞれの通り名がある。その一番駅寄りに荻窪北口駅前通商店街というアーケードがあり、その次の通り「アサヒ通り」からの「裏の顔」が凄い。アサヒ通りは一番さびれていて、歯抜けで空き地になっている所が多い。そこからアーケード通りの裏の姿がみえる。しかしみんな木造の3階建て増築という感じだし、これは計画ではできない凄さがある。(住所:東京都杉並区上荻1丁目6エリア)

↑このページのトップヘ