夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:レインボーブリッチ

0902_DSC04409_01
もう少し北に行くと有明北緑道公園で、三脚立てて写真を撮っている人が多いポイント。こっちの誰もいない、レインボーブリッチがあまり見えないガードが美しい。カーブと微妙な曲面構造美、海越しのビル街をバックに美しい。

0902_DSC04406_01

0902_DSC04411_01
(住所:東京都江東区有明1丁目6−18近辺)

DSC07949_1
豊洲の春海橋公園、晴海島と豊洲島の間の海。晴海橋と豊洲橋が重なりさらにもっと向こうにレインボーブリッチが重なる。公園の斜面と広がる海が美しいが、その向こうの橋の重なり具合がどうにも混線ぶりが何とも言えない。

   DSC07950_1
(住所:東京都江東区豊洲2丁目3近辺)

0121_DSC06540_1
晴海埠頭の先端にたつ晴海客船ターミナル。周囲は工事中で歩いて行くにはなかなか到達できない感じ。白い格子のガラススキンのこの建物、もっと綺麗に見えるところがあるのでは、と思いつつ。一番良かったの工事中のクレーン越しの風景、レインボーブリッチとの共演風景だった。

0121_DSC06529_1

      0121_DSC06506_1
(住所:東京都中央区晴海5丁目7−1近辺)

1230_DSC06508_1
晴海埠頭、晴海客船ターミナルの池越しの風景。夜景スポットで有名?なのだが・・・・。周囲は開発途中、車かバスで行く場所もあって、隠れた夜景スポットという感じか。池にうつるレインボーブリッチと街並み、2重世界になっている。

1230_DSC06517_1
曲面の池にあるオブジェ。バックの世界と相まって不思議な立ち姿をしている。いい方向からだとレインボーブリッチがかぶる、あまり意識した位置ではない感じだ。

1230_DSC06504_1
もっと右側だとレインボーブリッチをかぶらないが、池のひきがない。写真を繋げてみていい感じになる。(住所:東京都中央区晴海5丁目7−1近辺)

0802_DSC06946_1
竹芝埠頭は旅客船ターミナルがあることもあるが、すべて2階レベルのデッキから景色が眺められる。反面、水辺に近づけない。南側の突端からみえるレインボーブリッチがベンチの照明との対比で綺麗にみえる。船からのレインボーブリッチ写真をよく見るが、こう見てもやはり周囲に比べて高さが高いのがよくわかる。(住所:東京都港区海岸1丁目16−3近辺)

↑このページのトップヘ