夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:バルコニー

      1222_DSC00132_1
東京都内の西側ではほぼなくなってしまった向いあう長屋と路地。しかもそれが3路地残っている。真ん中の通りは抜けられ、けっこう人が通る。左右の通りは行き止まりだが1つは脇道から真ん中に繋がる。灯りが漏れる生活感が漏れる3路地。

      1222_DSC00146_1

      1222_DSC00141_1

      1222_DSC00172_1

      1222_DSC00158_1

      1222_DSC00148_1
(住所: 東京都品川区旗の台4丁目近辺)

     DSC06955_1
電車からも見える青いコア、夜は色は見えづらく、むしろ繋ぎ部分がカッコいい。共用部も昔の緩やかをもち、スロープのアールとの姿はいい。

   DSC06937_1

      DSC06938_1

DSC06957_1

     DSC06945_1
(住所:東京都北区赤羽北2丁目15-1近辺)

DSC02303_1
高速道路下の堅川河川敷公園、昔の川だったころの建物がある。川側に開いたバルコニー、階段で下る。1階は背が高く、工場か倉庫といったところか。

      DSC02305_01

DSC02308_1

DSC02302_1
(住所:東京都江東区亀戸6丁目48−6近辺)

0220_DSC09811_1

0220_DSC09820_1
東日暮里の住宅と店舗が混じる七五三通りに面する脇路地。入口角に八百屋があり、奥には路地上にバルコニーがあって、公と私が入り混じった感じがいい。抜けた先の建物シャッターが空くと町空間が重層化する。電柱がある路地から見る七五三通りもいい。

0220_DSC09818_1

      0220_DSC09833_1
(住所:東京都荒川区東日暮里6丁目23−5近辺)

      1116_DSC05272_1
変わりゆく月島。それでもんじゃストリート周辺にまだまだリアル路地と民家は残っている。少しずつ変わりながら電柱に植栽の細路地。

      1116_DSC05295_1

      1116_DSC05296_1

      1116_DSC05302_1
(住所:東京都中央区月島1、3近辺)

0923_DSC04236_1
善福寺川脇に建つ不思議な建物、アパートか。2階のサービスバルコニーに、非常階段へのバルコニー。柱だけじゃなくて配管の縦線がいろいろ重なる。川の流れにあう水平の窓もいい。そういった意味では縦線が多いのは川の横線と対比して目立つ。

      0923_DSC04235_1

0923_DSC04237_1
(住所:東京都杉並区善福寺2丁目32近辺)

      0917_DSC02301_1
荒川4丁目の蛇行路地。2階がはね出し、バルコニー、外階段、植栽ボックスがでていたりと、いろいろな要素で路地空間が形成されている。その先のTの字に面するトタン長屋がアイストップになる。

0917_DSC02302_1
(住所:東京都荒川区荒川4丁目近辺)

      0214_DSC08317_1
江東橋5丁目にある丸正マンション。夜見ると際立つ階段バルコニーのデザイン。ここだけ黒い凹みデザイン壁がはまっている。光の漏れでさらに際立つ。全体のバルコニーデザインもいい。

      0214_DSC08313_1

      0214_DSC08315_1
(住所:東京都墨田区江東橋5丁目9−8近辺)

0928_DSC04535_1
住宅街で見慣れない形態。地面からのびる斜めの線。階段からの線が、駐車場バルコニーの斜めの壁に繋がる。少し小さいバルコニーだけど面白い形態、建物大きな開口部も美しい。

0928_DSC04534_1
(住所:東京都杉並区松庵1丁目近辺)

   0629_DSC02230_1
鳥越おかず横丁の脇道、すごい路地がある。バルコニーやテントが両脇で向いあい、路地の外側を作っている。生活デザインが表にでているのに美しい路地。電線の込み合い具合や、視点奥の工事現場もどこか調和している。

      0629_DSC02222_1

      0629_DSC02236_1

      0629_DSC02220_1
(住所:東京都台東区鳥越1丁目近辺)

   1123_DSC08666_1
板橋区中台の谷間地形の斜面地。凄い擁壁に方杖付のバルコニー、その上のトタニズム増築部分。手前のトタニズム増築部分と建物の影でまるで箱舟のようにみえる。斜面地の下から照明の効果は絶大だ。

      1123_DSC08688_1

  1123_DSC08674_1

      1123_DSC08675_1
(住所:東京都板橋区中台1丁目近辺)

DSC08058_1
色んなタイプがある豊島五丁目団地。1、2、5、6号棟のデザインを改めてみる。HPC工法(鉄骨プレキャストコンクリート造)で作られたとある。バルコニーの腰壁パネルと縦桟が美しい。コアがある妻側のデザインもまるでビルのデザイン。塔屋のデザインもカッコいい、しっかりしたデザイン団地だ。

     DSC08064_1

DSC08066_1

DSC08053_1

DSC08090_1
(住所:東京都北区豊島5丁目5近辺)

0815_DSC06570_1
平井駅南側、少し行ったところに古い建物、商店街エリアがある。そこにあるY字路、右側の通りが少し曲がって流れていゆく。その曲りに沿って建物壁面も曲がってゆく。正面建物の角のバルコニーに勝手口扉も正面性的要素。(住所:東京都江戸川区平井3丁目27−13近辺)

   0618_DSC02262_1
成増の百々向川暗渠脇で見つけた階段。もともと木製のバルコニーにあとから鉄骨階段を増設した感じ。さらに柱の方杖(斜め材)で、屋根とバルコニー部をささえている。(住所:東京都板橋区成増3丁目20−4近辺)

   1203_DSC02175_1
神田に残る創業明治38年で100余年続く老舗「みますや」。その店構え、2階は銅葺きの外壁にバルコニー、1階は連続欄間に出入口の左右も窓、腰壁の左官か石張りもいい感じだ。古い飲み屋の店構えの良さをいいバランスでたもっている。周囲はビルに囲まれているがここだけ雰囲気が違う。(住所: 東京都千代田区神田司町2丁目 みますや 近辺)

  1115_DSC09999_1
稲付川跡の稲付谷は上から見れるところが幾つかある。その中でもここからの風景は一番だ。駐車場から覗く、窪んだ地形がわかる。クランク階段に手摺が綺麗なバルコニー空間が美しい。(住所:東京都北区西が丘2丁目25−3近辺)

      0729_DSC08974_1
江東区の水路、大横川沿いを歩くと、不思議なビルにであう。7階くらいのビルで6,7階だけバルコニーが川に向かっている。目隠しビニールで覆っているが、都市スケールに実にあう。せっかく夜は綺麗な川なのに、川に向かって開いている建物はいがいとすくない。(住所:東京都江東区永代2丁目19−11 近辺)

      0610_DSC08263_1
岩本町にあったビル、綺麗にセットバックしているが、上のほうで不思議な増築?、飛び出た感じオモシロイ。斜めからみるとカッコいい。(住所:東京都千代田区岩本町近辺)

   0406_DSC07084_1
ひばりが丘周辺を歩いた時に、ふと目を奪われたイロ。グランジオ武蔵野というマンションのバルコニー越しの漏れる光。2種類だった照明の色が数種類にはなったが、これほど豊かな色の違いがみてとれる。おそらくはカーテンの素地の色がすけてこうなっているのだろう。生活のイロということでもある。(住所:東京都西東京市谷戸町2丁目1−24)

     1212_DSC00269_1
中野飲み屋街のふれあいロードと狸小路の交差点にある建物。3階コーナーをバルコニーが回っていて、なかなか面白い。コーナーのデザインって結構重要だな。(住所:東京都中野区中野5丁目56−16近辺)

↑このページのトップヘ