夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:ラブホテル街

      1105_DSC08357_1
鶯谷駅の北側、ラブホテルが隣接するエリア。駅線路に面するエリアにこれだけラブホテルがあるのも珍しいエリア。脇道だが照明が赤くいい感じのエリアがある。左の万上旅館はリニューアルの部屋の写真が塀に飾ってあってオモシロイ。(住所:東京都台東区根岸1丁目8-16近辺)

1110_DSC04679_1
右に行く道は道玄坂小路、台湾料理麗郷の左側から坂道が始まり、街の雰囲気も変わる。この道も興味深いY字路だ。真ん中の麗郷のこちらを眺めているような立ち姿もいい。。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目25−18)

      0925_DSC04748_1
渋谷道玄坂は内側に入ると地形的にも段差があり、細道もある。その細道から道頓堀劇場、斜め前の交差点をみる。静かなビルの隙間が美しく光り、そこから盛り場の雑踏が美しくみえる 。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目17−6近辺)

0917_DSC04721_1
ちょっと見ないうちに変わる街、渋谷円山町。ホテルがなくなり駐車場になって、廃墟民家の側面があらわに。廃墟はあまりだったが、これはとても美しい、ガラスのあるなしすら模様に見えてくるくらい。さらにさすが円山町、上から黄色い明り、下からは赤い明りのサポートがあり、かつての花街の雰囲気に。(住所:東京都渋谷区円山町2−13)

   1110_DSC00097_1
鶯谷のラブホテル街に囲まれ、異様な雰囲気を漂わせる元三島神社。手前の狛犬、灯籠、樹木、階段となかなか豊かな構成となる。樹木に囲まれているためそう見えるが、本堂は建物の上に建つダイプ、右から回ると1階は別の店だったりする。

   1008_DSC08359_1
社が建つテラスの下、南側はこんな感じ。


   1008_DSC08364_1
さらに南西側、線路側は飲食店街になっている。(住所:東京都台東区根岸1丁目7−11 近辺)

   0216_DSC08380_11
鶯谷駅近辺のホテル街の一角に、飲食店街エリアがある。面白い路地で、そこにある建物の壁の朱色がなんとみいえない表情だ。おそらくは隣の建物が無くなってみえた壁。とても豊かな表情をしている。(住所:東京都台東区根岸1丁目3-21近辺)

↑このページのトップヘ