夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:ブリッチ

0903_DSC04308_1
大谷口上町という面白い谷間地形、そこにある日本大学医学部の道路を渡るブリッチ。その下には立体Y字路の地形が見える。スケールもデカく、むしろ大味になりがちなのをブリッチが調和している。

0903_DSC04310_1
(住所:東京都板橋区大谷口上町55近辺)

DSC02997_1
多摩川台公園、スリバチ状の植物園とテラス庭園の間のブリッチ。光の関係で影が複数、先の真ん中大木の影ともあいまって面白い。少しトリックアート的でもある。テラス庭園、大木、ブリッチ、植物園の向こうに古墳がみえるところ。

DSC02995_1

DSC03002_1
(住所:東京都大田区田園調布1丁目63-1)

     0622_DSC07977_01
斜面地あいだ路地は面白い。ここは福泉寺への行き止まり道の途中で斜面地のあいだ路地。低い方の建物が擁壁との間のが建物で埋まっている。階段も不思議な感じ、特に奥の建物へのブリッチがあったりと、斜面地と複数建物の関係が面白い。

0622_DSC07973_1

0622_DSC07990_1

      0622_DSC07980_1
(住所:東京都渋谷区代々木5丁目3−3近辺)

0617_DSC01904_1
斜面地のあいだ路地は、面白い。ここ八幡谷窪地の斜面途中のあいだ路地。左は住宅に上がる階段、右は渡る斜めブリッチ。斜面地の左右の対比、それぞれの階段、ブリッチが美しい。

0617_DSC01902_1
(住所:東京都北区赤羽台3丁目22-11近辺)

      0503_DSC01386_01
東京ガスエネルギー 東部支社のガスタンク、隅田川土手から。夕焼け背景で影になり気がついた、ガスタンク並び、間のブリッチ&螺旋階段の存在、美しい。

0503_DSC01384_1
(住所:東京都荒川区南千住3丁目28−58近辺)

1007_DSC08202_1
足立区江北にある吉野石膏東京工場。道路を跨いでブリッチと輸送路がある。私道なのか公道なのかわからないけど、わりと自然に調和しているところが興味深い。途中に螺旋階段と階段があって輸送路左右にいけるようになっている。

   1007_DSC08200_1

1007_DSC08193_1

1007_DSC08206_1
(住所:東京都足立区江北1丁目3−13近辺)

0823_DSC06826_1
つつじヶ丘駅の北東方向の中仙川遊歩道、入間川暗渠の支流。ここにオモシロイ風景がある。段差がある川の地形、昔からの土地の経緯か、私道ブリッチが2つ通って立体交差している。段差のある風景、交通が立体交差していて面白い。

     0823_DSC06828_1

     0823_DSC06829_1

0823_DSC06833_1

0823_DSC06834_1
(住所:東京都三鷹市中原1丁目13−19近辺)

DSC04258_1
池や水路の上だけじゃなく、湿地直物スペースの上もブリッチが通る柳原千草園。昼間見るとそうでもないかもしれないが、夜見るブリッチは緑色手摺が緑と同化していることもあるが、美しい通路にみえる。なんとなく涼しそうだ。

   DSC04261_1
(住所:東京都足立区柳原1丁目21−26)

      1030_DSC09744_1
十条商店街の裏にある斜めのブリッチ、そのほぼ真ん中に階段がつく。接合部はみえないが、手摺のカタチから気になる接合部だ。いがいとない感じのシンプルな細さ。(住所: 東京都北区十条仲原1丁目27−8 近辺)

      0907_DSC03421_1
いつの間にか高層ビルも建つ新宿南口。どんどんキレイになってゆく。昔の新宿には駅周辺にもどこか猥雑さが残っていた。夏の雨のせいか、街の電飾看板が路上の水たまりに反射して、どこか昔の新宿が顔をだす。(住所:東京都新宿区西新宿1丁目1−6近辺)

0428_DSC02769_1
渋谷駅の一番下、ビル谷間があり、そこにある銀座線の鉄道ブリッチ。左側ビルに入り込む鉄道をみているとまるで地下世界のようだ。ヒカリエに行くブリッチの真ん中の階段からこの風景がみれます。(住所:東京都渋谷区渋谷2丁目23近辺)

↑このページのトップヘ